スピリチュアルな習慣をSNSで応援しよう!
スポンサーリンク

パワースポット!湯殿山の御神体は全身で感じられる?

山形県
画像作者:Geomr

湯殿山ゆどのさんをご存知ですか?

ご神体そのものに参拝できる
素晴らしいパワースポットです。

詳細を解説しますね。

湯殿山(ゆどのさん)とは?

出羽三山のひとつに数えられる湯殿山。

 

画像作者:Geomr

 

語るなかれ、聞くなかれ」と言われる、
秘伝の場所です。

 

出羽三山の奥宮とも言われる
湯殿山神社には社殿がないという
全国でも珍しい神社になります。

 

祀られているのは、

  • 大山祇命おおやまつみのみこと
  • 大己貴命おおなむちのみこと
  • 少彦名命すくなびこなのみこと

の三柱です。

 

本殿や社殿のない湯殿山では
参拝できるのはなんとご神体そのもの

 

古来より湯殿山自体に神が住まうと考えられ、
神社や寺院など
人工的なものを建てることは禁じられてきました。

 

語るなかれ、聞くなかれ」の決まりのほか、
境内の様子や
ご神体の写真撮影も禁止された厳しい戒律のある場所です。
中で何が行われているかなども、
口伝することはならないとされています。

 

行った者だけが知る事のできる秘境は、
冬の季節は閉門となり、
夏の間の短い期間しか参ることができないため、
訪れる人が後を絶ちません。

 

禁止ごとが多いと厳しい印象を持ちますが、
本来は畏怖の気持ちから、
自ずとその場所に敬意を持つゆえに
軽々しく口に出来る筈もないという
心境になるのが自然だったと思います。

 

湯殿山のパワースポット

 

山岳信仰の聖地である
湯殿山のご神体を拝むためには、
門前でお祓いを受ける必要があります。

 

人型の紙に息をふきかけ、
自らの穢れを取り、
川に流して身を清めます。

 

そして境内では
「土足厳禁」という
さらに厳しい戒律に習わなければなりません。

 

バスで門前まで行く方も徒歩の方も、
誰しもが等しく、
たとえ春の雪が残った
冷たい地面であっても素足になります。

 

柔らかい土と石が混じる参道を
素足で歩くことで、
山のエネルギーを足裏から感じるのです。

 

このような行程をふむことで、
誰しもがご神体に出会う以前から
もう俗世とはかけ離れて行くような
敬虔な心持ちに包まれていく気がします。

 

ようやくご神体に辿り着くと、その姿に圧倒されるでしょう。

 

熱湯の湧き出る茶褐色の巨大な霊岩がご神体そのもの。

 

生まれいずる瞬間のエネルギーに
満ちあふれているパワースポットと言われています。

 

生命の根源を全身で感じながら、
参拝者はご神体を拝んだ後、
なんとご神体が吐き出すお湯に触れることができるのです。

 

お湯につかることで、
不要なものを取り除き、
新たなものを授かれるといいます。

 

生まれ変わる再生のパワーが得られるということで、
自分を変えたいと思う人だけでなく、
また安産や五穀豊穣のご利益もあるようです。

 

現世に生まれて来るときにした
自分との約束を思い出せるかもしれない、

生命の神秘にあふれた秘伝のパワースポットなのかもしれないですね。

 

 

北海道・東北のパワースポット情報はこちらから♪

 

湯殿山神社本宮
〒997-0532
 山形県鶴岡市田麦俣六十里山7
 0235-54-6133 (湯殿山本宮)

アクセス:
山形自動車道 月山ICから約30分
山形自動車道 庄内あさひICから約40分

 

ぽちっ!としてもらえるとうれしいデス♪

 

きゅろ

このブログの管理人、きゅろです。
スピリチュアルなことが大好きで、
小学生のやんちゃな娘と
私にとってのメンターで
がんばり屋な主人と
暮らす主婦です(*^^*)

この記事を読んで「いいな♪」と思ったら、
SNSでの拡散ブックマークの登録等、よろしくお願いします。

スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
山形県
スポンサーリンク
スピリチュアルな習慣をTwitter・Facebookでシェアしよう
スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
パワースポット情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました