「スピリチュアルな習慣」をSNSで応援しよう!
スポンサーリンク

瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)とは?

神様一覧

瓊瓊杵尊ににぎのみこととは
古事記でいう天孫降臨てんそんこうりんの話で有名な神様です。

スポンサーリンク

瓊瓊杵尊とは

 

 

瓊瓊杵尊ににぎのみこととは、
天照大神あまてらすおおかみから
地上へ降りて治めなさいと命を授かり、
その命に従って
地上へ降り日本を治めた神様です。

 

天孫降臨てんそんこうりんの地として
宮崎県高千穂
鹿児島県霧島の山頂に刺さった
天逆鉾などが瓊瓊杵尊ににぎのみこと
ゆかりの地でもあります。

今回、瓊瓊杵尊ににぎのみこと
どのような神様かお話をしようと思います。

 

地上に降り立った瓊瓊杵尊

 

地上に降り立った瓊瓊杵尊ににぎのみこと
大山祇命おおやまつみの娘、
木花開耶姫このはなのさくやびめを妻に娶りました。

 

その際に、
姉の石長比売いわながひめもと
大山祇命おおやまつみに言われましたが、

容姿を理由に実家へ返してしまいました。

 

また、木花開耶姫このはなのさくやびめが懐妊した時も、
自分の子供ではないと疑って
妻を怒らせてしまったりと、
自己が強めな性格の神様なのかもしれません。

 

天照大神あまてらすおおかみの元にいた時は
父の天之忍穂耳ふあめのおしほねのみこと)の身勝手な行動の為か、
瓊瓊杵尊ににぎのみこと
父に与えられた命を変わりに受け、
地上に下るという大役を
引き受けた素直な神様と印象がありました。

 

しかし、
地上に降りてからの逸話には
好き嫌いの葉きりしている性格の神様
というように少し変わる
ともいます。

 

この性格の変化については
高天原にいたころは
自分よりも高位の神様が多くいて、
そこまで威厳を示したり、
しっかりしなければならないといった事が
少なかったのかもしれません。

 

しかし、
地上に降りてからは
自分が地上を平和に治めなければならないという
立場の違いから、
自己が発達したのではないのかな
と考えます。

 

現代で例えると、
企業のトップでもそうですが、
素直で良い人では会社を発展させることも
守ることもまとめることもできません。

 

企業は人の集まりですから、
自分が何をしたいのかはっきりと言える、
示せる事が大変重要
です。

 

瓊瓊杵尊ににぎのみことに関しても、
地上に降りてから責任を感じて、
自分の考えていることをはっきりと
周りに示すようになったのか
と思います。

 

ただ奥様に対しては
ちょっと言いすぎなような気もしますが。
(;´Д`)

 

スポンサーリンク

終わりに

 

瓊瓊杵尊ににぎのみこと大国主おおくにぬしに代わって
地上を治めるために、
外界へ降りて地上を治めた神様です。

 

そのことからも、
国家安泰、家内安全、
五穀豊穣、畜産振興、
厄除け、富貴繁栄

6つのご利益がある神様と言われています。

 

国家が安泰であるためには、
実りがあって、
国民が平和に暮らせることが第一という事です。

 

また天皇家の祖先でもあると言われていて、
皇統の祖神という神格も持っている神様です。

 

今日の日本があるのも、
瓊瓊杵尊ににぎのみこと天照大神あまてらすおおかみの命を受けて
地上に下って外界を治めたから、
私たちが平和に暮らせる日本がある
のです。

 

そういった意味では瓊瓊杵尊ににぎのみこと
この政界を初めて統治し、
今日の日本の礎を築いた神様であると言えます。

 

ぽちっ!としてもらえるとうれしいデス♪

きゅろ

このブログの管理人、きゅろです。
スピリチュアルなことが大好きで、
小学生のやんちゃな娘と
私にとってのメンターで
がんばり屋な主人と
暮らす主婦です(*^^*)

この記事を読んで「いいな♪」と思ったら、
SNSでの拡散ブックマークの登録等、よろしくお願いします。

スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
神様一覧
スポンサーリンク
Twitter・Facebookでシェアしよう!
スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
スピリチュアルな習慣

コメント

タイトルとURLをコピーしました