スポンサーリンク

盛岡八幡宮はパワースポット!どんな願い事も叶うご利益アリ!

岩手県
スポンサーリンク

盛岡八幡宮(もりおかはちまんぐう)をご存知ですか?


[br num=”10″]
本殿の他18もの社殿があり、
広大な規模と敷地を誇る神社です。

願い事はすべて叶えてもらえる
強力なパワースポット!

詳細を解説しますね。

盛岡八幡宮(もりおかはちまんぐう)とは?

岩手県内一の大社として
人気を誇るのが、盛岡八幡宮

その歴史は古く、
1062年源頼義戦勝祈願のために
岩清水八幡を勧請したことに始まる
と言われています。

その頃は鳩森八幡宮(はとのもりはちまんぐう)
と呼ばれていました。

今の場所にやってきたのは、
およそ300年以上前、
1680年に第29代南部重信公(なんぶ しげのぶ)
によって建てられた時です。

元々は八幡山の頂上の小祠が
本殿でありましたが、

その後それを囲むように本殿が建てられ、
今でも拝殿は八幡山の麓にあります。

現在の盛岡八幡宮の社殿は、
平成9年に新八幡宮として立て直しされたもの。

それまでにも明治17年の盛岡大火や、
風雪被害を受けて再建が繰り返されてきたそうです。

いまは朱塗りの大社殿が
美しい輝きを放っています。

色鮮やかな彫刻も施され堂々たる風格を持って、
多くの参拝客を受けいれています。

岩手県の「県花」でもある
桐の花の彫刻が随所に見られるので、
ぜひ探してみてください。

盛岡八幡宮はパワースポット

なんとここ盛岡八幡宮では
24時間扉が閉められることはなく、
いつでも誰でも参拝できる
ようにとされているそうです。

とはいえ、
神社に薄暗い時間に行くのは
あまり好ましくはないと言えるでしょう。

おすすめは朝のすがすがしい時間帯、
エネルギーが朝日に浄化されたタイミングです。

本殿は、文武の神様の八幡様
応神天皇:おうじんてんのう)がご祭神。

成功勝利のご利益があると言われているので、
何をやってもうまくいかない時には、
ぜひあやかりたいご利益です。

八幡大神は、農業商工業
学問、衣食住などあらゆるものに関わる根源の神様でもあります。

また、春日大神、白山大神を含めて
三柱として祀られており、

盛岡の土地を守る
総鎮守の神社として人々から崇拝
されてきました。

本殿周辺は一番強くパワーが集っているとのことですから、
静かな気持ちで拝殿し、
失礼なくご挨拶をしましょう。

境内にある他の末社へのご挨拶は、
まず本殿への参拝を終えてからいきたいところです。

境内は

  • 八幡宮(はちまんぐう)
  • 笠森稲荷(かさのもりいなり)
  • 護国神社(ごこくじんじゃ)

3つのゾーンに大まかに分けられています。

盛岡八幡宮の大きな特徴は、
境内に本殿の他18もの社殿があること。

その多様性から
寺社のテーマパーク」とさえ呼ばれています。

叶えたい願いごとの
ご利益はほとんど揃っていると言っていいほどの大社
です。

ちなみに総面積は約2万坪。
毎年初詣には20万人もの人が集ります。

「日本の音風景100選」にも
選出されているチャグチャグ馬コ(うまっこ)
といったお祭りでも有名です。

こうしたお祭りやイベントの他、
境内で結婚式が執り行われることも多く、

初詣だけでなく
年間を通してたくさんの人が集る神社です。

人が集まり、
場が栄えるとそこにまたパワーが集められるとも言います。
盛岡八幡宮がパワースポットと呼ばれるのは、

どんな願いも叶い、
たくさんのパワーが集って来る
(引き寄せられる)ことから
強力な磁場を帯びること
に理由があるのでしょう。

ここを訪れた参拝客の多くから、
「行くと気持ち良い」「悩みが晴れる」といったことが聞けるのも、
この場所のパワーを物語っていると言えます。

実際、ここを包むエネルギーとしても、
とても穏やかな気が満ちていると言われています。

地に足が付かないような浮ついた気分な時も、
気持ちを沈めて、
堅実な生活のヒントを授かることができるかもしれません。

寺社のテーマパークと異名は持っていても、
行くと気は落ち着いたゆったりした気持ちで深呼吸をし、
自分自身を見つめ返すきっかけを得られる神社と言えそうです。

盛岡八幡宮へのアクセス

盛岡八幡宮
住所:
〒020-0872
  盛岡市八幡町13番1号
電話:019-652-5211(盛岡八幡宮社務所)

アクセス:JR盛岡駅前バス乗り場より
「茶畑行き」に乗り約15分「八幡宮前」下車すぐ

[cc id=66]

コメント