スポンサーリンク

国生み神話(くにうみしんわ)とは?

国生み神話くにうみしんわとはなんでしょう?

 

この古事記上巻には
日本を代表する神話が記載されています。

 

今回は、日本がどのようにして
出来たのかが語られている、
いわゆる「国生み神話くにうみしんわ」を説明します。

 

国生み神話とは?

古事記は上中下3巻から成り、
構成は以下の通りです。

 

  • 上巻:神代(いわゆる日本神話)
  • 中巻:神武天皇から応神天皇まで(伝説の天皇の話)
  • 下巻:仁徳天皇から推古天皇まで(史実に忠実な歴史)

 

国生み神話は、古事記上巻かみつまきの前半に記載されています。

 

イザナギ、イザナミ2神は、
天の浮橋に立ち、
ほこを海に降ろして引き上げ、
矛から滴り落ちた海水の塩水
オノゴロ島を作りました。

 

オノゴロ島の上に
天御柱あまのみはしら
八尋殿やひろどのを建てました。

天御柱あめのみはしらのまわりを
イザナギがから、
イザナミがから回り、
出会った時、

あなにやし えおとこを
あなにやし えをみなを

と唱和し、男女の営みをしました。

 

イザナミが先に声をかけたので、
不完全なヒルコ(イザナギ・イザナミの最初の子供)、
淡島が生まれました。

 

どうして不完全な子供が
生まれるのかと占いで調べると、
女神が先に声をかけたのが悪いことがわかりました。

 

正しくやり直すと、
淡路島、四国、隠岐、九州、壱岐、
対馬、佐渡、本州に相当する
大倭豊秋津島おおやまととよあきつしま
大八洲おおやしまです。

 

イザナミは、これら以外にも多くの小島を産みました。

 

この神話をどう解釈すれば
よいのでしょうか。

 

神話学者の見解を見てみましょう。

 

天空神と地母神

天空神てんくうしんは、
一般的に宇宙の創造神として、
神話に見られる神様です。

 

古事記では、天之御中主あめのみなかぬしのかみが相当しますが、
この天空神は宇宙創造以外には、
なんの役割も果たさず、
至高の存在とされながらも、
祀られることが少なく、
天空神の中でも「暇な神」と言われます。

 

地母神ちぼしんは、
大地の神様で、
一般的に農耕多産の神として神話に登場します。

 

イザナギが天空神なのは、
イザナギのみそぎの話でわかります。

 

太陽神アマテラス
月の神ツクヨミ
風の神スサノオがイザナギから生まれています。

 

また、イザナミからは、
金属神、土神、水神など
土地に関連した神様を
生んでいるから地母神
なのです。

 

ポリネシア地域には、
天空神地母神が夫婦となり、
島々を生み出す神話がたくさんあります。

 

日本以外にも
夫婦が島を生むと言う神話は多く、
その大半が太平洋の島々、
特にポリネシア地域にあります

 

有名なハワイニュージーランドの神話を見てみましょう。

 

ハワイとニュージーランドの神話

 

ハワイには、
ワケア男性神)とパパ女性神)が結婚し、
ハワイ島、マウイ島、カホオラヴェ島
生むという神話があります。

 

その後、ワケアは2人の女性と浮気し、
それぞれの女性とモロカイ島
ラナイ島を生みます。

 

ところが、ワケアの浮気発覚!!!激怒したパパは、
仕返しに浮気しオアフ島を生みます。

 

何故か二人はよりを戻し、
カウアイ島ニイハウ島を生みます。

 

ドロドロのドラマみたいですね。

 

天地分離神話

ニュージーランド
マオリ族神話では、
世界は、最初は混沌と無の世界でしたが、
ポーといううめき声と共に世界が動き始め、
光や熱、水が発生し、
さらに天空神ランギ大地母神パパが現れました。

 

ランギとパパは、
夫婦となり、
多くの神々や天地万物を創造しました。

 

しかし、二人はあまりにも仲が良すぎたのです。
いつも、しっかりと抱き合っていたので、
が近すぎたのです。

 

天と地が近すぎて困る神話は沖縄など、
色々な地域
にあります。

 

大地と空の間で暮らす私達にとって、
空が低すぎると窮屈で困りますよね。

 

二人の子の神々も困っていました。
森の神タネは、天空を遥か上にして、
大地を足元に置くため、
二人を無理やり引き離しました。

 

タネは、頭を母に押し付け、
足で父を蹴り上げたのです。

 

母パパの溜息は霧となって天空に上がり、
父ランギの涙は雨になって大地に降り注いだそうです。

 

浮気も困るが、仲が良すぎるのも困る。

と言いたい・・・わけではなく、

この神話では空と大地が引き離されているのです。

 

このような神話は天地分離神話てんちぶんりしんわ/rt>と呼ばれ、
古事記の国生み神話にも空と大地の乖離かいり
が見られます。

 

え、どこに?」と思われた方は、
よーく考えてみてください。

 

オノゴロ島には、
天御柱が建てられていますよね。

 

実はこの柱を登ると天空に至り、
この柱を下ると大地に降りることが出来る
のです。

 

まとめ

夫婦が島を生む神話、
空と大地が離れる神話は
太平洋の島々に特有のものです。

 

神話学者は、これに注目し、
日本、ハワイ、ポリネシアの祖先は同一であり、
現在の東南アジアから太平洋の島々に移住していった
と考えています。

 

きゅろ

このブログの管理人、きゅろです。
スピリチュアルなことが大好きで、
小学生のやんちゃな娘と
私にとってのメンターで
がんばり屋な主人と
暮らす主婦です(*^^*)

この記事を読んで「いいな♪」と思ったら、
SNSでの拡散ブックマークの登録等、よろしくお願いします。

スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
専門用語集
スポンサーリンク
スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
スピリチュアル専門用語集

コメント