スポンサーリンク

出雲神話(いずもしんわ)とは?

専門用語集

出雲神話いずもしんわとはなんでしょう?

 

詳細を解説します。

 

出雲神話(いずもしんわ)とは?

 

古事記日本書紀
スサノオオオクニヌシ
出雲を舞台として活躍する部分を出雲神話と言います。

 

神話の内容は、以下の物が有名です。

 

  • スサノオのヤマタノオロチ討伐
  • 因幡の白兎
  • 大国主の結婚
  • 大国主の国づくり

 

古事記と出雲国風土記の違い

 

古事記では、
出雲神話上巻三分の一を割いています。

 

スサノオオオクニヌシは、
古事記のキーマンとして活躍します。

 

スサノオイザナギ三貴子の一人で、
皇祖神アマテラスの弟であり、
アマテラスを岩戸隠れさせたほどの
威力があったと描かれて
います。

 

大国主おおくにぬし葦原中国あしわらのなかつくに
支配した国津神くにつかみの王となっています。

 

大国主は、
国津神天津神あまつかみの交渉の結果、
国を譲ることで姿を消します。

 

ところが、出雲国風土記では
スサノオや大国主は、
古事記のような威力のある神様としては
描かれておらず、
国巡りをしたり、
木の葉と共に踊ったり、
土地を耕して国づくりをしたり、
籾を刈り取ったりするローカルな神霊にすぎないのです。

 

この違いをどう考えればよいのでしょうか。

 

出雲神話の謎

 

古事記と出雲国風土記の違いについて、
様々な解釈がなされています。

 

天津神を祀る大和朝廷
屈服した豪族達を国津神を
祀るグループとしたという説

 

光と闇善と悪
生と死など古代人の
二元論的世界観に基づき神々を分けた説

 

スサノオは高天原で
天津罪をおこない高天原を追放されますが、
これにより高天原から
穢れけがれが無くなったと解釈
できます。

 

さらに荒ぶる神であるスサノオは
日本から追放され
朝鮮に渡ったとされる神話もあります。
これにより日本から穢れが無くなったわけです。

 

その後、渡来人と共に
スサノオ信仰は日本に戻ってきますが・・・。

 

③出雲は大和から見ると
日が沈む方向にあり、
死霊が集まるとされた説

 

日本海側には出雲を中心とした
一大勢力があり、大和朝廷がこれを屈服させた説

 

これは①に似ているが、
①は大和朝廷に屈服した豪族が
出雲ではない点で④とは異なります。

 

➄ 出雲はシャーマンの中心地であり、
全国に出雲の宗教を布教していたという説

 

出雲神話と国譲り神話の解釈として
上記のいずれかの解釈が施されています。

 

しかし、
どの説も否定しきれず、
部分的には全て正しいのかもしれません。

 

スサノオは単一神?

スサノオの古事記と
出雲国風土記での行動が異なるのは、
異なった2神が結びつけられたという説もあります。

 

スサノオは、
もともと山口県の須佐の地方神と考えられていて、
平和的な神様でした。

 

古事記は、天皇の権力を誇示する必要があり、
このためには悪役が必要となります。

 

この悪役となる神様とスサノオが
結びつけられたと考える学者
も居ます。

 

古事記や日本書紀の解釈方法

他にも、古事記には卑弥呼などの
女性シャーマンである巫女が描かれていなかったり、
藤原氏氏神である
タケミカヅチが国譲りにおいて
大きな役割をはたしていたりして、
人々を朝廷に従わせるという
政治的意図が強すぎます。

 

鳥取県出身の漫画家である水木しげるは、
上記の④の説を採り上げ、
古事記で出身地の出雲が
あまりにも惨めに描かれているので、
水木しげるの古代出雲」を描き、
古事記の日本神話に一石を投じています。

 

古事記や日本書紀は、
神々に序列をつけ、
神道を体系化しているので、
古代史研究や神道の理解では重要な文献ですが、
その内容の解釈には十分な考察が必要
なのです。

 

きゅろ

このブログの管理人、きゅろです。
スピリチュアルなことが大好きで、
小学生のやんちゃな娘と
私にとってのメンターで
がんばり屋な主人と
暮らす主婦です(*^^*)

この記事を読んで「いいな♪」と思ったら、
SNSでの拡散ブックマークの登録等、よろしくお願いします。

スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
専門用語集
スポンサーリンク
スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
スピリチュアル専門用語集

コメント