スポンサーリンク

神仏分離(しんぶつぶんり)とは?

スポンサーリンク

神仏分離(しんぶつぶんり)とはなんでしょう?
  
詳細を解説します。
  
 

神仏分離(しんぶつぶんり)とは?

神道と仏教の習合を
神仏習合(しんぶつしゅうごう)と言いますが、
この動きに対する逆行が何度かありました。

詳しく見てみましょう。
  

明治の神仏分離

明治元年(1868年)、
明治政府は天皇を中心とした国作りを開始しました。
  

当時の神道を見てみると、
神社なのにお経が読まれていたり、
お寺なのに鳥居があったりしました。

完全に神仏が習合していたのです。
  

平田篤胤を祖とする平田派国学者は、
これを良しとはせず、
神社から仏教を取り去るため神仏分離令を発令しました。

その結果、
金毘羅権現八幡菩薩など
神社か寺院なのかわからないものは、

すべて神社にされました。
  

神社に勤めていたお坊さんは、
強制的に神主に変更されました。
  
神社にあった
仏具、仏像、3重の塔などの
仏教系建物などはほとんど取り壊されました。
  

よく廃仏毀釈運動
神仏分離令は混同されますが、
神仏分離令の影響で、
寺院に反感を持っていた民衆が
寺院の建物や仏像などを取り壊したのが
廃仏毀釈運動
で、
直接は関係ありません。
  

しかし、神仏分離令が発令されたことにより、
廃仏毀釈運動が起きたのは事実で、
この運動で歴史的な、
文化的な物が建造物が失われました。
  

明治政府は、
神道を国教にするため
神仏分離令を発令しましたが、
神道を国教とすることは
現実的には無理である
と悟りました。
  
日本には仏教という
大きな宗教団体があったためです。
  
さらに竹田恒泰氏の家系である
伏見宮邦家の娘の和子は、
浄土真宗東本願寺当主に嫁いでいたりしたのです。
  

明治5年(1872年)、
明治政府は神祇省を廃止・教部省を設置し
神道国教化を止めました。
  
さらに浄土真宗の
島地黙雷(しまじ もくらい)の申し立てにより、
神祇省は教部省に再編成され、
神仏を共同で布教する体制が構築
されました。
  

また、神道の国教化は
キリスト教を排除する狙いがありましたが、
これに西洋諸国が猛反発し
信教の自由を認めざるを得ませんでした。

こうして、最終的に、
神道は宗教ではなく慣習、道徳となり、
この慣習・道徳を
守ったうえでの信教の自由が認められました。
  

神仏分離は、
国民を文明化する目的もありました。
修験道、陰陽道などさまざまな伝統がここで幕を閉じたのです。
  

明治以前の神仏分離

江戸時代前期
岡山藩水戸藩淀藩会津藩など
儒教が盛んだった地域で神仏分離が起きました。
  

儒教では、

「神の存在を信じていれば、
人は見ていなくても神は見ている。
そして人の心の中も神はお見通し。」

と考えました。

この儒教には欠点があったのです。
  
たとえば、神様は存在せず、
阿弥陀様にすがれば、
死後、極楽浄土に行ける。

心静かに座れば
無我の境地に達することができる。など、
  

儒教の教えが仏教に影響を与えることで、
こんな解釈をさせてしまったんです。

  
天と同格の神様の存在を認めないような、
異なる価値観をもつ人に対しては、
全くの無力だったという事ですね。
  

そして
異なる価値観である仏教が神道から退けられていきました。
  

 

コメント