「スピリチュアルな習慣」をSNSで応援しよう!
スポンサーリンク

建勲神社の御朱印とアクセス情報!信長の秘話を知っていますか?

京都の神社

建勲神社って
御朱印はどんな感じのがもらえるの?
アクセスは簡単?
周辺には何があるの?

 


建勲神社たけいさおじんじゃは、
あの織田信長を主祭神とする神社です。

 

さすが人気の戦国武将というだけあって、
御朱印をもらうのは大変でしたwww。

 

あなたも実は信長ファンですか?(笑)

 

信長が好きなら、
御朱印をいただいて、
ご縁を結んでいただきたいって
思いますよね(o^―^o)ニコ

 

でも、

 

実は、信長公は、
本能寺の変があって亡くなってから、
あの世で大変な事態になっていて、

 

今もそこから逃れられないそうなんです。(^^;

 

参拝してきましたので
詳細を解説しますね( ^^)

 

スポンサーリンク

建勲神社とは?

「建勲」と書くと、
なんて読むのか一瞬迷いますよねwww

正しくは「たけいさおじんじゃ」と読みます。
一般的には、「けんくん」神社と呼ばれる事が多いそうです。
(⌒∇⌒)

明治天皇によって創建とありますが、

 

それは後の話。

 


もとはといえば、
豊臣秀吉が、信長の死後、
大徳寺において信長の葬儀を行った後、

時の天皇、正親町天皇(おおぎまちてんのう)より
天正寺の寺号を賜ったのが始まりのようです。

しかし、

石田三成の献策によって、
その話は取り消しになるんですね。
(^^;

後に信長公は
明治天皇によって
偉勲を称えられて「建勲」という神号
が贈られ、
別格官弊社としてお祀りされたのが、
建勲神社というわけですね。

祀られているのは、信長だけでなく、
息子の信忠も。

 

建勲神社の社殿のある船岡山は
古くは平安時代、
貴族の行楽地だったのですが、

 

後に処刑場になったそうです。

 

そういうと若干怖い場所ですが、

船岡山の西北部は公園になっており、
娘と主人は、先に登って
遊んでいました。(笑)

 

建勲神社の御朱印

主人と娘は、
先に船岡山公園に行って、
遊んでくる、との事だったので、

私はそこから、少し歩いて、
建勲神社の境内に向かいました。

 

こちらに入ってすぐ、
驚いたのが社務所前。

 

なぜなら、
若い女性が長蛇の列を作っていたからです。
(^▽^;)

 

女性が持参された
御朱印帳を見てビックリ!!ฅ(๑⊙д⊙๑)ฅ

 

建勲神社で購入されたと思われる
御朱印帳を2~3冊もって
並ばれているんですね。

 

さすが!信長公は人気があるんだ~・・・・!!

と感銘を受けました(o^―^o)

 

いただく御朱印も、通常のものでなく、
見開きでドーン!とどでかいものも
あるようで、

 

その女性は、3冊分、全部、
見開きの御朱印をいただいて、
その他、もろもろのお買い物もされ、

合わせて、
1万円ちかく支払われていました。
(”◇”)ゞ
いやー!!スゴイ!!(笑)

 

数十分まってやっと私の順番が来ると、
社務所の方が

 

いつもはここまで、
並ばれないんですけど、
なんか今日はなぜか多いみたいです!!

お待たせして申し訳ございませんね!

 

などと、声をかけてくださいました。

時間があれば、
建勲神社についてお話もうかがいたかったんですけど、
たくさん、並ばれてますからね。

 

それはさすがに、失礼だな、と思ったので、
今回は遠慮させていただきました。(笑)

 

 

建勲神社へのアクセス

駐車場はないので、
(どうしても行かれる場合は、
近場のコインパーキングを利用してください)

バス利用が便利です。

 

市バス1、12、204、205、
   206号 建勲神社前下車

 

近場に大徳寺・金閣寺があるので、
周辺観光に利用されるのも賢いですね♪
(⌒∇⌒)

 

建勲神社
〒603-8227
京都府京都市北区紫野北舟岡町49
075-451-0170

 

スポンサーリンク

建勲神社 信長の秘話

[ad#ad-1]

私はこちらに来る前に
さくら識日記桜井識子さんの本を
読んでから参拝したんですが、

 

識子さんによると、
境内には、信長さんはおられないし、
神様も居られず、
境内は「スカスカ」(^^;
なんだそう。

 

一応、ご挨拶だけはして、
こちらに一人でいらっしゃるという、
息子の信忠さんに
話しかけておきました。

 

信長公は、

比叡山延暦寺をはじめ、
長島の一向一揆荒木村重の家来・家族の惨殺、
越前一向宗徒の大虐殺など、
数で言ったら、万を超える多くの人々を惨殺されて、

 

その怨霊によって、
地獄に引きずり込まれてしまったそうです。

 


それを言ったら、
どの戦国武将も似たような事はしているし、

 

同じやん!と思いますが、

 

信長公の場合は、その規模が違うんでしょうね。
(^^;

 

とにかく、桜井識子さんによると、
今現在、建勲神社の境内にいらっしゃるのは、
息子の信忠さんのみ。

 

囚われの身になった
父親、信長さんを救い出すため、

 

参拝者に供養していただけるよう、
お願いをされているそうです。

 

供養するには、
信長さんの上京区にある阿弥陀寺のお墓に行って、
お花を一輪、お供えするのが良いとか。

 

食べ物などは供えたとしても、
多くの魔物や幽霊たちが食べてしまうし、

 

それらの厄介者を連れて帰る危険性もあるので、
食べ物のお供えは厳禁

 

恐ろしいので、
私は遠慮すると思います。(^^;

 

スポンサーリンク

終わりに

 

こちらは、最初の目的地ではなく、
他の神社やお寺に参拝したあと、

 

最後に、寄ったのが建勲神社だったんです。
(^^;

 

信長公は、大河ドラマでは定番のように
登場する武将ですが、

 

やはりイメージとしては残酷。
(^^;

正直、あまり好きなタイプの武将じゃないんです。

 

だから、御朱印だけいただいて、
本殿に軽くご挨拶だけして
あっさり退却させていただきました。(^^;

 

でも、

 

社務所にいらっしゃる方々は、
どの方もとても親切な方々なようですので、

 

お時間がある場合は、
ゆっくりお話を聞かせていただくといいかと
思いますね(⌒∇⌒)

 

ぽちっ!としてもらえるとうれしいデス♪

 

きゅろ

このブログの管理人、きゅろです。
スピリチュアルなことが大好きで、
小学生のやんちゃな娘と
私にとってのメンターで
がんばり屋な主人と
暮らす主婦です(*^^*)

この記事を読んで「いいな♪」と思ったら、
SNSでの拡散ブックマークの登録等、よろしくお願いします。

スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
京都の神社
スポンサーリンク
Twitter・Facebookでシェアしよう!
スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
スピリチュアルな習慣

コメント