「スピリチュアルな習慣」をSNSで応援しよう!
スポンサーリンク

京都:引接寺!千本ゑんま堂の閻魔大王は恐ろしい存在?

京都のお寺

閻魔大王ってなんか怖い!
悪いことしたら
舌を引っこ抜かれて地獄に連れていかれるの?

(笑)確かに、そう考えると恐ろしいですよねぇ~
カルマとなるような
恐ろしい事をこの世でやってしまうと、
あの世に行く時、閻魔大王様のお裁きがあります。
(^^;

 

でも、

実は閻魔大王様は
その恐ろしい表情とは裏腹に
とても、穏やかで、優しい仏様なんだそうです。
(o^―^o)

今回京都の引接寺に参拝して、
閻魔大王様に話しかけてきたので、

詳細を報告させていただきますね~。

それでは
行ってみましょう~( *´艸`)

スポンサーリンク

閻魔大王とは

閻魔(えんま)は仏教、ヒンドゥー教などでの地獄、冥界の主。
冥界の王として死者の生前の罪を裁く神。
日本の仏教においては地蔵菩薩の化身とみなされ同一視されている。
閻王ともいう。

引用:ウィキペディア

要するに、

もとはヒンドゥー教というので
すなわちインドの冥府、黄泉の国
を司る王様という事。

私たちが生きている間の行、
罪の重い・軽いを審判する裁判官のような
役割をなさっているんです。

 

私は引接寺に入って、
閻魔様の事が知りたかったので、
お堂で説明してくださる女性の方の
お話を聞きました。

 

それによると、

こちらにいらっしゃる閻魔様は
1488年(長享2年)に作られたもので木造とのこと。
大きさは2.4mとのことで、
かなり大きなものです。

 

引接寺いんじょうじ

かつて
京都の三大墓地とされる
蓮台野れんだいのと呼ばれる巨大な墓地にあり、
この世とあの世の境目とされて、

一般庶民は野ざらしになっていた事も多く、
それらの人々を裁くための閻魔様がご本尊に
なっているそうです。

 

亡くなった人を死後の世界のどこへ
送るかを決める裁判官の役割をされているんですね。

 

実際、地獄という世界は、
血みどろの池があったり、
舌を引っこぬかれたり、という状況はないとしても、

 

かなり、苦しい状況であるのは
間違いないらしく、(^▽^;)

 

できるなら、
閻魔様にそんな世界に送っていただかないよう、
しっかりと、今のうちから自分の所業を
見つめなおしていきたいものですね。
(゚ー゚)(。_。)ウンウン

 

お裁きの時は、
かなり厳しい表情をされるでしょうし、
仏様といっても、
引接寺の閻魔様は
両目をきつく見開いて、

口をかっと開けているんです。(^▽^;)

 

なせ、あんな恐ろしい表情を
されているか、あなたはご存知ですか?

 

 

実際は、閻魔様は
かなりお優しい方のようで、
人々を地獄に行かせたくないと
心からそう願っていらっしゃるため、
あのような表情をなさっているそうです。
( *´︶`*)

 

お声が聴けたらうれしいんですけどね・・・。

 

私はまだまだなので、
お側に行って
ご挨拶させていただきましたが、
私は全く怖いとは、感じませんでした。

 

引接寺のおみくじ

 

閻魔様のお言葉が聞きたかったので、
私は、社務所で、閻魔様のおみくじを買いました。

 

 

おみくじはかわいい閻魔大王の
マスコットの中に入っているもので、

今回は閻魔様にお目にかかっただけで
何も願掛けはしかなったですが、
何か、私に声をかけてくださったのなら
聞いてみたい!と思って、
引きました。

 

すると、
中吉で、
願望のところに、
願い事は、必ず、支えてくださる人がいるので、
その人の教えに忠実に従え。

と。

そして、時を待て。
自己主張はするな。

 

そうすれば、願い事は叶う。
といった内容が書いてあって、
ほっこり♪とした気分になれました。

 

引接寺はとても小さいお寺ですので、
機会があれば、
何かの機会にちょこっと覗いてみると
良いと思いますね。(笑)

 

スポンサーリンク

引接寺の御朱印

 

お堂の隣にある社務所に、
年配の女性が居て、

そちらにお願いすると、
御朱印を書いてもらえます。

 

 

スポンサーリンク

引接寺へのアクセス

 

えっ・・・・
こんなところにあるの?

 

という感じで、町の一角に
突如現れるという感じで
引接寺はあります。

 

車でも駐車場はありますが、
こちらは、買い物ついで(失礼!!)
とかに、ふらっとよれる感じなので、

バスを使うのが効率的かな?
と思いました。

 

バス

四条河原町京都市営バス 46号, 59号「乾隆校前けんりゅうこうまえ」下車
京都駅京都市営バス 206号「乾隆校前」下車
京阪三条京都市営バス59号「乾隆校前」下車

引接寺
〒602-8307
 京都府京都市上京区閻魔前町34
 075-462-3332

 

終わりに

今回、はじめて閻魔大王を見る事ができました。
(o^―^o)

 

人があの世に行く前に、
行先を決められるというのは、
怖いけれど、

 

同時に、閻魔様なら、
導いてくださりそうで
安心感も湧きました。
www。

 

私たちを大切に思ってくださる
閻魔大王様。

感謝したいですね。

 

ぽちっ!としてもらえるとうれしいデス♪

きゅろ

このブログの管理人、きゅろです。
スピリチュアルなことが大好きで、
小学生のやんちゃな娘と
私にとってのメンターで
がんばり屋な主人と
暮らす主婦です(*^^*)

この記事を読んで「いいな♪」と思ったら、
SNSでの拡散ブックマークの登録等、よろしくお願いします。

スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
京都のお寺
スポンサーリンク
Twitter・Facebookでシェアしよう!
スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
スピリチュアルな習慣

コメント

タイトルとURLをコピーしました