スポンサーリンク

注連縄(しめなわ)とは?

専門用語集

注連縄しめなわとはなんでしょう?

 

 

注連縄は、
神聖な空間と一般世界を分ける
結界の役割をしているものです。

 

詳細を解説しますね。

 

 

注連縄(しめなわ)とは?

 

注連縄しめなわは、
神様が居る神聖な場所を示す縄の事です。
標縄、占縄、〆縄、七五三縄とも書きます。

 

占めるしめる」は、
神様が空間を占有している意味です。
だから、神聖な空間と一般世界を分ける結界の役割を持っています。

 

御霊代みたましろ依り代よりしろなど、
神様が宿っている物に対し、
目印として付けられてもいます。

 

注連縄の材料は稲刈りした後に発生する稲藁であり、
雷を表す紙垂しで/rt>
雨を表す注連の子を付けるので稲作文化と深い関係があります。

 

雨や雷を生むを表していると考えられています。

 

縄をう時は、
普通は左向きに編んでいき、
これを左綯えひだりなえと言います。

 

これに対し、特殊な右綯えの縄もあります。
右綯えは反時計回りに編みます。

 

これは、藁の束を
天の星が北極星を中心に
回転する方向(反時計回り)で
らせん状により合わせて糸の象形を作ります。

 

すなわち、左綯えひだりなえは、
太陽の巡行と同じなので、
男性)を表し、
右綯えは、太陽の巡行に逆行するので、
女性)を表しています。

 

神道には男神と女神が居ますが、
左綯えと右綯えを
男神と女神で使い分けることもあります。

 

一般的な注連縄の形状は、
前垂注連まえだれしめと言い、
縄に紙垂と注連の子を垂らしたものです。

 

地鎮祭などで使われるのはこれです。

 

大根注連だいこんじめは、
中央部が太くなったもので、出雲神社拝殿が有名です。

 

牛蒡締めごぼうじめは、
片側が細くなっている物を言います。

 

左側に細い端を付ける右元
右側が細くなっている左元など地域によって差があります。

 

古神道では、
神聖な地域をは常世国とこよのくに
私達が住む世界を現世うつしよと考え、
注連縄は、常世国と現世の境界線としていました。

 

おそらく、これが注連縄の由来でしょう。
だけど、様々な説があります。

 

アマテラスが天の岩戸から出てきた時、
再び天の岩戸に入れないように、
天太玉命あめのふとだまのみこと
尻久米縄しりくめなわで戸を塞いだ記事に
端を発すると言われていますが、
 

 

「神様だったら注連縄の一つや二つぐらい、
どうとでもなるでしょうに…」と
思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

伊勢神宮周辺では、
蘇民将来(本サイトの「大祓い」の茅の輪くぐり参照)
に登場する「娘を疫病から守った娘の腰に付けられた縄の輪」を
注連縄の起源と考えています。

 

蘇民将来に縄の事を教えた武塔神
スサノオと同一視しているので、
この地域ではお守りとして
家などに注連縄を付ける風習があります。

 

また、古代中国では、
葬式の行列が通った後、
死者の霊が家に戻らないように
家の入口に注連(しめ)という縄が張られました。

 

これらの事を鑑みて、
古代中国の縄、古神道の思想など、
現在でいう三途の川に相当する縄として使用されたのが、
その起源であろう
と推定します。

 

 

きゅろ

このブログの管理人、きゅろです。
スピリチュアルなことが大好きで、
小学生のやんちゃな娘と
私にとってのメンターで
がんばり屋な主人と
暮らす主婦です(*^^*)

この記事を読んで「いいな♪」と思ったら、
SNSでの拡散ブックマークの登録等、よろしくお願いします。

スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
専門用語集
スポンサーリンク
スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
スピリチュアル専門用語集

コメント

タイトルとURLをコピーしました