スポンサーリンク

葦原中国(あしはらのなかつくに)とは

専門用語集

葦原中国あしはらのなかつくにってなんでしょう?

 

あなたは、日本神話古事記など、
ご存知でしょうか?

 

読んでみると、
なかなかややこしくて
わかりにくいのですが、(^^;

おおざっぱにでも、理解しておくと、
日本がどのようにできたのか、
おおまかにでも、理解できるので

この機会にぜひ一度、
知ってみてくださいね♪

 

 

葦原中国とは?

 

 
神々が住む高天原たかまがはら
死後の国である
黄泉の国の間にあると
されている世界のことです。
 

 

つまり、
日本の国土

すなわち、
古称で言うところの日本という事ですね。
(⌒∇⌒)

 

日本神話というのは
古事記日本書紀風土記の記述が、
基になっていると言われています。

 

そのうち葦原中国は、
日本書紀
豊葦原千五百秋瑞穂國とよあしはらのちいほあきのみずほのくに

との記載があります。

 

すなわち

 

日本書紀からの出典が
主になっている
と考えられます。

 

現在に伝わる神話としては、
出雲神話いづもしんわ国譲り神話くにゆずりしんわ
高天原神話たかまがはらしんわ
天孫降臨神話てんそんこうりんしんわがあります。

 

なお出雲神話が
古事記でしめる割合は大きいので、
こちらからの説も
信ぴょう性が高い
かと思います。

 

どのように「葦原中国」はできた?

 

あなたは岩戸隠れの話は、
聞いたことがあるかと思います。

 

葦原中国は、この話の少し前から始まります。

 

須佐之男命すさのおのみこと
イザナギ・イザナミの末っ子です。

 

そのせいか、

 

子どもの頃には父の命令にそむき、
母のところに行きたい」とダダをこね、

 

父親に追放されかけています。(^^;

 

大人になってもイタズラばかりしていました。

 

また姉である天照大神あまてらすおおみかみ
ところに別れのあいさつに行こうと訪ねたら、

 

天照大神は「須佐之男命は攻めてきた!
と思い武装する羽目になりました。
(^^;

 

そんな手を焼かしていた
弟の須佐之男命のイタズラで、
周囲は困り果てて
天照大神にも苦情が殺到していたんですね。
(笑)

 

しかし姉は弟をかばっていたのです。

 

しかしある日、

 

須佐之男命のイタズラで、
天照大神の付きの女性が
亡くなってしまいました。

 

そのため天照大神は、
もう天の岩戸に隠れるしかなかったのです。

 

この天岩戸は宮崎県にあり、
神社の名前にもなっています。

 

太陽神である
天照大神がいなければ光はないので、
この世は闇です。

 

その結果、

 

須佐之男命は罪を償わせるために、
ヒゲをそられ、手足の爪を切られ、

 

下界に追放されました。

 

そこが葦原中国という訳ですね(o^―^o)

 

須佐之男命は出雲の国に降ります。
今の島根県東部です。ヤマタノオロチを退治し、
奇稲田姫くしなだひめと結婚します。

 

須佐之男命の一族が因幡の白兎など
さまざまな困難を乗りこえ、

一族は名前も大国主神おおくにぬしのかみと名前を変えます。

 

しかし高天原の神様は、
天照大神の子孫が葦原中国を定めるのが良いと言います。

 

しかし、

 

「大国主神」と名を変えても、
「須佐之男命」の悪行は忘れられていません。(^^;

 

だから、

 

最初にアメノオシホミミ
という天照大神の長男に行かせようとします。

 

しかしこのアメノオシホミミは今、

稲穂の神・農業神」です。

 

ですから、
「下界は物騒だから」という理由で
引き返して来てしまいます。(´-﹏-`;)

 

仕方がないので、

他の何人かの神様を出雲に遣わします。

 

すったもんだがありましたが、
 

 

最終的に
大国主神
「自分の宮殿を造ってくれるなら」と、
国を譲ることを約束するんです。

 

ここまでの話が国譲り
葦原中津国平定あしはらのなかつくにへいていと呼ばれます。

 

初代天皇:神武天皇

実はこの話
日本の初代天皇に話がつながっているんですね(^▽^)/

 

天孫降臨てんそんこうりんという話です。

 

葦原中国平定を受けて、天照大神の孫、
アメノオシホミミの息子、ニニギ
宮崎県の日向ひゅうがに降臨します。

 

このニニギの妻は、
木花咲耶姫このはなさくやひめといいます。

 

この「コノハナサクヤヒメ」は、
あなたも聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

富士山を神体山とする
富士山本宮浅間神社
を初めとする約1300社の浅間神社の神様なんです。(#^.^#)

 

またコノハナサクヤヒメが産んだ息子が、
「海幸彦と山幸彦」の話の

海幸彦のホデリ、山幸彦のホオリ、ホスセリを産みました。

 

山幸彦のホオリの孫が、
初代天皇の神武天皇となっています。

 

引用:ウィキペディア

 

まとめ

神話の世界は、
すごく遠くの世界に感じられたかもしれません。

 

しかしこうしてイザナギ・イザナミの話から
神武天皇まで駆け足ではありましたがたどると、
今の時代につながっていることが分かります。

 

また

葦原中国に関しては、
もっと小さく場所を特定する説もあります。

 

しかしその件に関しては、今回は削除させていただきました。

 

世界最古の国といわれる日本ですが、
もっと日本神話も身近に感じていただければ幸いです。
( *´︶`*)

 

きゅろ

このブログの管理人、きゅろです。
スピリチュアルなことが大好きで、
小学生のやんちゃな娘と
私にとってのメンターで
がんばり屋な主人と
暮らす主婦です(*^^*)

この記事を読んで「いいな♪」と思ったら、
SNSでの拡散ブックマークの登録等、よろしくお願いします。

スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
専門用語集
スポンサーリンク
スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
スピリチュアル専門用語集

コメント

タイトルとURLをコピーしました