「スピリチュアルな習慣」をSNSで応援しよう!
スポンサーリンク

風水で玄関に観葉植物をおく効果は?どんなものを置くのが良い?

風水

観葉植物って玄関に置いて
風水で効果があるの?

 

観葉植物をインテリアに取り入れる方って多いですよね。

 

あなたも好きなんですか?(^o^)

 

植物が身近にあると
どこか殺風景な部屋も暖かい印象になったり、
雰囲気をガラッと変えてくれますよね♪

 

スピリチュアル的にも
植物の持つ力は計り知れ
ません。

 

私たち人間もずっと
植物と一緒に生きてきました。

 

今回は玄関に観葉植物を
置くというテーマで話をしようと思います。

 

スポンサーリンク

玄関に観葉植物を置こう

 

あなたの玄関には観葉植物はおいてありますか?

 

置いておくと
部屋のエネルギーを浄化するのでオススメなんですよ\(^o^)/

 

玄関に置く観葉植物は
基本、日陰~半日陰
生育が可能な植物を選ぶと良いでしょう。

 

玄関は気や神様が出入りするところであります。

 

植物には
良い気を家の中に招き入れ、
悪い気は弾き飛ばしたり、
浄化したりといった強い力
があるんです。(^o^)

 

昔から日本でも鬼門には
ひいらぎ南天なんてんを植えるとよいと言われてきましたが、
それも風水に基づいた考えと言っていいでしょう。

 

柊のとげが鬼の目を潰すとか、
桃太郎が鬼を退治したことから
鬼は桃の木が苦手とか
色々な逸話があるように
植物には悪い気を退ける力があるんです。

 

観葉植物を玄関に飾ることで
家の玄関の雰囲気をガラッと
変えることもできます。

 

間違ってもプリザーブドフラワーなどは
飾らないようにしてください。
確かにレトロでおしゃれではありますが、
生きている植物ではありません。

 

玄関に置くには場違いという事を
覚えておいてくださいね(*^^*)

 

スポンサーリンク

どんな観葉植物がいいの?

 

観葉植物と言っても
色々な種類があります。

 

好きなら、どんどん置きたいと思いがちですが、
あまりたくさん観葉植物を置くのは、
良くないんですね。^^;

 

自然霊の働きが強すぎるということ。

 

過ぎたるは猶及ばざるが如し、という訳です。

 

多くても大きい鉢植えのものが1つ

 

小さい観葉植物なら4つぐらいがベター。

 

選ぶのに困ったりする方も
いらっしゃるかと思いますが、
気にするべきは次の2点。

 

それは
生育環境に自分の家の玄関は適しているのか」と
自分の好きなものであるか」です。

 

植物が育ちやすい環境でなければ
弱ったり、枯れてしまいます。

 

弱ったり、枯れてしまっては
植物が私たちの運気を
助けてくれることはありません。^^;

 

環境がマッチしているのか確認することが必須です。

 

そして自分の好みであるという事。

 

観葉植物も愛情をこめて
お世話をしなければ枯れてしまいますし、
力を私たちに貸してくれません。

 

毎日水を上げるという事まではしませんが、
話しかけてあげたり、
お世話をしたり、
感謝したりというのは必要なことです。

 

私たちも人から感謝されたり、
話しかけられたりするとうれしいですよね。

 

それと同じなのです。
ですから、愛情をもって
お世話することのできる植物を
選んであげることが重要です。

 

終わりに

 

植物も人間も同じ生き物です。

 

一つの命という意味では
対等な関係を築かなければいけません。
困ったときにだけ、
助けてほしいとお願いするのではなく、
日ごろから植物と良い関係を築くことが大切なのです。

 

玄関に飾る観葉植物ともなれば
家を守るためにすごく頑張ってくれるはずです。

 

それに私達が気付いて
感謝をしてあげなければ植物も嫌になってしまいます。

 

スピリチュアルな意味から言っても
生きとし生けるものすべてに共通する事であると思います。

 

求める前に与えることをしなければ、
私たちの人生うまくいかないのかもしれません。

 

 

ぽちっ!としてもらえるとうれしいデス♪

 

きゅろ

このブログの管理人、きゅろです。
スピリチュアルなことが大好きで、
小学生のやんちゃな娘と
私にとってのメンターで
がんばり屋な主人と
暮らす主婦です(*^^*)

この記事を読んで「いいな♪」と思ったら、
SNSでの拡散ブックマークの登録等、よろしくお願いします。

スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
風水
スポンサーリンク
Twitter・Facebookでシェアしよう!
スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
スピリチュアルな習慣

コメント

タイトルとURLをコピーしました