桜井識子さんと言えば、
最近、本屋さんでよくみかける名前なのでは
ないでしょうか?(^▽^)/



数年前にスピリチュアルブーム
始まって、
その時は、江原啓之さんや
美輪明宏さんの本が
本棚に並び始めたのですが、

その一角に、桜井識子さんの
書籍があるんですよね♪(゚ー゚)(。_。)ウンウン。



もともと、アメブロのみだったのですが、
現在は数々の書籍を出版されていて、



どの本も、神社・仏閣をはじめとする
スピリチュアル関連に心酔されている方なら、



自分の身において、
新たな発見もあり、



しかも、
違う視点で勉強できるから
一度、手に取っていただければ・・・と思います。
(σ^▽^)σ



Sponsored Links

桜井識子さんのプロフィール

amebaブログのスピチュアル部門 第4位
(217年8月4日23時30分現在)。

1962年生まれ。
広島県がご出身地だそうです。

父親は転勤族、弟さんがいる4人家族。

普通の家庭と大きく違ったのは、

幼少の頃から、
霊媒・霊能者のおばあさん、
審神者(さにわ:神意を伝える者)
のおじいさんの強い影響を受けた事です。



霊媒・霊能師とは、
自分に霊を乗り移らせる人のこと。

審神者とは、霊の判断ができる人なのです。
何か霊の影響で
自分の身体に異変が起こった時、
霊媒・霊能師は、
自分の身体に乗り移らせて正体を語らせることができます。
審神者は、その霊が正しいことを言っているか判断できます。

そして祓うことができます。

そして、

識子さん自身も霊能力を持ち、
神や仏の声を聴く事ができるそうです。


識子さんの本職は介護関係のお仕事をされています。
傍目から見ると、
普通の「ロングヘアのオバチャン」
(識子さん。スミマセーン
だそう。


最初の結婚では4年間も子どもができず、
姑に嫌味をいわれて祈願に行って、
ひとり息子を授かったとのこと。



そんな結婚も、
「夫の浮気」という悲劇で終わります。



次の結婚もご主人がキリスト教信者との事で、
複雑な事情で表面的には離婚されましたが、



現在も非常に仲の良いパートナーだそうです( *´︶`*)


 

幼い頃は霊が見えることに悩んでいました。

ですが、




同時に、神の保護も受けていたんですね。


成長するにしたがって、自分を霊が見える視点でなく
神が見える視点だけに合わせられるように、

祖父や神社・仏閣などを周り、
修行をしてこられました。

そしてさまざまなスピチュアルな経験を通して、
神社・仏閣の神様との話や礼儀、
ご利益をいただく方法をブログや本で紹介をされています。



識子さんは、古代ギリシアの時代から、
136回の生まれ変わりを経験しているそうです。

最近は特攻隊員だったそうです。

さまざまな時代の生まれ変わりを思い出した事、
介護という職業柄から見た事、


そして自分の経験から、
すべてを悟っているのではないかと思うようなことを、
ブログや書籍を通して発信されています。

ただ単に
これだからこうした方が良いというだけではないのです。



それらを識子さんは、
神様を通じて教えていただいたことを
私たち人間同士の会話のように

書かれているんです。



つまり、



ほとんどの人は、
見えないもので終わってしまう事が大半です。

しかし

神様と識子さんとの
会話を通して、

私たちは、真実を知る事ができるんですね。


桜井識子さんのブログと本

識子さんは

ブログ
~さくら識日記~桜井識子オフィシャルブログ


書 籍

  • ひっそりとスピリチュアルしています
  • 運玉 見えないけど誰もが持つ人生を左右する幸運の源
  • 「山の神様」からこっそりうかがった 「幸運」を呼び込むツボ

計12冊



これらを通して、
私たちに多くの課題。
今すべき事、心がけなくてはいけない事

を神様・仏様のメッセージとして
発信されているんです。



ぜひ一度、
ご一読される事をおすすめいたします。

人生観が変わりますよ(⌒∇⌒)



Sponsored Links