スポンサーリンク

式年遷宮(しきねんせんぐう)とは?

専門用語集

式年遷宮しきねんせんぐうとはなんでしょう?
 

 

由緒ある神社などにおいて、
一定の周期を決めて社殿を更新し、
新たな社殿に神体を移す事をいいます。
 

 

詳細を解説しますね

 

 

 

式年遷宮(しきねんせんぐう)とは?

式年遷宮は、
一定周期毎ごとに、
新しく社殿を作り、新しい社殿に神体を移すこと
を言います。
 

 

伊勢神宮、宮城県の鹽竃神社(しおがまじんじゃ)、
長野県の穂高神社、三重県の香良洲神社(からすじんじゃ)、
神明神社は20年毎に式年遷宮を行います。
 

 

京都府の下鴨神社(賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ) 、
上賀茂神社(賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ) は21年毎に。

大阪府の住吉大社30年毎に、
京都府の豊受大神社(とゆけだいじんじゃ)は60年毎に、
式年遷宮を行っています。
 

 

以前は、香取神宮、鹿島神宮、宇佐神宮、
春日大社、諏訪大社などでも式年遷宮が行われていました。
 

 

春日大社では、
20年に一度、本殿の位置を変えずに
建て替えもしくは修復を行ってきたため、
遷宮のことを「式年遷宮」ではなく
式年造替(しきねんぞうたい)」と呼んでいます。
 

 

また、出雲大社は、
60~70年後ごとに遷宮を繰り返してきましたが、
遷宮が不定期だったので式年遷宮とは認められていません。
 

 

鹽竃神社(しわひこじんじゃ)は、震災の関係で、
また、下鴨神社と住吉大社は、
社殿が国宝や重要文化財に指定されたので、
現在は修復だけ実施しています。
 

 

式年遷宮の条件を満たしてなく、
「式年造替」ではないのかと言いたくなりますが…
現在でも、
しっかり式年遷宮とされています。
 

 

春日大社は、社殿を全て作り変えようとは
考えていなかったから式年造替(しきねんぞうたい)となり、

鹽竃神社、下鴨神社、住吉大社は、
都合により修復しかしていませんが、
もともと社殿すべてを作り変えるように
定められたので式年遷宮とされているのかもしれません。
 

 

式年遷宮に認定されるのも難しいみたいですね。
 

 

式年遷宮で最も有名なのは、
伊勢神宮です。内宮・外宮両正殿
14別宮社殿、門、板垣、鳥居
宇治橋などを造り替えてしまいます。
 

 

これは飛鳥時代天武天皇が定めた行事です。
このため伊勢神宮は1300年以上
およそ同じ建築様式を保ち続けてきました。
 

 

なぜ式年遷宮を行うのか

どうして式年遷宮を
始めたのでしょうか。
 

 

まだ、使用できる社殿なのに壊してしまうとは、
もったいないとしか思えません。
 

 

飛鳥時代の人が、
過去の建築様式である
弥生建築を保存したかったからかもしれません。
 

 

常に新しく清浄であることを尊ぶ
常若(とこわか)」の思想によるもの
ともいわれています。
 

 

建物が使用可能でも、
わずかな老朽化は穢れであり、
神の生命力を衰えさせて
しまう。
 

 

だから、
 

 

建物を新しくすると、
神の力も蘇り、パワー復活と考えたからかも
しれません。
 

 

飛鳥時代以前は、
大嘗祭(だいじょうさい)と
新嘗祭(にいなめさい)は同じで、
新嘗祭の別名が大嘗祭でした。
 

 

新嘗祭は、毎年11月に、
その年に収穫した新穀を天皇が神に捧げ、
天皇自らも食す祭祀
です。
 

 

現在の大嘗祭は、
天皇が即位の礼の後、初めて行う新嘗祭のことです。
 

 

しかし、
飛鳥時代以前は、
これを単に践祚大嘗祭(せんそだいじょうさい)と呼んただだけで、
新嘗祭と同じだったのです。
 

 

天武天皇が即位した時、
初めて行われる新嘗祭大嘗祭と呼び、
盛大におこないました。

その後、律令制が整備されると、
天皇の一世一代の祭儀として、
即位後に初めて行う新嘗祭が特別視され大嘗祭に変わりました。

 

 

神宮では、初穂を天照大御神に
奉納する儀式である神嘗祭(かんなめさい)で、
装束や祭器具を一新します。
 

 

新嘗祭と同様、毎年行われる神嘗祭に対し、
天皇の一世一代の神嘗祭を特別視し、
装束や祭器具に加え社殿を一新する
式年遷宮が行われるようになった
と言われています。
 

 

天皇の住まいであり、
かつ政庁である皇宮は、
天武天皇の治世以前は、
天皇の代替わりごとに移され
ていました。
 

 

が、藤原京が建てられ、
社殿の遷移がなくなったため、
皇宮の遷移の代わりに
遷宮が行われるようになったという説
もあります。
 

 

それぞれの社殿には、
式年遷宮の由来が書かれていますが、
日本で初めて式年遷宮を行った
伊勢神宮の由来は、
いまだに諸説あり、
その答えは神様だけが知っています。

 

きゅろ

このブログの管理人、きゅろです。
スピリチュアルなことが大好きで、
小学生のやんちゃな娘と
私にとってのメンターで
がんばり屋な主人と
暮らす主婦です(*^^*)

この記事を読んで「いいな♪」と思ったら、
SNSでの拡散ブックマークの登録等、よろしくお願いします。

スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
専門用語集
スポンサーリンク
スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
スピリチュアル専門用語集

コメント

タイトルとURLをコピーしました