スポンサーリンク

氏子(うじこ)とは?

専門用語集

氏子うじことはなんでしょう?

 

ざっくり言えば、

その土地の守り神である
氏神うじがみを参拝す人々の事を氏子うじこ
いうのですが、
歴史的な流れを見ると、
いろいろな背景が見えてくるんですよ♪

 

詳細をご説明しますね♪(o^―^o)ニコ
 

氏子とは?

 

住んでいる地域の神様を氏神うじがみと呼び、
氏神をまつる神社のこと氏神神社といいます。

 

そしてその神社のある周辺地域に
住んでいる人々を氏子うじこと呼びます。

 

しかし時代をさかのぼると、

氏神とは、もともとは

つまり

血縁的につながりのある一族が
自らの祖神(親神)や、氏族に縁の深い神様のことを指し、

その一族だけを守る神様と考えられていました。

 

たとえば平氏の氏神は厳島明神であり、
源氏の氏神は八幡神とされていました。

 

そしてこのように氏神を信仰する、
血縁的なつながりのある集団を氏子と呼びました。

 

しかしやがて時代の移り変わりとともに、
氏神は地域の守り神へと変化しました。

同時に氏子の定義も変わり、
血縁のつながりに関係なく、

地域をまもる神様を信仰する人々
または
その地域に住む人々を指すようになりました。

 

氏神神社へのお参り

 

古来より人々は、
季節のお祭りお正月などの伝統行事や、
お宮詣り七五三厄除けなど

人生の節目には氏神神社に参拝してきました。

 

たとえばお宮参りとは、
赤ちゃんの誕生を祝い、健やかに成長できるよう、
その土地の氏神様に参拝する儀式です。

 

かつては生後初めて
氏神様にお参りして氏子となる意味をもち
氏子入りとも言われました。

 

これにはその赤ちゃんが村の一員として
認められるという意味もありました。

 

産土神とは?

一定の地域をまもる神として、
ほかに産土神(うぶすながみ)があります。

 

産土神とは、
現代ではその人が生まれた土地を護る神のことで、
その地に生まれた人を産子(うぶこ)といいます。

 

産土とは、本来は土地を産む、
あるいは地より生まれたという意味であり、
土地をまもる神様を指しました。

 

民族を通じて結びつく神社と
人の関係が氏神と氏子であり、
土地を通じて結びつくのが産土神です。

 

崇敬神社と崇敬者

しかし

時代の変遷とともに、
これら神様の判別がつきにくくなり、
現代では氏神も産土も鎮守様も混同して、

地域をまもる神様をあわせて氏神として
お祀りすることが多くなっています。

 

氏子の意味も広義にとられられ、

氏神の周辺の地域に住んでいる人々や
お祀りなどの儀礼に参加する人々全体を氏子と呼んでいます。

 

氏神に対し、地域の縁や血縁的なつながりが特になく、
個人の特別な信仰により崇敬される神社を崇敬神社といい、
そのような神社を崇敬する人々を崇敬者と呼びます。

 

神社によっては
由緒や地勢的な問題により氏子を持たない場合もあり、
そうした神社では、神社の維持や様々な活動を行うため、

崇敬者を集めた崇敬会といった組織が設けられています。

 

 

きゅろ

このブログの管理人、きゅろです。
スピリチュアルなことが大好きで、
小学生のやんちゃな娘と
私にとってのメンターで
がんばり屋な主人と
暮らす主婦です(*^^*)

この記事を読んで「いいな♪」と思ったら、
SNSでの拡散ブックマークの登録等、よろしくお願いします。

スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
専門用語集
スポンサーリンク
スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
スピリチュアル専門用語集

コメント

タイトルとURLをコピーしました