スピリチュアルな習慣をSNSで応援しよう!
スポンサーリンク

御塩殿神社は塩のパワースポット!手間をかける塩はミネラルたっぷり!

三重県

御塩殿神社みしおどのじんじゃとは
どんなパワースポットなんでしょう?

 

詳細を解説しますね

 

御塩殿神社とは?

 

二見の地に鎮座する御塩殿神社
普通の神社とは違い、
伊勢神宮神事に使われる
作っている神社
です。

 

ですから
社殿の他にも境内には
塩を作る施設があり、
伊勢ならではの神社であると言えるでしょうね(^▽^)o

 

海水から塩を作るため、
海の近くに境内もあり晴れの日には
ロケーションも最高の神社
です。(=^^=)

 

伊勢神宮で行われる神事に用いられる塩は
古来と変わらない方法で
作られ奉納されています。

 

ちなみに、古来の方法は
海水を乾燥させて作る塩なので
ミネラルがたっぷり含まれています。

 

現代の塩の作り方は、
化学反応で塩化ナトリウムだけを抜き出す食塩で
ミネラルはなし。

 

当然、体にいいのは
ミネラルがたっぷりの方ですよね。

 

 

古来の日本風景を
感じられる神社と言ってもいいでしょう。

 

御塩殿神社のパワースポット

 

御祭神として御塩殿鎮守神みしおどののまもりのかみ
祀られています。

 


塩の神様として
伊勢神宮の神饌しんせんの塩が
しっかり供給できるように
見守ってくださっています。

 

伊勢神宮と関係の深い神社ですが、
観光ガイドなどには掲載されておらず、
観光客もそこまで多くありません。

 

境内に一歩踏み入れれば
緑の濃い空間に包まれます。

 

参拝する人も少ないので、
伊勢の自然をしっかりと
感じられる場所でもあり、
近くに海があることから緑だけではなく
水の気も感じられる場所です。

 

塩と人は古来より切っても切れない関係です。

 

神饌お清めなどの神事に用いられたり、
敵に塩を送る武田信玄上杉謙信
古事からできた言葉があるように、
塩が無くては人間生きていけません。

 

塩と神様、塩と人、
私たちの身近なものに神様が宿るという事を
改めて学べる神社
なんですね!(^^)!

 

古来からの伝統と日本の原風景から、
現代がどれだけ便利か、
何を失ったのかを知ることができます。

 

現代人は時間に追われて
手間を省くことを優先しがちですが、
手間をかけるからこそ
良いものが出来上がるという事を忘れてはなりません。

 

時間をかけるのではなく手間をかける

 

そうすれば「成るべきものは必ず成る」という事を
御塩殿神社で感じることが出来ます。

 

終わりに

 

技術の進歩は時に
大切なことを失ってしまいます。

 

日本人は暮らしの中に「意味」を
持たせてきました。

 

それが異文化との交流、
技術の進歩によって、
簡素化され古いものは忘れ去られ、
新しいものが取り入れられる、
そうして時代が変わっていきます。

 

そんな中でも
御塩殿神社では古来よりの仕来りを守り、
後世へと受け継がれていっています。

 

手間をかける意味」を考えましょう。

 

生活に便利なものを
取り入れることは良い事ですが、
手間をかけるべき部分もあるはずです。

 

私たちの人生は作業ではなく
起こりうるすべてのことに意味があり
繋がっています。

 

これが理解できると
あなたの人生はより深みのある人生になります。

 

御塩殿神社へのアクセス

 

御塩殿神社
〒519-0606 
三重県伊勢市二見町荘
TEL:0596-24-1111

 

JR参宮線二見浦駅より北へ徒歩5分
駐車場はありませんので徒歩、
タクシーでの参拝をおすすめします。

 

 

ぽちっ!としてもらえるとうれしいデス♪

 

きゅろ

このブログの管理人、きゅろです。
スピリチュアルなことが大好きで、
小学生のやんちゃな娘と
私にとってのメンターで
がんばり屋な主人と
暮らす主婦です(*^^*)

この記事を読んで「いいな♪」と思ったら、
SNSでの拡散ブックマークの登録等、よろしくお願いします。

スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
三重県
スポンサーリンク
スピリチュアルな習慣をTwitter・Facebookでシェアしよう
スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
パワースポット情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました