スポンサーリンク

狛犬とは?阿吽の位置とシーサーから見る歴史的背景!

狛犬・シーサー

狛犬はなぜ、口を開けているのと
閉じているのがあるの?

シーサーと狛犬は同じもの?

 

神社に参拝したら、
必ずいらっしゃるのが狛犬(*^ω^*)

 

狛犬がなぜ、左右で違うのか?

 

沖縄のシーサーと関係あるのか?
ご興味がありますか?

 

狛犬の歴史を見ていくと、
それがわかるんです(^▽^)/

狛犬が好きな私は、
がんばって調べてみましたよ~。

それではいってみましょう~

スポンサーリンク

狛犬とは?

狛犬とは神社仏閣に奉納された
守護獣像で
魔除けの役割を持つ空想上の動物です。

 

私たちが参拝する神社・仏閣には
狛犬は左右1対づつて鎮座されていますね。( *´︶`*)

 

これらの狛犬は、
もともとは左右別々の霊獣とされており、
それぞれ向かって左側が「獅子」。
右側が「狛犬」と呼ばれていました。

 

左側の獅子のみが角があります。(角がない物もある)

 

狛犬の左右:阿吽の位置

もうひとつ、
狛犬のスタイルとして、
欠かせないのが口の形。

 

右側の口を開いたものを「阿形:あぎょう」、
左側の口を閉じたものを「吽形:うんぎょう」といいます。

 

これは、サンスクリット語(古代インド語)に由来したもので、

は、字母(じぼ)の初韻
は、字母の終韻を表すんです。

つまり、

インド哲学では
この2つで万有の原理
表現している、とされているのです。

 

よく、「阿吽の呼吸」といいますが、
双方ばっちり息のあった様子をいいますよね(⌒∇⌒)

 

もう一つ、

 

狛犬と獅子がこのスタイルなのは、
実は、寺院にある仁王像
その由来を見る事ができるのです。

 

あなたがお寺に行くと、
正面の山門の左右に仁王像がいらっしゃいますよね。

 

こちらも、阿吽の形式
鎮座されているいのです。

今でこそ、神社には狛犬、お寺には仁王像という形式が
定着していますが、

 

明治初期に廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)が
行われる以前には、
神社にも、仁王像がありました。

 

明治以前の神仏習合時代には、
神社のご祭神は仏教の本地仏(ほんじぶつ)が
仮に姿を現したもの

と考えられていたんです。

 

だから、

本地仏を守護する仁王を基にして
御祭神を守護する獅子や狛犬も
阿吽の表情をする事になったと
考えられるのです。

そして、
この阿吽の表情は、
中国の神仙思想につながるもので、
神聖な霊気を発していると伝えられ、

 

霊獣とされた獅子と狛犬にふさわしいものと
考えられたそうです。

 

ところで、
狛犬は本土で、
沖縄ではシーサーがありますが、

これはなぜなんでしょう?

 

スポンサーリンク

狛犬とシーサー

狛犬はもともと獅子
中国の獅子は、
仏教と共に朝鮮半島を経て伝わったとされているんですね。

 

狛犬の役割は、神社などの神聖な領域を守護する事。

そして、
沖縄のシーサーといえば、
屋根・建物の門・村落の高台などによくちょこんと
おいてあるという印象があります。(*^ω^*)

つまり、

魔除けの意味あいがあるんですね。

 

シーサーは中国から伝わり、
シーサーとは
沖縄方言の呼び名です。

 

漢字で書くと「獅子」になります。( *^艸^)

 

狛犬は朝鮮半島から伝わったもので、
左と右一対で「獅子狛犬」と呼ばれていました。

 

シーサーは屋根や門、集落の入口に魔除けとして。

獅子狛犬は
神社やお寺の境内に守り神として設置
されたんです。

沖縄でも、初めてお寺が建てられた時に狛犬も作られました。

 

シーサーと狛犬の使い方を区別したか、
別物として扱われたんでしょうね。

 

区別はされましたけど、

狛犬もシーサーも
元は同じものと考えられていたという事。

 

沖縄では、呼び方と使い方が異なるだけ、
という事です。

狛犬とシーサーは「獅子

じゃぁ、中国の狛犬(シーサー)は
一体どこから伝わってきたのでしょうか?

実は、その起源はかなり古く、
古代オリエントのライオンである、
との説があります。

 

狛犬の歴史

古代オリエントメソポタミア
エジプトというと、
私たちは歴史でちょこっと習っただけの
太古の昔ですよねwww

 

ほんまにそんな遠い所の思想が関係あるんかいな?
と思います。

 

ライオンといえば、獅子。
エジプトや古代オリエントで
権威や王権のシンボルとされました。

それが、インドの仏教芸術に伝わり、
仏教の伝来とともに、
中国の霊獣の唐獅子となって、

やがて奈良時代の日本に伝えられたんだそうです。

 

だから、実際は、
狛犬は中国から伝わったと考えるのが適当かと思います。

 

伝わったはじめは、
宮中で金属製の置物だったのですが、

やがて仏工等によって
木彫りで造られるようになり、

日本独自の
獅子や狛犬という形態に変化していった訳ですね。

終わりに

狛犬と一口でいっても、
さまざまな形態のものが存在します。

 

食ってかかりそうな恐ろしい形相のものから、
アニメのキャラクターみたいにかわいいものまで。

 

面白いので、これからしばらく
狛犬について、記事をアップしていきますね。

 

ぽちっ!としてもらえるとうれしいデス♪

 

コメント