「スピリチュアルな習慣」をSNSで応援しよう!
スポンサーリンク

京都:豊国神社の歴史!秀吉はまだ神様にもなれず豊国廟におられます!

京都の神社

京都の豊国神社って

秀吉の神社?

 

はい♪そーなんです。
だから、他府県から観光で京都に来られた方は、

豊国神社を観光ルートに入れられる方が
多いんですよね(゚ー゚)(。_。)

 

でも

 

実は、豊国神社って、
秀吉自身はいらっしゃらないんです。

 

豊国神社の歴史。

 

そして、豊国神社へのアクセスも含めて
ご紹介しちゃいますね(b^ー゜)!!

スポンサーリンク

豊国神社の歴史と取り残された秀吉

京都 豊国神社 方広寺 KYOTO TOYOKUNI-JINJYA HOUKOJI TEMPLE

 

秀吉はその遺言により、
慶長4年(1599年)、
現在、豊国廟ほうこくびょうと呼ばれる場所、
阿弥陀ヶ峰あみだがみねの山頂に葬られました。

時の天皇、
後陽成天皇ごようぜいてんのうから
豊国大明神とよくにだいみょうじん」の神号も賜り、
盛大な鎮座祭ちんざさいも行われたのだそうです。

houkoku

創建当時は、
境内は30万坪で、社領1万石を誇るという
巨大なスーパー神社。(笑)

後に徳川家康日光東照宮も参考にしたという
きらびやかな殿舎が立ち並んでいたんだそう・・・・。
(見てみたかったですね・・・!!(゚ー゚)(。_。))

 

ところが、

その後、大坂夏の陣において、
豊臣が滅亡すると、

当然、徳川方によって、
破壊され、
秀吉の神格まで剥奪され、

神社は荒れ放題に・・・・。

 

すなわち、
江戸時代は、秀吉を神として祀る神社は存在しなかった・・・
という事。

後に、明治天皇が秀吉をたたえ、
再興を命じたため、明治6年別格官幣社に列格。

本社を京都大阪
もめたそうですが、

最終的に、

隣の方向寺にあった大仏殿跡に、
社殿も完成し、復興されたんですね。

 

kane

祀られているのは、秀吉なのですが、

実際は、豊国神社に、
秀吉は居ない
んだそうです。

 

秀吉自身が、死後、ある神様になるために
一生懸命準備をしていたのに、かかわらず、

「違う神」として、
祀られてしまいました。(; ̄ー ̄A

 

しかも、後に徳川によってその神社は破壊され、
明治時代まで放置されます。

要するに、神の道も仏の道にも進めず、
とある次元の世界に取り残されたまま

なんだそう。

 

そう思うとものすごく気の毒ですよね。
(T_T)
私も、秀吉が取り残されているという
豊国廟に行った事があるのですが、

(豊国廟の事については
こちらに記載しています。)

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

豊臣秀吉の墓:豊国廟で秀吉さんから運玉の袋をもらいました♪
豊臣秀吉のお墓は豊国廟です。こちらに参拝して運玉の袋をいただきました。詳細を体験を交えて紹介しています。

 

豊国病の秀吉

 

行った日がたまたま、
雨の日だったからという事もあるかもしれませんが、

なんとなく、陰気で
あまり長居できる感じの場所では
ありませんでした。( ̄- ̄;)

 

それでも、桜井識子さん
運玉」という書籍が出版されてから、

かなり多くの方が、豊国廟を訪問されるように
なったとのことですから、

秀吉さんもかなり元気になってきたようです。

 

お土産をもっていって、

 

どうぞお召し上がりください~♪
私も召し上がらさせていただきます!!

と言って、
秀吉さんと一緒にお土産を食べちゃいましょう♪

 

自己紹介をしたり、
話しかけたりすると、
秀吉さんはどんどんお元気になられるようですヨ♪
(´▽`*)

 

私は識子さんの書かれた記述を読んで、
秀吉さんは、大河ドラマ「真田丸」で秀吉を演じた
小日向 文世さんのようなイメージを持っています。
www.

小さくて、ちょこちょこ
動き回る、かわいいおじちゃん♪

いつ殺されるかわからない、
厳しい戦国時代に生まれながら、

ユーモアの精神も忘れない偉人。

すでに亡くなっている方ですから、
その方の事を心配しても、

どうにもならないんですが、

せめて、
自分の行くべき道を見極めて、
進んでいってもらいたいですね!!

 

 

ぽちっ!としてもらえるとうれしいデス♪

 

豊国廟についてはこちらから♪
秀吉の運玉について書いています(^▽^)/

豊臣秀吉の墓:豊国廟で秀吉さんから運玉の袋をもらいました♪

豊国神社
〒605-0931
京都府京都市東山区茶屋町
京都府京都市東山区大和大路通り正面茶屋町530

電話:075-561-3802

きゅろ

このブログの管理人、きゅろです。
スピリチュアルなことが大好きで、
小学生のやんちゃな娘と
私にとってのメンターで
がんばり屋な主人と
暮らす主婦です(*^^*)

この記事を読んで「いいな♪」と思ったら、
SNSでの拡散ブックマークの登録等、よろしくお願いします。

スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
京都の神社
スポンサーリンク
Twitter・Facebookでシェアしよう!
スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
スピリチュアルな習慣

コメント