スピリチュアルな習慣をSNSで応援しよう!
スポンサーリンク

羽黒山のパワースポット!2446段の石段と五重塔

秋田県

羽黒山はぐろさんをご存知でしょうか?

出羽三山のひとつである羽黒山は、
表玄関とされ、
1年中、参拝する事ができるありがたい山です。

詳細を解説しますね。

羽黒山とは?

 

出羽三山でわさんざんのひとつ、
羽黒山はぐろさんは、
修験道を継承する山として、
いまなお深い信仰を集めている山
です。

 

出羽三山の表玄関とされる羽黒山は、
冬期閉鎖されてしまう
月山がっさん
湯殿山ゆどのさんに対し、
一年中お参りすることができます。

 

山頂には、
出羽三山それぞれの神様を
併せて祀る
三神合祭殿さんしんがっさいでんがあります。

 

古くから
この三神合祭殿をお参りすれば
三山のご利益を一度に得られると
言われており、
すべての山のパワーが集結している
最強のパワースポットなのです。

 

羽黒山のパワースポット

 

そもそもの始まりは、
推古元年(593年)、
蜂子皇子はちこのおうじが、
三本足の霊烏に導かれ羽黒山に辿り着き、
山頂に祠を建てたことによると伝えられています。

 

皇子の修行の道が、
その後発展して
羽黒派古修験道として
全国に広がったと言われおり、
いわゆる出羽三山の開祖です。

 

羽黒山の参道は、
なんと2446段もの石段。

 

石段に入る手前の赤い
祓川神橋はらいがわしんばし」を境にして、
その先の神域に入ると言われています。

 

橋とは、あちら側とこちら側の
境界を示す役割も担い
ますから、
ここを超える時は深呼吸してから心を鎮めて渡りたいですね。

 

橋を超えた先に続く石段にも
強いパワーが宿っている
と言われています。

 

さらに石段には、
ひょうたん天狗などの彫刻33個が掘られてあり、
ここに秘密があるのだとか。

 

この彫刻33個を
すべて見つけることができたら
願いが叶う
と言われています。

 

どうりで参拝者のみなさんが
下を気にしながら進まれるわけですね。(笑)

 

参道途中には500本以上あると言われる
杉古木の中に、
ひときわ存在を示す老杉があります。

 

その樹齢1千年
羽黒山で最も古い天然記念物にもなっている「爺杉」です。

 

その存在感に圧倒されるのも当然ながら、
古来から息づく
パワーを感じられるスポット
としても知られています。

 

悠久の時間に触れるひと時に身を置けば、
さらに石段は山頂へと伸びていきます。

 

山頂手前にある埴山姫はにやまひめ神社は、
縁を呼ぶパワースポットとして有名です。

 

ここを目指して
羽黒山を訪れる女性も多いそうです。

 

本来は、イザナミノミコトの糞から生まれた
土の神様として、田畑の土、粘土、焼き物の陶土の神様でした。

 

それが「ものを生み出す神様」となり、
いまでは安産や、恋愛成就といった
縁を結んでくれるパワースポットとして
定着したようです。

 

社の格子にお守りの赤い紐を
結んでお祈りすると縁結びの
ご利益を授かれるとあって、
格子は赤い紐でぎっしりです。

 

石段を登り終えると、
鏡池と社殿が見えて来ます。

 

この社殿が、
出羽三山の神様を合祀した社三神合祭殿です。

 

ご祭神は

  • 月読命つきよみのみこと
  • 稲倉魂命うかのみたまのみこと
  • 大山祇命おおやまづみのみこと
  • 大己貴命おおなむちのみこと/rt>
  • 少彦名命すくなびこなのみこと
  • 月読命つきよみのみこと
  • 稲倉魂命うかのみたまのみこと

社殿の前方にある
鏡池」は、池そのものが
ご神体として信仰
されてきました。

 

古代から人々は銅鏡に願いを託し、
池に納めたと言います。

 

ここが羽黒信仰の中心だった
とも考えられ「池の御霊みたま」とも呼ばれている場所です。

 

山頂にも関わらず、
一年を通して水位が変わらないというのも不思議。

 

ここでは「池のみたま心願参り」といって、
納鏡することができます。

 

かつての習わしに沿い体験することで、
まるでタイムスリップしたような感覚を
味わえるかもしれません。

 

納鏡の際、
通常は入れない神域に入る
ことが許されます。

 

神域に入らせていただくからには、
心構えを持って入りましょう。

 

出羽三山それぞれには、
特徴あるエネルギーを帯びていると言われますが、
羽黒山は他の二山に比べると
男性的で包容力のあるエネルギーを帯びているようです。

 

持っている運気の底上げしてくれたり、
自分の弱さを克服する後押しをもらえたり、
その他、悪運浄化金運アップ
ご利益があると言われています。

 

三山のパワーを集結しお祀りする羽黒山。

 

修験道開祖の山に、
耳を澄まして入ると法螺貝ほらがいの音が
聞こえて来る力強いパワースポットです。

 

羽黒山の五重塔

 

そして、
建立は南北朝時代1372年
平将門が建立したとされる国宝五重塔があります。

 

こちらは、杉林の中に突然現れて圧巻の価値のある見事なものです。

 

2018年は約150年ぶりに内部が公開されており、
12畳ほどの内部では、
オオクニヌシを祀る祭壇、
平安時代の書家である
小野道風(おののとうふう)の作と
言われる額などを鑑賞することができます。

 

ぜひ一度、鑑賞しておきたいものです。

 

 

北海道・東北のパワースポット情報はこちらから♪

 

羽黒山
〒997-0211
 山形県鶴岡市羽黒町手向
電話:0235-62-2355

アクセス:
鶴岡市から庄内交通バス羽黒山行きで50分

 

ぽちっ!としてもらえるとうれしいデス♪

 

きゅろ

このブログの管理人、きゅろです。
スピリチュアルなことが大好きで、
小学生のやんちゃな娘と
私にとってのメンターで
がんばり屋な主人と
暮らす主婦です(*^^*)

この記事を読んで「いいな♪」と思ったら、
SNSでの拡散ブックマークの登録等、よろしくお願いします。

スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
秋田県
スポンサーリンク
スピリチュアルな習慣をTwitter・Facebookでシェアしよう
スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
パワースポット情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました