スピリチュアルな習慣をSNSで応援しよう!
スポンサーリンク

パワースポット!白水阿弥陀堂は浄土式庭園のご利益あり!

福島県
画像作者:Wiiii

白水阿弥陀堂しらみずあみだどうとは
どんなパワースポットでしょう?

 

いわき市にある
平泉の中尊寺金色堂を模したという国宝建造物です。
願成寺阿弥陀堂というのが正式名称。

詳細を解説しますね。

 

白水阿弥陀堂とは?

 

福島県いわき市にある
白水阿弥陀堂は、
県内でも唯一国宝として指定された
建築物のある歴史深いお寺です。

 

画像作者:Wiiii

 

建てられたのは
平安時代の末期1160年(永暦元年)。

 

東北地方に現存する平安時代の建築物は、
白水阿弥陀堂のほか、
岩手県平泉町にある
中尊寺金色堂ちゅうそんじこんじきどう

宮城県角田市にある高蔵寺阿弥陀堂だけですので、
大変歴史価値のあるお寺とも言えるでしょう。

 

真言宗智山派のお寺として、
阿弥陀堂のなかには阿弥陀如来像を中心に、
観世音菩薩像かんぜおんぼさつぞう/rt>
勢至菩薩像せいしぼさつぞう

 

さらに持国天像じこくてんぞう
多聞天像たもんてんぞうという二天像があって、
全部で五体仏像が置かれています。

 

白水阿弥陀堂のパワースポット

 

藤原清衡の娘である徳姫によって、
夫・岩城則道の菩提を弔うために
願成寺』と名付けたお寺の一角に、
阿弥陀堂は建てられました。

 

夫を想う心から建てられたこのお寺には
女性らしく繊細で、
穏やかな空気が流れている
と言われています。

 

そんな夫婦愛に満ちた
このお寺では、
恋愛成就ご利益があるようです。

 

寺内においても
最もエネルギーが澄んでいるとされる阿弥陀堂は、
東・西・南の三方がに囲まれて作られています。

 

さらには
北・東・西からもで囲まれており、
阿弥陀堂を中心として作られたこの空間は、
まさに極楽浄土を表現した
浄土式庭園の様を成しています。

 

池には朱塗りの橋がかかり、
夏には古代蓮こだいはすが花開くといいますから、
エネルギーの穏やかさと相まって
それは美しい景色を成す事でしょう。

 

パワフルなエネルギーというよりは、
良質で落ち着いたエネルギーが帯びているようです。

 

国宝と指定されている阿弥陀堂は、
徳姫が奥州藤原氏の娘で
あったことからも毛越寺
無量光院 むりょうこういんといった
岩手県にある平泉の寺院の構造に
とても影響を受けているようです。

 

白泉』という地名も、
平泉から「泉」という1文字を抜いて
2つにわけたものと言われています。

 

夫を思う妻の慈愛に満ちた
白水阿弥陀堂の安定したエネルギーの中では、
ゆっくりと深呼吸をすることで、
心が澄み渡って内面にある
ストレスや穢れを落とす効果がある
ようです。

 

穏やかな気持ちによって
内面からの輝きや美しさも増して、
良縁に恵まれるエネルギーを
チャージできるパワースポットなのかもしれませんね。

 

北海道・東北のパワースポット情報はこちらから♪

 

白水阿弥陀堂
住所:〒973-8405
    福島県いわき市内郷白水町広畑221
電話:0246-26-7008

アクセス:車で常磐自動車道いわき湯本インターから約15分
電車では、JR常磐線いわき駅下車、川平行きバス、あみだ堂バス停下車、徒歩5分

きゅろ

このブログの管理人、きゅろです。
スピリチュアルなことが大好きで、
小学生のやんちゃな娘と
私にとってのメンターで
がんばり屋な主人と
暮らす主婦です(*^^*)

この記事を読んで「いいな♪」と思ったら、
SNSでの拡散ブックマークの登録等、よろしくお願いします。

スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
福島県
スポンサーリンク
スピリチュアルな習慣をTwitter・Facebookでシェアしよう
スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
パワースポット情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました