スポンサーリンク

神殿(しんでん)とは?

スポンサーリンク

神殿(しんでん)とはなんでしょう?
  

詳細を解説します。

 

神殿(しんでん)とは?

ここでは神殿の建築様式について説明します。

神殿の建築様式を学べば、
有名な神社に参拝した時の楽しみが倍増
します。
  

妻入り型と平入り型

本殿の形式は、
住居型の妻入り型

倉庫型の平入り型に分けられます。
  

妻入り型の入り口は屋根の頂部の棟が正面を向き、
平入り型は棟と平行して入り口があります。
  


  

切妻造(きりつまつくり)と入母屋造(いりもやつくり)

屋根の形状は、
二方向に勾配を持つ切妻造(きりづまづくり)と
四方向に勾配を持つ入母屋造(いりもやづくり)に分かれています。
  

  

女千木と男千木

本殿の屋根には、
V字型に交叉した板の千木があります。
  
先端を水平に切った女千木(めちぎ、内削ぎ)と
垂直に切った男千木(おちぎ、外削ぎ)があります。

本殿の形式

仏教建築の影響を受けない建築様式として、

  • 住吉造(すみよしづくり)
  • 神明造(しんめいづくり)
  • 大社造(たいしゃづくり)

があります。
  
これに対し、屋根に反りがはいった

  • 流造(ながれつくり)
  • 春日造(かすがづくり)
  • 日吉造(ひえづくり)
  • 八幡造8はちまんづくり)
  • 権現造(ごんげんづくり)
  • 浅間造(せんげんつくり)

は、

仏教建築の影響を受けた様式です。
  

もともと神社は
中国風建築様式の仏教寺院に対抗して純和風で作られました。

その後、神仏習合により仏教の影響をうけたのです。
  


  

弥生時代高床式穀物倉庫
神殿に転用した物が神明造です。
  
横に妻から下に伸びる棟持ち柱がありますが、
実際には屋根を支えておらず
象徴的なものとなっています。
  
千木と千木の間にある棟の上に
並んでいる丸太のようなものを鰹木(かつおぎ)と言います。
  
伊勢神宮の系統の神社はこの造りで、
家庭に置かれる神棚もこれです。
  

大社造の内部には中央に太い
心御柱(しんのみはしら)があり、
昔はこれを神体としていました。
  
また、大社造を二つ繋げた美保造(みほづくり)もあります。
出雲大社の様式として有名。
  

神様と共に食事をする大嘗祭(だいじょうさい)で
仮設の神殿が作られましたが、
この建築様式を受け継いだのが住吉造です。
  
内部は、(むろ)と呼ばれる
食事用の部屋と
神様用の部屋の(どう)に分けられています。
  

春日造は、妻入りの正面入り口上部に(ひ)をつけた様式。
  

日吉造は、入母屋造の屋根の側面に破風(はふ)が入ったもの。
  

八幡造は、本殿と奉納のための前殿が前後に並び、
間を相の間で繋がっています。
  

流造は、正面の屋根が長く、
反りが入る。

上賀茂神社、下鴨神社が代表的。
  

権現造は、入母屋造の本殿と
拝殿を石の間で繋いだもので、
日光東照宮など人が神様になっている神社でよく見られます。
  

ここで紹介した建築様式以外にも、

  • 両流造(りょうながれづくり)
  • 八幡造(はちまんづくり)
  • 穂高造(ほたかづくり)
  • 入母屋造(いりもやづくり)
  • 吉備津造(きびつづくり)
  • 祇園造(ぎおんづくり)
  • 香椎造(かしいづくり)
  • 織田造(おたづくり)
  • 近江造(おうみづくり)
  • 平野造(ひらのづくり)
  • 熊野造(くまのづくり)
  • 大鳥造(おおとりづくり)
  • 隠岐造(おきづくり)
  • 中山造(なかまづくり)
  • 浅間造(せんげんづくり)
  • 尾張造(おわりづくり)
  • 大縣造(おおがたづくり)
  • 水分造(すいぶんづくり)

など様々な建築様式があります。
  

珍しい建築様式もあるので、
参拝の折には神殿もチェックしたいですね。
 

コメント