スポンサーリンク

式年祭(しきねんさい)とは?

専門用語集
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

式年祭しきねんさいとはなんでしょう?

 

由緒ある神社において、
ある一定の期間ごとに行われる祭典のことです。

伊勢神宮のの式年遷宮なども
それに含まれます。

 

詳細を解説しますね!

 

 

式年祭(しきねんさい)とは?

 

式年祭しきねんさいは、
決められた期間ごとに行われる祭祀のことであり、
神社の祭礼
祖先祭祀において見られる祭祀形態の事
です。

 

由緒ある神社の一部では、
定まった年ごとに行われる祭祀があります

 

例えば、鹿島神宮、香取神宮では、
12年ごと午の年に、
盛大な神幸祭を行うこととなっているんです。

 

また、諏訪大社でも7年ごと
(開催年を1年と数えるため実際の周期は6年)の寅
もしくは申の年御柱祭おんばしらまつりが行われます。

 

これらの祭りは
毎年行われる祭り(例祭)よりも大規模であることが多く、
重視されている祭りといえるでしょう。

 

神社には、一定の年ごとに
社殿の建て直し(式年遷宮)をするところがみられますが、
社殿の建て直し自体が祭祀の一環だという見方をしたとき、
これも式年祭の一種と言えます。

 

最も有名なのは伊勢神宮式年遷宮です。

 

20年ごとに全ての社殿を建て直し、
大規模な祭礼を行うことになっています。

 

あまり注目されていませんが、
諏訪大社御柱祭(おんばしらまつり)も
その儀礼の中には社殿の建て直しが含まれており、
御柱祭も式年遷宮に含めることができるんです。

 

なお、式年祭は大社に限らず、
氏神レベルでの神社においても、
その神社独自の由緒に基づいて、
式年祭を行っているところがあります

 

一方、祖先祭祀においても、
決められた年ごとに祭祀を行うことが多いんですね。

 

一般に仏教行事として行われる年忌では、
1年忌・3年忌・7年忌・
13年忌・17年忌・23年忌などと
特定の年(等間隔ではない)に、
通常の祭祀とは違った特別な祭祀が行われます。

 

宮中祭祀における式年は、
3年・5年・10年・20年・30年・
40年・50年・以後100年ごとと規定され、
祖先祭祀に関するものにおいて
式年の大祭小祭が神式で行われているんです。

 

人物を祀る
日光東照宮北野天満宮では50年ごと大祭が行われており、
これは両者の結合ともいうことができるかもしれないですね。

 

主な式年祭

  • 鹿島神宮:御船祭
  • 香取神宮:神幸祭
  • 諏訪大社:御柱祭
  • 伊勢神宮:神宮式年遷宮
  • 北野天満宮:大萬燈祭
  • 日光東照宮:式年祭
  • 戸隠神社:式年大祭
  • 香椎宮:臨時奉幣祭
  • 宇佐神宮:臨時奉幣祭

 

宮中祭祀の式年祭

大祭

  • 先帝以前三代の式年祭
  • 先后の式年祭
  • 皇妣たる皇后の式年祭

小祭

  • 綏靖天皇以下先帝以前四代に至る歴代天皇の式年祭

 

 

きゅろ

このブログの管理人、きゅろです。
スピリチュアルなことが大好きで、
小学生のやんちゃな娘と
私にとってのメンターで
がんばり屋な主人と
暮らす主婦です(*^^*)

この記事を読んで「いいな♪」と思ったら、
SNSでの拡散ブックマークの登録等、よろしくお願いします。

スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
専門用語集
スポンサーリンク
スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
スピリチュアル専門用語集

コメント

タイトルとURLをコピーしました