「スピリチュアルな習慣」をSNSで応援しよう!
スポンサーリンク

仏像の種類:明王と天の見分け方のポイントはココ!

仏像

仏像が好きで、
特に、不動明王の躍動感が好き!
明王は他にどんな種類があるの?

数が死ぬほどある「天」は、見分け方は、
あるのかなぁ・・・

 

そうそう♪
(゚ー゚)(。_。)

「明王」軍団は、
不動明王だけでなく、
重要な明王だけでも5尊も居ます。
(^▽^;)

 

少し前に話題になった阿修羅は「」です。
大日如来・菩薩などと違って、

スタイルも様々・・・。

 

数が多すぎて紹介しきれませんが、
(^▽^;)

 

まずは概略だけ
紹介しますねー♪

 

スポンサーリンク

明王(みょうおう)

密教では、
如来をはじめ、菩薩も、

明王・天も全てが
大日如来の化身であり、
使者とされています。

だから、

明王は、人々を救うために
一生懸命努力しているんですね。

明王も種類が様々ありますが、

その中でも、
不動明王を中心とした重要な明王は5尊

五大明王ごだいみょうおう
と呼ばれています。

 

こういっちゃ非常に失礼なんですが、
明王族は、いろいろなスタイル・形があって、
本当に見てて楽しいです。(^^)

 

怒られそうなんだけど、
「守ってやる!!!」という
力強さも感じるんで、

大好きな仏様の一つなんですよね(^^)

 

 五大明王

    不動ふどう明王

    降三世ごうざんぜ明王

    軍荼利ぐんだり明王

    大威徳だいいとく明王

    金剛夜叉こんごうやしゃ明王

 

不動明王

梵語ではアチャラといい、
漢訳で「無動尊」。

これを漢字に訳すときに、
不動と訳して不動明王となったそうです。

 

大日如来の指令を受けて、
修行者を護るという役割を持っています。

背後に燃え盛る火焔かえん
右手に剣・左手に羂索けんさく
有り。

両脇に
矜羯童子こんがらどうじ
制多迦童子せいたかどうじ
脇侍きょうじに入れたり、

これらを含めた不動明王の眷属・
八大童子はちだいどうじを従えることもあります。

 

降三世明王

 

降三世明王ごうざんぜみょうおうはシヴァ神の化身、
もしくは金剛大日如来の化身という説もあります。
明王界のナンバー2

名前の由来は、無色界・欲界・色界の三界を
降伏するという意味。

眼は3つと手も3組。

足元になぜか
ヒンズーの神を踏みつけています。

印相は
両手の小指を結んでいます。

 

軍荼利明王

 

軍荼利明王ぐんだりみょうおう
軍荼利とは、
「甘露」や「甘い飲み物」と、
「とぐろを巻いた蛇」という意味があります。

煩悩をこれ以上ないというほど打ち砕き、
甘露を持って人々を助けようとしています。

 

身体には、名前の由来どおり、がまとわりつき、
印相は、親指と小指だけを折った形です。

手は8本あり

 

大威徳明王

 

大威徳明王だいいとくみょうおうには
戦勝祈願ができます。

何本もの手を持つ明王は数々あれど、
6本もの足を持つ明王はこれだけです。

走ると、こけそうですね・・・www

 

顔・腕ともに6つあり、
水牛にまたがっているのが特徴。

印相は、
中指をたてて、両指を組んでいます。
(ややこしい!!)(; ̄ー ̄A

 

金剛夜叉明王

 

金剛夜叉明王こんごうやしゃみょうおう

仏界の最強といわれる武器
金剛杵こんごうしょを持っており、

顔の中央に5つの目
6本の手。(^^;)

煩悩を退治し、
夜叉」は鬼神を意味します。

 

スポンサーリンク

 

天というのは、
仏教に帰依した、他宗教の神々の事なので、
ものすごい数があります。
(^▽^;)

こちらで一挙に紹介しきれないので、
いくつか、
数を選んで紹介してみますね。

〇〇天といった
帝釈天・弁才天・四天王など、
名称に「天」が付くものの他に

仁王・閻魔大王・阿修羅なども
含まれます。

 

梵天

梵天ぼんてん

原語ではブラウマンと呼ばれ
あらゆるものを創造し、
あやつる神秘の力を持った神です。

インドにおいて、
最高の力を持つとされ

帝釈天たいしゃくてんと共に
仏法を守護する神。

宇宙の最高原理を神格化したもの。

梵天の像の特徴は、
柔らかくて、厚みのある気品のある衣装を
着ており、

特徴的な王冠をかぶっています。

手には払子ほっす(仏具)や
を持つこともあります。

 

帝釈天

 

帝釈天たいしゃくてんは、もともとアーリア人の英雄神
インドラというインドの古い神様です。

 

帝釈天は、
悪事を見逃さないように
常に監視しています。

 

梵天と帝釈天とペアになって、
釈迦如来しゃかにょらい脇侍きょうじになっていることもあります。

帝釈天の妻は阿修羅の娘だそうです。
(*^^*)

 

衣の下に鎧を着こんでおり、
帽子のような宝冠をかぶってい
るところも
梵天と同じです。

 

金剛力士

 

仁王

金剛力士こんごうりきしとは

別名:仁王におう

お寺の山門に立つ2体1組の仏。

須弥山しゅみせん(仏教宇宙観で現わされた巨大な山)
から下界に降りた帝釈天が変身、

2体に分かれた仏が金剛力士です。

金剛杵こんごうしょを握り、
寺門に居座って、
常に魔物が入らないように見張っています。
(゚ー゚)(。_。)

口を開いているのが
阿形あぎょう像、

口を閉じて改心をうながすのが
吽形うんぎょう像です。

 

お寺に入るときに、
素通りしてしまいがちですが、

元が帝釈天と思うと、
きっちり
手を合わさないと・・・・と思いますよね
(^▽^;)

 

四天王

四天王してんのうとは、

帝釈天の配下。
仏教界の四方を護っています。

北方を護る、多聞天たもんてん
南方を護る、増長天ぞうちょうてん
東方を護る、持国天じこくてん
西方を護る、広目天こうもくてん
です。(^^)

 

四天王は、
鎧をまとい、悪魔を踏みつけているのが
特徴です。

この悪魔は天邪鬼あまのじゃくと呼ばれ、
煩悩を現わしています。

 

阿修羅

 

阿修羅あしゅらは、
ここ数年で、メディアにも紹介されて、
興福寺のものが話題になりましたね!
(゚ー゚)(。_。)

 

元はインドの神:アスラで、
読み方を日本語に変えて
「阿修羅」になったようです。

元々は正義の神でしたが、
帝釈天とよく戦闘していたようです。

そのためか、
人を許す慈悲心を失ってしまい、魔物化。

しかし、

あとになって、
お釈迦様の教えに感銘を受け、
仏法の守護神となったそうです。

 

鬼子母神

鬼子母神きしもじん

名前が恐ろしいので、
どんな由来があるのか、調べてみたら、
もともと、1万人くらいの大勢の子供が居て、
自分の子を養うために

他の子を食していたんだとか・・・。
(^▽^;)おいおいおいおい・・・

 

それを諫めるために
仏陀が一番可愛がっていた末の子供を
隠すと、

返してほしいと哀願。

 

仏陀は、子供を返してやり、
二度と、他の子を食べる事をやめるよう
改心させたため、

以後、仏教に帰依して仏教を守る神となったとか。
…(((;^^)

 

ちょっとコワイですが、
子供を1万人も生むくらいですから、
祈願すると、子宝に恵まれるそうです。

 

鬼子母神像は女性で、
右手にザクロ。

宝冠を冠り、
豪華な衣装をまとい、多くの子供に囲まれてるのが特徴です。

 

 

終わりに

とにかく、調べだしたら、
出るわ・・・出るわの、

明王と天。(>人<;)

 

京都にある東寺に行って、
数々ある仏様を鑑賞してきましたが、

本当に素晴らしいの一言に尽きます♪
(^^)
金堂にある「明王」群は、

  • 不動明王
  • 降三世明王
  • 軍荼利明王
  • 大威徳明王
  • 金剛夜叉明王

五大明王が揃っていますし、

それだけでも、圧倒されます!

 

それ以外にも、

大日如来・薬師如来菩薩

多聞天・梵天・持国天などの

「天」群も。

有名でお力のある仏様に
お目にかかりたいなら、
まず入門編として、

訪問されると良いと思います♪
(゚ー゚)(。_。)

 

もともとはインドの
ヒンズーの神様だったものが
仏教守護のために、
日本へ取り入れられたものが多いそうです。

 

年月を経る事に、
かなり形も変貌してきていると思いますが、

残っているという事は、
それだけ、
人々の信仰心を集めてきたという事ですから、

機会があれば、
どんどん、参拝して
お守りしていただけるよう祈願したいものですね。

 

ぽちっ!としてもらえるとうれしいデス♪

 

仏の種類:如来と菩薩の見分け方

はこちらから♪
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

仏像の種類:如来と菩薩の見分けのポイントはココ!
仏像の種類!如来と菩薩の見分け方のポイントの詳細を体験を交えて紹介しています。

仏の種類のまとめ記事

はこちらから♪

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

仏像の種類:まとめ!基本の4種類を把握する
仏像の種類のまとめ記事です。基本の4種類を把握すれば完璧です。詳細を体験を交えて紹介しています。

 

ぽちっ!としてもらえるとうれしいデス♪

 

きゅろ

このブログの管理人、きゅろです。
スピリチュアルなことが大好きで、
小学生のやんちゃな娘と
私にとってのメンターで
がんばり屋な主人と
暮らす主婦です(*^^*)

この記事を読んで「いいな♪」と思ったら、
SNSでの拡散ブックマークの登録等、よろしくお願いします。

スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
仏像
スポンサーリンク
Twitter・Facebookでシェアしよう!
スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
スピリチュアルな習慣

コメント