スポンサーリンク

御香宮神社とは?御香水は万病に効くスピリチュアルパワーを感じる!

京都の神社

病気平穏のご利益のある神社はどこ?
万病に効く御神水がいただける場所は?

 

私ももうずっと、下半身のだるさが
取れなくて、

 

あちらこちらの病院に行きまくりましたけど、
一向によくならず、
悩んでいた時期があったんです(´;ω;`)

 

でも、

神様のお導きがあって、
状況は改善しつつあるんですよ♪

 

御香宮神社(ごこうのみやじんじゃ)は、

万病に効くとされる御神水が
いただける神社として
有名なパワースポット
です。

 

伏見に行かれる機会があるなら、
一度、寄ってみてはいかがでしょう?

 

詳細を解説しますね♪

スポンサーリンク

御香宮神社とは?

御香宮神社(ごこうのみやじんじゃ)は
伏見地区の産土神(うぶずなかみ:その土地を守る神様)で、
主祭神は 神功皇后(じんぐうこうごう)です。

 

 

その他、
仲哀天皇・宇倍大明神・
河上大明神・白菊大明神・應神天皇

仁徳天皇・ 菟道稚郎子尊・
瀧祭神・高良大明神
を祀っています。

 

特に 神功皇后は、
妊娠したまま、朝鮮半島にある新羅に出兵し、
勝利を得たのち、無事に応神天皇を出産したため、
安産の神様で子育てのご利益があるとして、信仰されました。

 

ですから、
参拝される方は、

安産祈願お宮参りなど、
祈願される方が多いそうです( *^艸^)

 

創建当初は御諸神社(みもろじんじゃ)と呼ばれていましたが、
平安時代(貞観四年)に、
この境内から
香りの良い水が湧き出たそうです。

 

 

そこで
時の天皇、清和天皇によって、
御香宮:(ごこうのみや)」と
名付けられたとか。

特にこちらの御香水(ごこうすい)は、
徳川御三家の義直・ 頼宣・ 頼房
産湯に使ったという事で、
全国的に有名になったんですね♪

 

それだけご利益のある水という事なのでしょう( *´︶`*)

 

スポンサーリンク

御香宮神社の御香水

まずはその御香水を味わってみたい!
と強烈に感じていたので、

本殿に手を合わせて、
神様にご挨拶してから、

その左横にある御香水の側まで行きました。

 

 

こんな感じです。(o^―^o)

 

竹筒から、「ちょろちょろ・・・」と流れ出る水を
自由に飲んだり、

自分で持参した容器(ペットボトルなど)にそこから
汲み取れるようです。

こちらの御香水は京都市南部にある伏見区の一地区の
伏流水(ふくりゅうすい)なんですね。

 

伏見と言えば、日本有数の酒どころとして
全国的にも有名。

 

 

伏見は、「伏水」とも書かれ、
桃山丘陵が、水脈となり、
湧き水なって山麓近くに出てきます。

御香宮神社の御香水も
この水と同じ。

 

日本の名水百選にも選ばれており、
万病に効く
と伝えられています。

 

神様のお恵みをいただきたかったので、
ひしゃくに救って、一口だけいただきました。

 

この時は残念ながら、
味までは把握できませんでしたが、
こちらで有名な水占いをやってみました。(笑)

 

これは一見、真っ白な
おみくじを社務所で購入して、
それを御神水の水で
濡らすと文字が浮き出て読めるというもの。

 

<やり方>

    1. 社務所で200円を払う
    2. 御神水の竹筒から指で水を取る
    3. おみくじを指でそっと濡らして、
      文字を読む

社務所200円を払って、やり方を聞きました。
御神水がしたたる竹筒に直接おみくじを当てると、
文字がにじんで見えないそうです。

 

だから、

 

竹筒から指で水を取って、
指で濡らして、おみくじを読みます。

 

私もさっそくやってみました(⌒∇⌒)
結果は・・・・

中吉でした(笑)

 

御香宮神社の境内

境内には、1605年(慶長10年)に
徳川家康によって建立された本殿や
水戸黄門の父である
初代水戸藩主徳川頼房の寄進で建立された大手門
などがあり、これらは重要文化財に指定されています。

 

歴史好きな方には、見ごたえがありますよね(笑)

 

 

 

また

御香宮神社は

鳥羽伏見の戦いで、
新政府軍(薩摩軍)の本営が置かれた事でも有名です。

 

 

今「西郷どん」で話題の西郷隆盛
こちらに居たかと思うと、
興奮しますよねぇ~(笑)

 

御香水を楽しんで、歴史に触れる・・・。

最高にぜいたくな時間を
味わえる御香宮神社なのでした。(笑)

 

スポンサーリンク

御香宮神社の御朱印

御香宮神社の御朱印です。

こちらも、水占いがいただける
社務所で300円で書いていただけます。

 

 

流れるような筆使いで、
こういう書き方をしていただけると、
参拝したかいがあったなぁ~♪
なんて、思えるんじゃないでしょうか?(笑)

 

 

↑こちらの御朱印は、3月~9月まで
期間限定でいただける御朱印です。( *^艸^)

 

スポンサーリンク

御香宮神社へのアクセス

御香宮神社
〒612-8039
京都府京都市伏見区御香宮門前町174
075-611-0559

 

【電車でのアクセス 】

近鉄電車 桃山御陵前より 徒歩約3分
京阪電車 伏見桃山より  徒歩約4分
J   R 桃山より    徒歩約5分

 

【車でのアクセス 】

大阪から
第二京阪道路経由で約50分

名神高速道路 経由で約50分

 

【駐車場】

駐車場は2時間無料です♪

 

 

終わりに

 

最初、私が本殿でご挨拶している最中に、
本殿の奥で、御祈祷が始まったので、

 

おそらく、
神様は歓迎してくださってるのかな?

 

と感じましたが、あまり、喜んでいただける感は
感じられませんでした(^^;

 

神社に参拝した際起こる、
御祈祷とか、結婚式とか、
何かのイベント。

 

ヘビや鳥や、犬や猫も、
「こんな所に居るはずはない」と思われる場所に
突然現れるとか、追いかけてくるとか。

 

こういう出来事に遭遇すると、
神様は、歓迎してくださっているという意味だそうです。
( *´︶`*)

 

今回、参拝した際も
祈祷が始まったので、
一応、歓迎はしてくださったいる
のでしょうが、

それはあくまで形式的というか、
神様の愛情はあまり感じられませんでした。

 

それでも、
帰宅してから、御香水を煮沸してから
味わうと、なかなかどうして・・・。

これがまたおいしいんですね(笑)

 

神様のお力を感じたいなら、
一度、参拝されてみてはいかがでしょうか?

 

 

ぽちっ!としてもらえるとうれしいデス♪

 

コメント