「スピリチュアルな習慣」をSNSで応援しよう!
スポンサーリンク

京都 護王神社!ご利益は足腰!イノシシは神の使い?

京都の神社

護王神社ってイノシシがいっぱいいるってほんと?
ご利益は足腰?

 

私もイノシシが居る神社なんて
はじめて知りました。

 

足腰に悩み事があるんですか?

 

じゃぁ、一度、
参拝してみることをオススメします(*^^*)

 

お守りはとっておきのものを紹介しますね。

それではいってみましょう~

 

スポンサーリンク

護王神社での私のスピリチュアル体験

 

この護王神社は、
私の主人が「オススメの神社やで」といって、
私を連れて行ってくれた神社なんです。

 

境内に入ると、たくさんのイノシシたちが私達を迎えてくれました。

 

 


なんだか、ほんわかとした
いいムードが漂っているなぁ~♪と思っていたら、

 

突然、とてもうれしい出来事があったんです。

 

境内にはいってすぐ、
黒アゲハ蝶が、
私の側に来てくるくるからむように飛び回りだしました。

 

うわっ・・・・!!!
ラッキー!!!

 

大感激とはこのこと♪

 

境内でやってくる蝶などの生物は
神様の歓迎の気持ちを現しているとのこと。(*^^*)

 

これはさくら識日記の桜井識子さん
書かれている事で、

 

特に蝶は歓迎度が高いんだそうです。

 

守護神である和気清麻呂公なんでしょうか?
お話が聞けたらいいのに・・・・と切に思いました。

 

まったく知らない方だったので、
まず、歴史的事実から調べてみる事にしました。

 

スポンサーリンク

護王神社とは?

京都市上京区にある神社です。
主祭神は、和気清麻呂わけのきよまろと、
姉の和気広虫わけのひろむし

 

二人は慈愛に満ちた非常に仲の良い姉弟でした。

 

清麻呂は後に
淀川と神崎川を直結させる工事を行い、
平安京への物流路を整備に取り組むという大事業も行ったり、

 

水害を防ぐための工事も行っていたようです。

 

 

ただ、一番彼の功績で有名なのは、
弓削道鏡ゆげのどうきょうの陰謀を暴くというものなんですね。

 

和気清麻呂とイノシシの伝説

 

 

時代は奈良時代の末。
聖武天皇の娘である称徳天皇しょうとくてんのうのお気に入りだった、
弓削道鏡ゆげのどうきょうという僧侶がいました。

 

彼は称徳天皇の後ろ盾もあって、
僧侶の身分から法王になるまで出世していました。

 

法王は天皇の次の位ですから、
道鏡は、当然のように、天皇の地位を狙っていたわけですね。

 

道鏡は、九州の宇佐八幡の神から
「天下太平の世にするために、私を皇位につかせるように」と
神託があったと告げます。

 

不審に思った天皇は、
和気清麻呂わけのきよまろ
宇佐八幡の大神に
事の真意を確かめてくるように告げるんです。

 

結果的に、
それは、嘘で道鏡の野望は打ち砕かれるのですが、

 

おかげで和気清麻呂は、道教の陰謀によって、
鹿児島にある大隅国おおすみのくにに流されてしまいます。

その道中、

なんと刺客に襲われてアキレス腱を切られてしまったそうです。

 

清麻呂の一行が福岡県豊前国ふぜんのくにに差し掛かった際、
300頭イノシシが現われて、道のりを案内して、
どこかに去っていったという伝説があります。

 


気麻呂公は、足の痛みも治ったというところから、
その後、イノシシは神として、祀られることになったそうです。

 

護王神社のイノシシ

 

そんなわけで、護王神社には、
和気清麻呂公を守ったとされる
イノシシがたくさんいる訳ですね。(*^^*)

 

それらに本当に、神様・眷属が入っているのか、
確かめようがないのですが、

 

護王神社のご利益は、
足腰という事で、
参拝されている方もたくさんいらっしゃいました。

 

 

どうせなら、
護王神社の気を家でも感じていたいと思ったので、

社務所で、いろいろなお守りを探したんです。
その中で、

これだ!!

と感じた物があったので、紹介しますね。

 

護王神社のお守り

 

 

ご神樹という物は、
お守りよりも効果がある!
と識子さんも書かれていて、

 

私が参拝して、いいなぁ・・・。と感じた神社では、
まず、ご神樹を探すのですが、
こちらでも、
あったので、購入しました(笑)

 

以前は、奈良の大神神社のご神樹を購入し、
部屋の中に置こうと思ったのですが、
大きすぎて、不可能だったため、
茎を切って
花瓶にいけ、テーブルの上に飾っていたんです。

 

これがものすごいオーラを放っていて、
神様に守って頂いてる!と毎日、感じる事ができました。

 

今回も、こんなオーラに包まれるように・・・。
テレビの前に飾って、撫でています。(笑)

 

スポンサーリンク

護王神社の御朱印

 

 

護王神社の御朱印です。

 

こちらも、参拝者が多い割には、
社務所ですんなりともらう事ができました(笑)

 

スポンサーリンク

護王神社へのアクセス

護王神社
〒602-8011
 京都府京都市上京区桜鶴円町385 烏丸通 下長者町下ル
075-441-5458

 

【車でのアクセス】

大阪から
名神高速道路 経由で約60分
第二京阪道路経由で約60分

 

京都から
烏丸通 経由で約10分

 

【電車でのアクセス】

大阪から

JR東海道・山陽本線
大阪駅-京都駅 約50分

京都駅-烏丸線 丸太町駅 約8分

徒歩10分

 

【駐車場】

駐車場はなんと、境内に沿って
こんな感じであるんです。(*^^*)

便利ですよね♪

 

ぽちっ!としてもらえるとうれしいデス♪

 

きゅろ

このブログの管理人、きゅろです。
スピリチュアルなことが大好きで、
小学生のやんちゃな娘と
私にとってのメンターで
がんばり屋な主人と
暮らす主婦です(*^^*)

この記事を読んで「いいな♪」と思ったら、
SNSでの拡散ブックマークの登録等、よろしくお願いします。

スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
京都の神社
スポンサーリンク
Twitter・Facebookでシェアしよう!
スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
スピリチュアルな習慣

コメント