スポンサーリンク

神馬(しんめ)とは?

専門用語集

神馬(しんめ)とはなんでしょう?

 

詳細を解説します。

神馬(しんめ)とは?

 

日本人と馬の関係

日本の馬の起源を調べると、
古墳時代にまでさかのぼります。

 

遺伝子解析の結果などから、
家畜として朝鮮半島から
九州に伝わった、モンゴル系の馬が
日本在来馬ということがわかっています。

 

古墳時代は遺跡からは、
馬骨馬歯馬具が出土しています。

 

古墳時代は、
主に小型の馬が飼育されていましたが、
奈良時代になると、
都市部で中型の馬が増加し
平城京などで使用されました。

 

古墳時代以降、
馬は交通手段として
欠かせないものになっていました。

 

神様と馬の関係

馬が欠かせない
家畜となっていた日本では、
神様もまた馬に乗って現れると
考えられて
いました。

 

神様なのだから、
瞬間移動したり、
空飛んだりした方が神様らしいのではないか・・・
と思うのは、現代人だけかもしれませんね。

 

神輿(みこし・しんよ)が作られる以前の時代では、
神様が移動する時、
馬以外にあり得ないとされました。

 

神輿(みこし・しんよ)とは?

神様が本社から他社に
渡られる際に、神霊・御神体 が乗るとされる輿の事。

 

常陸国風土記によると、
崇徳天皇の時代から、
祭祀馬の献上が始まったとされます。
奈良時代に書かれた続日本紀には、
神様の乗り物としての馬が奉納されたと記されています。

 

この神様が乗る馬の事を
神馬(しんめ)と呼んでいます。

 

馬の奉納

延喜式には、
雨が降って欲しい時には
黒毛の馬
を。

 

晴天になって欲しい時は、
白毛の馬
を献納すればよいと記されています。

 

また、中世の武士たちは、
戦での勝利祈願に神馬を奉納
しました。

 

歴史がある神社に、
馬が居る、居ないに関わらず、
神馬舎神厩舎などが建てられているのは、
馬が奉納された名残
なのです。

 

しかし、小さい神社では、
馬を奉納されても、馬小屋もなく、
また馬の餌や世話などが負担になり、
困るのです。

 

また、馬は高価であり、
奉納する側も大きな負担になりました。

 

現在でも大きな神社では
馬が飼育されていますが、
小さな神社ではお祭りで
必要な時だけ牧場から
レンタルしているのではないでしょうか。

 

絵馬や像の登場

奉納する側とされる側の
経済力がない場合、
馬を奉納しても有難い反面
とても迷惑なので、
代わりに馬の絵馬のレリーフ、
等身大の馬の像が奉納
されるようになりました。

 

つまり、神馬が絵馬の起源に
なっている
のです。

 

その昔は、
ひそかに絵馬で願掛けがされていました。
匿名で願い事を書き、
人の居ない時間帯を見計らって、
こっそり奉納されたそうです。

 

これが時代と共に変貌していき、
安土桃山時代には、
狩野派などなどの有名な絵師によって
絵が描かれました。
さらに江戸時代には、
馬以外の図柄が描かれた絵馬と
いうよりも駒形と言った方が
良いようなものまで出回りました。

 

貴船神社と絵馬

絵馬は、京都の貴船神社
発祥の地
とされます。

 

貴船神社は、
水の神様が祀られていますが、
水の神様が転じて雨乞いの神様になってしまいました。

 

先に述べた延喜式に書かれた通り、
所望の天候に応じて、
白黒の神馬が奉納されていました。

しかし、おそらく奉納された馬が
増えすぎたのでしょう。

 

生きた馬の代わりに、
馬の形をした板に色をつけ、
板立馬(いただてうま)」という物を奉納
したそうです。
これが、日本初の絵馬になっています。

 

乗り物が奉納されるのなら、
高級車が奉納される日も
遠くないかもしれませんね。

きゅろ

このブログの管理人、きゅろです。
スピリチュアルなことが大好きで、
小学生のやんちゃな娘と
私にとってのメンターで
がんばり屋な主人と
暮らす主婦です(*^^*)

この記事を読んで「いいな♪」と思ったら、
SNSでの拡散ブックマークの登録等、よろしくお願いします。

スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
専門用語集
スポンサーリンク
スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
スピリチュアル専門用語集

コメント