氏神様ってよく言いますよね?



それっていったい、
なんなんでしょう??



よく氏神様を祀る神社から
参拝するとか、
よく言われますが、



改めて、
言われてみると、どういうものなのか
わかりません。



その詳細を解説してみました。(⌒∇⌒)

Sponsored Links

氏神とは?



時代をさかのぼると、
氏神とは、もともとは「氏」、
つまり血縁的につながりのある一族が自らの祖神(親神)や、
氏族に縁の深い神様のことを氏神と呼びお祀りしたことに由来しています。

全国の神社を大きく分けると、
天照大御神(あまてらすおおみかみ)をお祀りする
伊勢神宮を別格の神様として、
そのほかを氏神神社(うじがみじんじゃ)と
崇敬神社
(すうけいじんじゃ)の二つに分けることができます。


氏神神社とは?

私たちが住んでいる地域の神様、
氏神(うじがみ)をまつる神社のことを指します。



その神社のある周辺地域に
住んでいる人々を氏子(うじこ)と呼びます。



古来より人々は、
季節のお祭り、お正月などの伝統行事や、

お宮詣り、七五三、厄除けなど
人生の節目には氏神神社に参拝してきました。


氏神の由来

時代をさかのぼると、

氏神とは、もともとは
つまり血縁的につながりのある一族が
自らの祖神(親神)や、

氏族に縁の深い神様のことを
氏神と呼びお祀りしたことに由来
しています。


そして

その血縁的なつながりのある集団を
氏子
と呼んでいました。

たとえば、

源氏の氏神は八幡さまというように、
一族の守り神をお祀りしていました。

それが時代が移り変わるにつれ、

地域の守り神へと変化してきました。


その他の氏神

一定の地域をまもる神としては、
ほかに産土神(うぶすながみ)、
鎮守様(ちんじゅさま)がありますが、

古代社会においては、
それぞれ役割が異なっていました。


産土神とは、
現代ではその人が生まれた土地を護る神をいいますが、

本来は土地を産む、

あるいは地より生まれたという意味であり、
土地をまもる神様を指しました。


そして鎮守様とは、

特定の土地や集落、
建造物などをまもる神様
を指していました。


しかし時代の変遷とともに、

これら神様の判別がつきにくくなり、
現代では混同して
すべて地域をまもる神様としてお祀りすることが多くなっています。


同時に氏子の定義も変わり、

縁のつながりに関係なく、



地域をまもる神様を信仰する人々、
またはその地域に住む人々
を指すようになりました。


崇敬神社とは?

これに対して崇敬神社とは、
地域の縁や血縁的なつながりが特になく、

個人の特別な信仰によって崇敬される神社のことをいいます。




縁結びや、
学業成就などを祈願して参拝する神社なども

これにあたるといってよいでしょう。



そしてこのような神社を信仰する人々を
崇敬者(すうけいしゃ)と呼びます。



また、神社に参拝して

授与されるお神札(おふだ)には
各種ありますが、



家庭でお祀りする際には、
神宮大麻、氏神神社のお神札、

崇敬神社の順番にお神札をお祀りするとされています。

神宮大麻(じんぐうたいま)とは、伊勢神宮のお神札のことです。



伊勢神宮にお祀りされている天照大御神

皇室の祖先神であり、
そして日本人の総氏神(大御祖神・おおみおやがみ)

として崇敬されています。

Sponsored Links