スポンサーリンク

神紋(しんもん)とは?

未分類

神紋(しんもん)とはなんでしょう?

 

詳細を解説します。

神紋(しんもん)とは?

家紋と同じく
神社でも紋章が用いられています。
これを神紋(しんもん)と称しています。

 

家紋と神紋の由来

家紋は、平安時代
公家社会紋章が用いられたものが起源になっいます。
最初は、好みの紋様を、
衣装や調度に装飾として用いていました。

 

しかし、徐々に先祖伝来紋様が用いられ、
一族の家紋になっていきました。

 

武士は、戦地で敵、
味方を瞬時に判別しなければならず、
などに一族の家紋を描きました。

 

一族の団結の象徴の家紋は、
目印として実用的に用いられ、
簡略化され、現在の家紋
となったのです。

 

神紋も家紋とほぼ同様で、
神社そのものの紋様のほか、
神様の紋様
神職を務める社家の紋様があります。

 

勧請された神社や
同じ系統の神社では、
同種の紋様が使用
されています。

 

有名な神紋

代表的な神紋は巴紋(ともえもん)です。
八幡神社などの紋様で、
武士が勧請し各地に広まったからで、
巴紋の由来は諸説ありますが、
最も有力なのが流水や稲光を表している
という説です。

 

菊の御紋を神紋にしている神社もあります。

 

皇室の御紋章で、
明治時代上旬は皇室と関係ある
伊勢神宮、宇佐八幡宮
上・下賀茂神社のような神社以外は、
使用できませんでした。

 

近代社格制度が定められると、
菊紋の使用が許可され、
これを使用する神社が増えました。

 

ちなみに、伊勢神宮に神紋はありませんでしたが、
明治時代に菊紋に成りました。

 

豊臣家の家紋の桐紋は、
もともと天皇家が使用していましたが、
秀吉はこれを授けられたのです。

 

秀吉は、皇室の権威を利用しようとし、
全国の神社に桐紋を授け
ました。

 

の御門は徳川家の家紋ですが、
もともとは上・下賀茂神社の神紋(二葉葵)
です。

 

徳川家康は、もともと岡崎の松平氏でした。

 

松平氏が治めていた三河国松松平村
上・下賀茂神社の社領である加茂郡だったため、
家康は家紋を葵紋(三つ葉葵)と決めた
のです。

 

大宰府天満宮の神紋は梅の紋ですが、

 

これは「東風(こち)吹かば匂ひおこせよ 梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ」という

 

道真和歌にちなんでいます。

 

神様の由来がわかる神紋

出雲系の神様は、
外枠が六角形亀甲紋になっています。
神紋を見るだけで
神様の由来がわかる
のです。

 

お稲荷さんは、稲穂の神紋だから、
もともとは農耕、田の神様です。

 

対馬の神社は、桐の神紋が多く、
これは対馬を統括支配していた
宗氏の家紋に由来する
からです。

 

同様に、鹿児島の神社は、
島津氏の紋が。

 

姫路・射楯兵主神社は、
赤松氏の家紋の「三つ巴と丸に二引き」が。

 

祇園八坂神社は、織田氏木瓜を用いています。

 

神紋の由来を調べてみるのも楽しいものですね。

きゅろ

このブログの管理人、きゅろです。
スピリチュアルなことが大好きで、
小学生のやんちゃな娘と
私にとってのメンターで
がんばり屋な主人と
暮らす主婦です(*^^*)

この記事を読んで「いいな♪」と思ったら、
SNSでの拡散ブックマークの登録等、よろしくお願いします。

スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
未分類
スポンサーリンク
スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
スピリチュアル専門用語集

コメント