大沼駒ケ岳神社(おおぬまこまがたけじんじゃ)をご存知でしょうか?

大沼湖畔沿いにあり、
気を付けていないと見逃してしまいそうな神社なんですが、
実は、ここは知る人ぞ知る!パワースポットなんです(⌒∇⌒)

詳細をご報告させていただきますね♪



スポンサーリンク

大沼駒ケ岳神社とは?




神社を中心にした一体に
駒ケ岳から強い気のパワーが降りて
きているようです。



境内に大岩があり、
この岩は溶岩噴出によって落下した石や

火山灰が溶け合いできた溶結凝灰石で大岩の中心に
割れ目があります。



この狭い隙間を通り抜けると、
受験の難関突破、登山の安全、
安産、子宝、家内安全のご利益があります。


通り抜けるときに
一人づつ入っていって
深呼吸をして願い事を
口にだして言うと叶う
といわれています。



この大岩は神社の左手奥にあり、

1640年(寛永17)に
駒ケ岳大噴火によって山頂付近から
飛んできたもので、

溶結凝灰石の大岩は
全国的に珍しいものです。



大岩は負のパワーを吸い取って浄化してくれます。



神社の横の遊歩道の下に、
駒ケ岳からの湧き水が流れていて
その水からも気が感じられます。



神社におまいりした後は、
神社周辺の大沼国定公園で遊びも満喫しましょう!



サイクリングや遊覧船、ボート、乗馬などのアクティビティ、
冬でしたらわかさぎ釣り、氷上スノーモービル、そりなど

自然に囲まれての遊びからのパワーも吸収してみてはいかがですか?


大沼駒ケ岳神社の特徴

駒ケ岳は幾度も
噴火を繰り返してきました。



その駒ケ岳を鎮静祈願するために1914年(大正3)、
大山祇神をまつり、泰安祭典を行ったのが大沼駒ケ岳神社の
始まりです。

1973年(昭和48)に今の地に移されました。
最初は、駒ケ岳山頂にあったそうです。

現在は、毎年 
駒ケ岳の平穏無事、登山者や観光客の安全、地域の発展、
世界平和を祈願されています。


大沼駒ケ岳神社のアクセス

所在地・・・北海道亀田郡七飯町字東大沼
お問い合わせ先・・・0138-67-3020(七飯大沼国際観光コンベンション協会)


アクセス・・・JR大沼公園駅から車で10分
       レンタル自転車で30分

※駐車場はありませんので、
近くの「大岩園地」看板向かいに駐車して
少し歩くのが良いです。

終わりに

いかがでしたか?
北海道といえば数ある湖。
その湖のなかでもとびきりの
パワースポット、大沼駒ケ岳神社でしたが、

是非、大沼国定公園を
訪れる機会がありましたら、駒ケ岳神社で負のパワーを浄化させて
すっきりしてみませんか。

スポンサーリンク