「スピリチュアルな習慣」をSNSで応援しよう!
スポンサーリンク

カルマの法則で離婚の意味は?前世での自分の行為を考える

カルマの法則

カルマの法則と離婚って
どんな関係があるの?

 

幸せな結婚を夢見て結婚をしたものの、
こんなはずじゃなかったと
離婚をする方いらっしゃいます。

 

付き合っているときと、
家庭を持った時では環境も大きく変わり
小さな行き違いが
やがて離婚へとつながる場合もあるんですよね。

 

こういったケースもカルマの法則が
大きく関係
しています。

 

今までの自分の行い、
前世での因果
色々な要因があって現在の状況を
作り出しているのです。

 

スポンサーリンク

カルマの法則で離婚を考えてみる

 

一言に離婚と言っても円満な離婚、
そうでない離婚、
色々あります。

 

離婚と聞くと悪い印象を持つ方が多いと思いますが、
スピリチュアル的な見解では
自身にとって必要な離婚もあるので
すべてが悪いわけではない
んですね。(*^^*)

 

私も実は、バツ一で、
だいぶ昔になりましたが(笑)
離婚を経験しました。

 

離婚した事によって、
私の家庭に深い理解を示してくれた今の主人と
めぐりあい、再婚\(^o^)/

 

前の結婚でも
とても重要な勉強をさせていただいた
と思っています。

 

円満な離婚の場合、
結婚生活の中で
あなたが行わなければならなかった
過去のカルマが解消されて
離婚に至ったと考えてよい
でしょう。

 

あなたは一つ現世での役目を終えたのです。

 

スポンサーリンク

離婚でのカルマの解消

 


逆に恨みつらみの残る
離婚の仕方をする人は
カルマの解消が出来ずに
離婚をしてしまった
と考えます。

 

よくあるのが、浮気での離婚がありますが、
これは相手に対して自分が浮気をしていて、
その仕返しに現世で
相手が自分に対して浮気をしているとも考えられるんです。

 

仏教の世界では輪廻転生
修行を重ねています。

 

記憶になくても魂は覚えていて、
こうした状況を作り出し
ます。

 

ではどのようにしたらよいのか
という事になりますが、
前世から続き
カルマを早く解消すること
をしてください。

 

今世でも同じようなことをしてしまうと、
来世でも同じことが起こります。

 

もしも、浮気をされたら、
怒って当然ですが
まず、相手を許すことをしましょう。

 

嫌だ!ムカつく!となると、
色々な感情が湧きますが、
感情のままに行動してしまうと
結果は変わらずに終わって
しまいます。

 

そうではなく、
形だけでもいいので、相手を許す
チャンスを与えるように心がけてください。

 

そうする事であなたの魂は
一つレベルアップすることになります。

 

私たちの生きる世界は
魂の修行の場所でもあるのです。

 

あなたの周りに起こることは
全てあなたが原因で起こっています。

 

大切なのはその環境を恨むのか、
それとも受け入れて自分らしく生きていくのか、
そこが大きな分かれ道
になります。

 

スポンサーリンク

終わりに

 

誰しもが幸せになりたくて生きています。

 

仕事を頑張ったり、
勉強を頑張ったりします。

 

ですが、どうしようもないことも起こります。

 

それが起こったときに
あなた自身がどのような対処をするのか、
そこが試されているときであり、
修行神髄
なのです。

 

離婚もそうですが、
するにあたっては
たくさんの労力と時間を費やします。

 

大変なことです。

 

その経験をするときにあなたが何を思うのか、
どう行動するのか、
そこを見られて
います。

 

ですから、
結果がどうであれ
過程がどうであったかという点を気にしましょう。

 

先にも書きましたが、
生きていれば負の感情を抱く事もたくさんあります。

 

それを受け入れて、
対処していくのが人生という事ですね(*^^*)

 

あとから後悔をしても後の祭りです。
すべてはあなた自身です。

 

幸せをつかむために頑張っていきましょう。

 

ぽちっ!としてもらえるとうれしいデス♪

きゅろ

このブログの管理人、きゅろです。
スピリチュアルなことが大好きで、
小学生のやんちゃな娘と
私にとってのメンターで
がんばり屋な主人と
暮らす主婦です(*^^*)

この記事を読んで「いいな♪」と思ったら、
SNSでの拡散ブックマークの登録等、よろしくお願いします。

スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
カルマの法則
スポンサーリンク
Twitter・Facebookでシェアしよう!
スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
スピリチュアルな習慣

コメント

タイトルとURLをコピーしました