スピリチュアルな習慣をSNSで応援しよう!
スポンサーリンク

七五三(しちごさん)とは?

専門用語集

七五三しちごさんとはなんでしょう?

 

今では当たり前になっていますが、
子供の成長のお祝いですね。( *´︶`*)

 

数え年で男の子3歳・5歳
女の子3歳・7歳11月15日に、
晴れ着姿、着飾ってで氏神等に参拝します。

 

歴史的にみると、
どんな感じだったのか、

詳細を解説します。

 

 

七五三(しちごさん)とは?

 

七五三しちごさんとは、
毎年11月15日に行われます。

 

数え年で男子3歳5歳
女子が3歳7歳になった時、
氏神様に参拝し、これまでの成長に感謝する行事です。

 

この七五三は、
鎌倉時代以降に、
公家や武家で通過儀礼として行われていた
髪置かみおき
袴着はかまぎ
帯解きおびときが起源となっています。

 

平安時代末期から、
3歳になると幼児の頭髪を剃ることをやめ、
髪を伸ばしはじめる時、
綿帽子や白髪になぞらえた白糸を頭上に置いて、
子供の成長を祝いました。これを髪置の儀式と言います。

 

公家は2歳で、武家は3歳
11月 15日に髪置の儀式を行いました。

 

帯解きは、子供の着物の付け紐をとって、
初め帯を締める儀式で、
中世末ごろから男女とも5歳で、
後に女児7歳の11月吉日に行われました。

 

袴着は、幼児に初めて袴をはかせ、
宇宙に見立てた碁盤の四方を拝んだのち、
元気よく飛び降りる儀式で、
平安時代の公家の間で、
男女共に3~7歳の間に行われました。

 

後に武家や庶民の間でも行われるようになり、
江戸時代以降は、5歳の男児が行う儀式として定着しました。

 

帯解きは、子供の着物の付け紐をとって、
初め帯を締める儀式で、
中世末ごろから男女とも5歳で、
後に女児7歳の11月吉日に行われました。

 

この3つの儀式は、
公家や武家の間で行われていましたが、
元禄時代になると、
子供の晴れ着の売り上げアップを狙って、
呉服屋さんにより関東の町人の間に広められました

 

天和元年
江戸幕府第5代将軍である
徳川綱吉長男・徳松の髪置祝いに
端を発していると言われています。

 

やがて、この儀式は上方でも行われるようになり、
徐々に全国に広まっていきました。

 

3つの儀式は、
3歳、5歳、7歳に行われたので、
まとめて「七五三(しちごさん)」と呼ばれるようになりました。

 

現在では、上述の本来の神事の内容が薄れ、
同じ行事と見なされています。

 

七五三の風習

 

七五三といえば
千歳飴ちとせあめですね。

 

千歳飴は、江戸時代の元禄・宝永時代に、
浅草の飴売りだった七兵衛が売り出し、
流行した「千年飴」が起源
とされています。

 

神道では、7歳までの子供は神の子として
神の御加護を受けると考えられてきました。

 

7歳になると神の御加護がなくなり、
正式に氏子の一員になり、
7歳のお宮参りの時、
氏神様の神社から氏子札が授与
されました。

 

七五三の由来

 

ところで、
神道は妙なところで中国思想の影響を受けています。

 

たとえば、古事記に登場する最初の神様は、

  • 天之御中主神あめのみなかぬしのかみ
  • 高御産巣日神たかみむすひのかみ
  • 神産巣日神かみむすひのかみ

ですが、

 

よく見ると1柱だけムスヒが付いていません。

 

もともとは、ムスヒと付いている2柱だけだったのですが、
道教では3という数字が縁起が良いので、
後から1柱を追加したのです。

 

陰陽道おんみょうどうでは、
生まれて1年目に
天の才能が、
二年目に地の才能が、
三年目に人の才能が備わると考えだしました。

 

人間が生まれてから三歳で、
天地人の三才が備わり、
人格を持つという意味
です。

 

大人げない者を青二才と呼ぶのはこのためです。
という数字は、
地球に最も関係の深い惑星、
木星、火星、土星、金星、水星が生み出す、
木・火・土・金・水五行の気を表わします。

 

人間は、五歳でこの五種類の気を備えるのです。

 

七歳では、五歳で備わる五種類の気に加えて、
更に太陽と月の気が備わります。

 

それで、
3歳、5歳、7歳に成長の節目として厄を祓うため、
七五三の宮参り
をしたわけです。

 

また、11月15日
陰陽道が由来となっていると言われています。
を足すと15になります。

 

つまり陽を重ねた日となります。

 

なぜ11月なのでしょうか。

 

11月15日は、暦学の二十八宿にじゅうはっしゅくのなかで
一番良い日である鬼宿きしゅくの日になっていました。

 

鬼が宿に泊まっているので、
外に出ていないのです。

 

七五三は、鬼の居ぬ間の洗濯のように、
鬼の居ぬ間のお祓い
だったのです。

 

 

きゅろ

このブログの管理人、きゅろです。
スピリチュアルなことが大好きで、
小学生のやんちゃな娘と
私にとってのメンターで
がんばり屋な主人と
暮らす主婦です(*^^*)

この記事を読んで「いいな♪」と思ったら、
SNSでの拡散ブックマークの登録等、よろしくお願いします。

スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
専門用語集
スポンサーリンク
スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
スピリチュアル専門用語集

コメント

タイトルとURLをコピーしました