「スピリチュアルな習慣」をSNSで応援しよう!
スポンサーリンク

引き寄せの法則とは?夢を具体的にイメージすると神様が助けてくれます!

引き寄せの法則

引き寄せの法則って何?

誰しも幸せになりたいと望んでいます。

 

でも「幸せ」は人それぞれ違うです。(゚ー゚)(。_。)

 

結婚して幸せな家庭を持ちたい人。
起業して事業を成功させたい人。
世界を旅してみたい人。

 

それぞれ望むものは違いますが、
それに向けてあなたも努力をしていますよね(*^^*)

 

そうはいっても、
中々望むようにならなかったり、
挫折しそうになったりして・・・^^;

 

そんな時は「引き寄せの法則」を使って、
あなたにとって良い環境、
展開を引き寄せてみませんか?

 

スポンサーリンク

引き寄せの法則とは?

 

引き寄せの法則とは
自分の望む結果を引き寄せることを言います。

 

ですから、
あなたが将来は
幸せな結婚をしたいと思えば、
その結果を引き寄せる。

 

事業を成功させたいと思えば
事業を成功させた結果を
引き寄せる法則なのです。

 

これだけ聞けば、
なんておいしい話だろうと思いますが、
まずは現状をしっかり
理解することが大切です。

 

現在自分を取り巻く環境、
状況もすべて引き寄せの法則によって、
成り立って
います。

 

ようするに、

今ある環境は自分自身が
招いた結果であるという事

しっかり理解しなければならない、
という事ですね。

 

もしも自分が悪い環境にいるのであれば、
もう一度、
自分の考え方を改めることが必要です。

 

人は悪い環境に居れば、
妬み、恨み、不満が出ます。

 

それがまた悪い環境を引き寄せ、
ますます悪い環境に
なっていってしまいます。

 

類は友を呼ぶ」という
言葉がありますが、
まさしくそれです。^^;

 

自分の置かれた環境、
状況をしっかりと理解することで、
どうしなければならないのかが見えてくるはずです。

 

スポンサーリンク

引き寄せの法則の方法

 

まずはなりたい自分を
明確にイメージします。

 

 

何年後にどのようになっていたいか、
漠然とではなく、
なるべく具体的
イメージをすることが大切です。

 

幸せな光景をワンシーン
思い浮かべるだけでいいんです。
(*^^*)

 

それだけで気分がよくなりますし、
いつかそれが現実になると
心の奥底で確信するというか、
神様を信頼するんです。

 

すぐ叶わないとしても
いつか叶うと思う事が
肝心なんですね(*^^*)♪

 

あとは周りに影響されないという事が大切です。

 

自分は自分」何を言われても、
どのような環境下でもブレずに
やっていく事が大切
です。

 

あとはタイミング。

 

環境が整えば、
神様はその時期に
本当に簡単に夢を叶えてくださいます。

 

自分もその流れにのって努力をすれば
前進していく事につながるんです。

 

意識的に努力するのと違って
流れにのって
努力していくというのが正しいでしょうか。

 

成功する人を見ると
自然とチャンスが巡ってきて
成功を引き寄せているように見えますが、
それはちょっと違うんです。

 

なりたい自分を
具体的にイメージすることで、
自身で環境流れを生み出し、
それに上手く乗っかっているといえば
近いでしょうか(*^^*)

 

またやってくるチャンスも
自然とアンテナを高くしているので、
来たことを察知して掴むことが出来るだけであって、
何も特別なのではありません。

 

誰しもがチャンスに
巡り合っているはずですが、
チャンスが来ていることを
わからず
終わってしまっている人がほとんどなのです。^^;

 

スポンサーリンク

終わりに

 

なりたい自分を常に
思い描いているかと言われれば、
中々難しいと思いますが、
それがなりたい自分への近道なのです。

 

夢に近づくためには
神様に助けていただくのが、
最適な方法なんですね。

 

常にポジティブ
前を向いて生きていきましょう。\(^o^)/

 

すべてはあなた次第です。

 

ぽちっ!としてもらえるとうれしいデス♪

きゅろ

このブログの管理人、きゅろです。
スピリチュアルなことが大好きで、
小学生のやんちゃな娘と
私にとってのメンターで
がんばり屋な主人と
暮らす主婦です(*^^*)

この記事を読んで「いいな♪」と思ったら、
SNSでの拡散ブックマークの登録等、よろしくお願いします。

スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
引き寄せの法則
スポンサーリンク
Twitter・Facebookでシェアしよう!
スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
スピリチュアルな習慣

コメント

タイトルとURLをコピーしました