スピリチュアルな習慣をSNSで応援しよう!
スポンサーリンク

パワースポット!高砂 鹿嶋神社の灯明あげとお香焚き

兵庫県
画像作者:弥 (talk)

兵庫県高砂 鹿嶋神社とは?

兵庫県高砂にある鹿嶋神社かしまじんじゃは、
一願成就のご利益で有名な神社です。

 

画像作者:弥 (talk)

 

そもそも兵庫県の播磨東部にある高砂というのは、
披露宴で新郎新婦が座る「高砂の席」や、
結婚式でおなじみの「たかさごや〜」などの、
「高砂」です。

 

そんなおめでたいことの総称にも
なっている高砂の町にあるのが鹿島神社。

 

奈良時代に建てられたという
こちらの神社のご祭神は、

  • 武甕槌命たけみかつちのみこと
  • 経津主命ふつぬしのみこと

です。

 

どちらもが勝負の神様であることから、
一願成就の神様として、
お正月の初詣客はなんと
毎年20万人もの人出となるようです。

 

また受験本番前には
学神祭」と呼ばれる祭事が執り行われ、
合格を祈願する多くの受験生が集ります。

 

鹿島神社を訪れるとまず目を見張るのは、
チタン製で出来た巨大な鳥居
その大きさは高さ26メートル
幅35メートルで、全国一の大きさを誇ります。

 

神社には珍しい習慣

 

圧倒的なスケールの鳥居をくぐり
境内へ進んでいくと
神社では珍しい香りを感じるかもしれません。

 

なぜならこの鹿嶋神社では、
灯明あげお香焚きという風習が
伝え継がれているからです。

 

お寺ではよく見かける光景ですが、
神社でこういった
参拝をされているところは
滅多にみることはありません。

 

独特な参拝方法はというと、
まず本殿へのご挨拶が済ませると、
ローソクお線香を購入します。

 

そしてご灯明舎へ行き、
たくさん並んでいるロウソクから火をもらい、
自分のローソクに火が灯れば、
空いているところに立ててください。

 

その火で香に火をつけたら、
神前にあるご香炉舎奉納します。

 

これは勝負の神様が祀られた
鹿嶋神社ならではの風習です。

 

その昔、武士が武運長久を祈って
に香を焚き込めて出陣したという
故事に由来するものだそうです。

 

本来、香というのは
とても霊的なものでもあり、
日本人にとっても馴染みが深く、
心を落ち着かせてくれます。

 

香りを纏うことで、
よりご利益にあやかれるということで、
ご香炉舎の前では、
多くの参拝客がその煙を浴びる様子
が見られます。

 

願掛け神殿廻り

 

神殿廻り」と呼ばれる
神様へのお願いの事をする習慣も伝え継がれています。

 

それは本殿のまわりを
祈り続けながら廻り巡るという
願掛けの方法
です。

 

まず祈願する方は、
願い事を書いた竹の棒数え年の数だけ手に持ちます。

 

そして本殿のまわりにある
通路を数え年の分だけ廻り、
一周するごとに祈願竹を一本ずつ奉納箱に納めていきます。

 

さらには一願成就や受験合格などと
書かれた擦り願い石を撫でるとご利益があるようです。

 

六根清浄なれば願い事成就せざるはなし」というように、
一心不乱に神殿を廻ることで、
自分の中にあるエゴ・邪な気持ちを断ち切って、
ひたすらに祈りを捧げることで、
その願いが届くと言われています。

 

神殿廻りをすることで、
余計なものが削ぎ落とされて、
願いに対する自分の本心が見えて来るかもしれません。

 

兵庫県高砂 鹿嶋神社
住所:兵庫県高砂市阿弥陀町地徳279
電話:079-447-4676
アクセス:加古川パイパス高砂北ランプまたは姫路バイパス高砂西ランプより約10分

きゅろ

このブログの管理人、きゅろです。
スピリチュアルなことが大好きで、
小学生のやんちゃな娘と
私にとってのメンターで
がんばり屋な主人と
暮らす主婦です(*^^*)

この記事を読んで「いいな♪」と思ったら、
SNSでの拡散ブックマークの登録等、よろしくお願いします。

スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
兵庫県
スポンサーリンク
スピリチュアルな習慣をTwitter・Facebookでシェアしよう
スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
パワースポット情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました