スポンサーリンク

空海さん(弘法大師様)とご縁を結ぶには?高野山 奥の院への行き方詳細!

空海ってどんな人だったの?
高野山の奥の院に行けば、

ご縁ができるって本当?

 

今回も私は桜井識子さんの本を
購入しました。 (◎^▽^◎)

 

識子さんは、
スピリチュアル関連のブログ・本を
たくさん書かれていて、

それも、「普通のおばちゃん」モードなので、
(シツレイ!)
とても、親近感が湧く素敵な女性なんです。
(私もおばちゃんですwww)
(*´∇`*)

 

空海さん(弘法大師様)の事を
書かれた本は山のようにあり、

 

今までそれをかいつまんで
読んできたんですが、

 

どれも、空海さんという人物像が
想像できないというか、
歴史上の偉人」という
感覚で終わっていたんですね。


これほどまでに、

愛情を持って書かれた本を
初めて読みました(゚ー゚)(。_。)

 

識子さんのお人柄もそうなんでしょうが、
読み終わったあとは、
本当に心の底があたたかくなるんですよね!( *´︶`*)

 

まるで目の前に、
空海さんが現れて、
本当に、語っている雰囲気が
漂ってくるんです。

 

一気に読み切った後、
すぐに高野山の奥の院
参拝する事を決意!
(笑)

 

私はいつも、参拝したい神社仏閣があると
車が運転できる主人に頼み込んで
連れて行ってもらうのですが、
www。

この際、
仕える手段はとにかく使おう♪
って事で、週末に行ってきました(b^ー゜)!!

 

今回の参拝の目的は
空海さんとご縁を結んでいただく事。

 

もしかして・・・?

 

と感じる素敵な体験もしてきましたので、
報告させていただきますね~

それではいってみましょう~( *´︶`*)

スポンサーリンク

弘法大師 空海とは?

空海(くうかい、宝亀5年(774年) – 承和2年3月21日(835年4月22日))は、
平安時代初期の僧。弘法大師(こうぼうだいし)の諡号(921年、醍醐天皇による)
で知られる真言宗の開祖である。
俗名(幼名)は佐伯 眞魚(さえき の まお[1])。
日本天台宗の開祖最澄(伝教大師)と共に、
日本仏教の大勢が、今日称される奈良仏教から平安仏教へと、
転換していく流れの劈頭に位置し、
中国より真言密教をもたらした。
能書家としても知られ、嵯峨天皇・橘逸勢と共に三筆のひとりに数えられている。

(引用:ウィキペディア)

空海さんは、
平安時代初期に居た僧侶で、
諡号(しごう:有名な偉人が死んだら奉る呼び名)は、
弘法大師(こうぼうだいし)。

 

密教(みっきょう)を唐に渡って学び、
帰国後、
真言密教の道場、
金剛峯寺
(こんごうぶじ)を建立されました。

 

高野山は、

 

8つの山に囲まれた
総坪数48,295坪の
広大な盆地を
一山境内地(いっさんけいだいち)」
と称し、山の至る所が境内になっているのです。

\(◎o◎)/!

 

よくぞ、
やれたもんだ!!
と本当にビックリするんですが、

 

そんなものすごい事をやられた偉人で
あるはずなのに、

 

識子さんのブログや本を読んでいると、
空海さんの事も「近所のおじちゃん」モードで
書かれているんですね(*´∇`*)

 

だから、
ものすごく親近感を感じてしまいました。

 

幼少の頃のお名前は、
「佐伯さん」。(笑)

 

田中さんとか鈴木さんとか
そんな感じで話しかけられそうで、
本当にうれしいです。

 

だから、私も、
識子さんのように
「空海さん」で話しかけてみようと思います。
(´▽`v)

 

より身近に感じる事が
できるように、
これから機会を見つけて、
どんどん空海さんゆかりのお寺・神社を
参拝してみようと決意!

 

まずはなんといっても、
高野山・奥の院ですね(b^ー゜)!!

 

スポンサーリンク

高野山 奥の院とは?

高野山。

私は小学生の頃、
林間学校で宿泊した経験があるのと、

再婚して、子供ができる前から、
生まれてからも、

何度か行っています。

 

でも、
「高野山」という場所は、
世間一般で言われるような
「観光地」と全くおんなじ感覚で、

 

神聖な場所という感覚が全くありませんでした。
(^_^;

 

奥の院も、
単純に、たくさんのお墓があるところ、
という感覚しかなく、

 

参拝する、という気持ちでなく、
「遊びに来たついでに」という
感覚だったんです(^_^;

 

ところが、奥の院は
高野山の中でも、
最も神聖な場所とされている所。

 

なぜなら、

 

こちらには、空海さんが今も
瞑想されている
御廟(ごびょう)があるからです。

 

空海さんは、
生死を超越した境地である入滅をする決意をされ、
奥の院の御廟に入られました。

 

ご本人は基より、

それ以上に、
空海さんにずっと仕えてきた
お弟子さんたちや、

 

高僧の方々の悲しみは
計り知れなかったと思います。

 

奥の院は
空海さんがご入定後、その弟子たちによって、
建てられました。

 

瞑想している限りは腹も減る。(笑)

ってことで、

 

当然、空海さんのお食事が必要になりますよね。
(゚ー゚)(。_。)

空海さんが召し上がる食事は
生身供(しょうじんく)」と呼び、
am6時とam10時半の毎日二回。

 

空海さんが召し上がっても異常がないように、
出発前に、ちゃんと毒見もされた上で、

空海さんに出されています。

 

メニューは
一飯一汁三菜の五品目で、
季節の野菜・ごはんとお味噌汁
が基本コース。

 

時としてシチューやハンバーグなどの
洋食もあるんだそうです。
(´▽`*)

 

NHKで放映された
高野山・奥の院の様子を
見た時も、

 

へぇぇぇ~。
弘法大師にお食事を作って
運んでるんだ~。

 

もう、亡くなった人なのに大変やなぁ~。

 

と眺めていました。

 

ところが、
識子さんの本を読んでから、
まだ、空海さんの魂は生きている

お話しもできて、
悩みも相談できるんだ!
(。☉౪ ⊙。)

 

とわかってからは、

 

とにかく、ご挨拶して、
ご縁を結んでいただきたくてしょうがなく
なったんです。(^^)

 

高野山 奥の院への超便利な行き方

奥の院は聖地。

 


しかし、端的に言えば、
お墓群です。

 

しかも、その数が半端なく多く、

2kmの間に20万基あるというのですから、
ものすごいデス。(^_^;

織田信長・武田信玄・勝頼、徳川家・伊達政宗だ・・・と
大河ドラマに登場する戦国武将に始まって、

旧日本軍の部隊や
企業では創始者や功績があった方、
本当に、様々な方々の供養塔も
あります。

 

当然ながら、

全てのお墓にお骨がある訳ではないのですが、
やはり、そこにいらっしゃる方々も多いと聞くので、

 

私はちょっと遠慮したいです(^_^;

 

識子さんの本には、
奥の院で待っているような
仏様の様子が書かれているもんで・・・
(>人<;

 

そんなあなたのために、
オススメなのは

※クリックすると拡大します

 

中の橋からのルートです。

 

奥の院は全長2kmくらいあるのですが、
こちらから奥の院に入ると、

 

御陵は比較的すぐに到着できるんです♪(´▽`v)

 

中の橋には駐車場もあるので、
本当に便利ですよ(゚ー゚)(。_。)


 

私達家族は、
駐車場に車を停めて、

大小、様々な墓石や供養塔が
並ぶ奥の院にはいりました。

 

結構、外国人の観光客が多くて、
ビックリwww。

それも、白人さんが多かったです。

 

 

お墓はたくさんあるんですが、
あの独特のおどろおどろっぽさは
全くなく、

とても、清らかな雰囲気で
気持ちよかったですね♪
(´▽`v)

 

しばらく進むと、

識子さんが書かれている三本の
御神木を発見することができました♪

 

こちらでしばらく、
時間を過ごしていると、

 

空海さんに話しかけてみなくちゃ・・・♪

 

と思いつき、
ぐずる娘に手を焼いている主人に離れて
(ごめんなさーい!)

 

空海さん。

はじめまして

大阪から来た〇〇〇〇と申します。

子供の頃から何度かこちらには
お邪魔させていただいてるんですが、

 

今回、桜井識子さんの本を読んで、
ぜひ空海さんにご縁をいただけるように、

参拝させていただこうと思い、
こちらに来ました。

よろしくお願い申し上げます(^^)

 

そこまで挨拶して、
続けて、

私はまだまだ修行は足りませんが・・・

 

といった瞬間。

 

突然、男性の声が聞こえたんです。

 

(笑)そんな事は気にしなくて良い

 

私はその時、自分の頭の中で自分で
言った言葉だと思っていたので、

特に驚きもせず、
そのまま流していました。

 

しかし

 

あとから考えて、

あれはもしかして、
空海さんの言葉だったのかしら?

 

と感じたんです。

 

実は
奥の院に参拝する前、

ちょっとした出来事があって、
それに関連があるんじゃないかって
瞬間的にそう感じたんです。

( *´︶`*)

それについては
こちらに詳細を書いています。(´▽`*)


ここで大切なポイントです!

 

 ポイント

御廟橋(ごびょうのばし)の前に
差し掛かったら、
必ず、合掌礼拝してください!

 

御廟橋を渡ったら、
空海さんのいらっしゃる

弘法大師御廟(こうぼうだいしごびょう)
です。

あなたをわかっていただくために、
礼儀は尽くしましょう。
(゚ー゚)(。_。)


 

私達は、
燈籠堂(とうろうどう)の中に入って、
しばらくウロウロ・・・・(笑)

 

私は最初、ここが御廟だと思っていたので、
燈籠堂の奥に目を凝らして、

じっと見つめていました。
(ここじゃないっ!!)

 

たくさんのお坊さんのお経が響きます。

 

娘がそばに来たので、
娘を肩に手をやって、

娘も紹介しましたwww。

 

主人は、燈籠堂からすぐ出て、
参拝順と書かれた札に従って、

裏に回ったので、
娘と着いて行った私。

 

ふと、足を止めると、
柵の向こうに何かが祀ってある・・・。

 

主人が
あれが御陵だよ

 

え!!??

あそこに空海さんがいらっしゃるの???
(^_^;

 

慌てて、
ろうそくとお香を買って、
火を灯し、

 

空海さんにご挨拶しました。

なんだか、しっちゃかめっちゃかでしたが、
なんとか、初参拝は終了www

 

空海さんは、
どう思われただろう~(; ̄ー ̄A

 

ちょっと心配です。www

空海さんへの手紙

さて、
これも識子さんの本に書かれていて
感動したのですが、

 

空海さんにお手紙が書けるんですって(。☉౪ ⊙。)

 

「空海さん」って気軽に呼んでも、
大昔に生きていた、
あなたを全く知らない方です。

 

ご縁を結んでいただくための
第一歩は、まず自分自身の自己紹介
しておかなければ、
空海さんは「はて?」となりますよね。
(笑)

 

弘法大師御廟のそばになんと
ポストがあり、

そこに直接投函するのもOK。

その場で書いて、投函もいいし、
すぐ書くのが難しいなら、

自宅で書いて、

〒648-0211 高野山奥の院
「お大師様」宛。

でも、大丈夫だそうです。

 ポイント

住所と名前を必ず
記載する。

どこの誰かわからなかったら、
空海さんは、答えようがありません。

 

だから、

 

これは絶対記載するように
してくださいね(゚ー゚)(。_。)

 

高野山 奥の院へのアクセス

それでは♪
奥の院へのアクセスです(b^ー゜)!!

 

高野山 奥の院

住所 〒648-0294
    和歌山県伊都郡高野町高野山550 金剛峯寺

電話 0736-56-2002

 

    電車

  • 南海高野線 極楽橋駅
  • 南海高野山ケーブル 高野山駅
  • バス

  • 高野山駅 奥の院口 約15分
  • 中の橋 
  • 第一駐車場(バス駐車可)
  • 第二駐車場(商工会館前)

追記

最後にもうひとつ。( *´︶`*)

 

実は、奥の院から金剛峯寺に
向かう途中、左側にあるお稲荷さんです。
車で約10分くらいでしょうか。

 

こちらの神様は
江戸時代に勧請されて、

こちらにずっと居られるそうですが、
高野山は、仏様の山。

なのでかなり居ずらくて
おつらいのだそうです。

 

桜井識子さんが、
本で詳細を記載されていました。

(o^^o)

 

勧請された限りは、
神様である限り、その場を
動けないのだそう。(>人<;)
参拝者が来ると、
それだけでパワーが戻ってくるそうなので、

 

奥の院に来た際には、
ぜひ一度、こちらに参拝されて、

 

応援にこさせていただきました( *´︶`*)」

とお声がけだけでもお願いいたします。

 

その際、
お供え物を持っていかれる場合も
あるかと思います。御宮の前で
お菓子やお酒の封を開けて

お供えしてくださいね!

 

そうでないと、
神様は召し上げる事ができないのだそうです。
(・・;)

 

そして、

 

そのお供え物は持ち帰る事!

そのまま置いておくと、
傷んでしまって、神様が不快な思いをされます。

 

私も、お土産屋さんで、
お饅頭を買って、

本殿前で封を開けて、
どうそ♪お召し上がりください!
と手を合わせてきました。

 

たくさんの参拝者に会いたくて
しょうがないお稲荷さんです。

 

奥の院に参拝された際は、
ぜひ一度、お参りしてくださいね~( *´︶`*)

 

清高稲荷神社
和歌山県和歌山市田中町5丁目

終わりに

高野山は、何年ぶりでしょう?♪

本当に久しぶりで、
なんだか、御陵前で
アタフタしてしまって、

ゆっくりお話もできませんでした(T_T)。

 

やはり自宅でゆっくり空海さんに思いを馳せながら、
お手紙を書いた方がいいのかもしれませんね。

空海さんのお声が聞けた♪
と思って幸せな私ですwww

 

 

ぽちっ!としてもらえるとうれしいデス♪

 

空海さんが高野山に入る前に
お住まいになっていた神護寺の記事は
こちらデス(o^―^o)

コメント

  1. みっここ より:

    いつも素敵なわかりやすい解説のブログ、楽しく拝見させていただいています。さすが識子さんファンですね。きゅろさんのブログを読んで識子さんの新刊を読むと、理解度倍増です。私も高野山では、不思議体験を25年位前に経験していて、きっとお大師様はいると信じています。私も高野山へ行く計画中です。識子さんを知って、より神社仏閣がみじかで大好きになり、きゅろさんのブログもまるで識子さんのお弟子さんのような感覚で大好きです。これからも素敵なお話聞かせてくださいね。
    先日箸中古墳で織子さんがヤマトとももなんとか姫とかかれていたのが面白くて行ってきました。ひっそりスピリチャルしてますにぴったりな場所でした。

    • きゅろ より:

      みっここさーん( *´︶`*)

      こんにちは~♪お元気でしたかぁ~
      コメントありがとうございますー♪
      みっここさんの不思議体験ってどんな感じのものなんでしょう?
      すごく知りたいですぅ~。(。☉౪ ⊙。)
      古墳かぁ~(>人<;)
      私はちょっと怖くていけないんですよ。
      取りつかれたらコワイですもんwww。
      識子さんも、とりつかれて、大神神社ではらってもらったって
      おっしゃってましたもんね。

      またぜひ、コメントよろしくお願いしますー。
      同じ識子さんファンとして、これからも連絡取り合いましょう~www