「スピリチュアルな習慣」をSNSで応援しよう!
スポンサーリンク

伊邪那岐(いざなぎ)とは?

神様一覧

 

伊邪那岐いざなぎは、
伊弉冉いざなみとともに
様々な神々を生んで、
黄泉の国まで愛する伊弉冉いざなみ
追っていった愛情深い神様です。

 

詳細を解説しますね

スポンサーリンク

伊邪那岐いざなぎとは?

神代七代の最後に生まれた双神のうち、
男の神を伊邪那岐いざなぎと言います。

 

女の神は伊邪那美いざなみです。

 

伊邪那岐伊邪那美です。

 

この頃はまだ国土が流れ漂っている状態でした。

 

伊邪那岐は、
天御中主神あめのみなかぬしのかみら天つ神に命じられて、
天沼矛あめのぬぼこで海をかき回して国土を創造します。

 

矛の先から垂れた潮が積もり
最初にできたのが淤能碁呂島おのごろじまです。

 

ここに降り立った
伊邪那岐と伊邪那美は、
八尋殿やひろどのを建て、
伊邪那岐と伊邪那美は婚儀を行います。

 

契りを交わした後、
最初に生まれたのが「水蛭子ひるこ」です。

 

これは不具であったため、
葦の船で流されてしまいます。

次に生まれたのが
淡島あわじしま」ですが、
これも子と言えるものではなかったのです。

 

そこで、二柱の神は天つ神のところに行って、
意見をうかがいます。

 

先の子らのときは、
女が先に言ったのが良くなかったので、
還って言い直しなさい

と言われるのです。

 

そして、また降りて戻り、
男から声をかけて交わると、
淡路之穂之狭別島あはぢのほのさわけのしま淡路島)ができました。

 

この後、淡路島、四国、陰岐島、
九州、対馬、佐渡島、本州
次々に産んでいきます。

 

さらに、海、山、土、
水、風、木など、
自然をつかさどる神々や
住居、生産に関する神々を産んでいきます。

 

最後に火之迦具土神ひのかぐつちのを産んだ時に
陰部に火傷をおったことが元となり、
伊邪那美が命を落とします。

 

伊邪那岐は、
怒りに任せてこの神を斬り殺してしまいます。

 

その後、伊邪那岐は、
黄泉国に隠れてしまった
伊邪那美を迎えに行きます。

 

そのときすでに
黄泉の食べ物を口にしていた伊邪那美は
地上に還ることはできないので、
はじめは断りますが、
伊邪那岐はあきらめません。

 

伊邪那美は伊邪那岐に決して
覗いてはいけないと約束をし
黄泉つ神と話し合うことにします。

 

この約束を伊邪那岐は破り、
覗いてしまいます。

 

そこには、腐った体に蛆がはっているという
変わり果てた伊邪那美の姿を目にしてしまいます。

 

恐ろしくなった伊邪那岐は、
あわてて地上へと逃げ帰るのです。

 

途中、追いかけてきた八雷神やくさいかづちのかみらに
葡萄、筍、桃の木の実を投げつけて
何とか地上へ戻ってきます。

 

黄泉国と地上との境である
黄泉比良坂よもつひらさかの地上側の出口を
大岩でふさいで、
追ってきた伊邪那美に離縁を言い渡します。

 

伊邪那岐は
黄泉国の穢れを落とすためにを行います。

 

このとき、左目を洗うと天照大御神あまてらすおおかみが産まれ、
右目を洗うと月読命つきよみのみことが産まれ、
鼻を洗うと建速須佐之男命すさのおのみことが産まれます。

 

この三貴子にそれぞれ
天、夜、海を託した後、
伊邪那岐は淡路島に籠もり
姿を現さなくなっています。

ぽちっ!としてもらえるとうれしいデス♪

きゅろ

このブログの管理人、きゅろです。
スピリチュアルなことが大好きで、
小学生のやんちゃな娘と
私にとってのメンターで
がんばり屋な主人と
暮らす主婦です(*^^*)

この記事を読んで「いいな♪」と思ったら、
SNSでの拡散ブックマークの登録等、よろしくお願いします。

スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
神様一覧
スポンサーリンク
Twitter・Facebookでシェアしよう!
スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
スピリチュアルな習慣

コメント

タイトルとURLをコピーしました