社号(しゃごう)とは?なんでしょう?










社号は、神社の称号または呼称のこと。

主祭神の尊さや
神社の格式の高さによって、
大神宮・神宮・宮,大社・神社・社などの種類があります



詳細を解説しますね

Sponsored Links

社号(しゃごう)とは?

社号とは、神社の性格の事です。



例えば、熱田神宮は、
熱田は社名で、神宮が社号です。



社号には、

  • 大神宮(だいじんぐう)
  • 神宮(じんぐう)
  • (ぐう)
  • 大社(たいしゃ)
  • 神社(じんじゃ)
  • (やしろ)

があります。



ここで、伊勢神宮は通称であり、
正式名称は神宮なので、
伊勢神宮の神宮は社号にはなりません


大神宮

大神宮は、伊勢神宮(皇大神宮)の祭神である
アマテラスを分霊し、
大神宮、皇大神宮と名乗った神社を言い、
全国各地にあります




これらは神宮と異なるものとされています。


神宮の歴史

日本書紀では、

  • 伊勢神宮
  • 石上神宮(いそのかみじんぐう)
  • 出雲大神宮(出雲大社)

3社が神宮とされています。



日本書紀編集後に成立した
延喜式神名帳(えんぎしき じんみょうちょう)では、

  • 伊勢神宮内宮
  • 鹿島神宮(かしまじんぐう)
  • 香取神宮(かとりじんぐう)

が神宮となっています。


明治維新で、
天皇や皇室の先祖である神様」、
神武天皇の大和平定に貢献した神様」を
祭神としている神社の一部の社号を神社から神宮に改めました。


第二次世界大戦終戦前は、
神宮を名乗るには、
天皇の許可である勅許(ちょっきょ)が必要でした。



現在でも、神社本庁に属する神社では、
神宮を社号として名乗る神社は、
特別の由緒を持つものに限られています。



戦後、神宮に改称した神社は、



現在、

  • 北海道神宮(旧札幌神社)
  • 伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)(旧伊弉諾神社)
  • 英彦山神宮(ひこさんじんぐう)(旧英彦山神社)

3社だけです。



神社本庁から脱退して
神宮を称した
新日吉神宮(いまひえじんぐう)や
山辺神宮(やまのべじんぐう)もあれば、

神社本庁に所属しているが、
通称で神宮と呼ばれる

河尻神宮(かわしりじんぐう)
西岡神宮(にしおかじんぐう)
などもあります。



また、教派神道の流れにある神道系新興宗教
「神宮」を名乗るものもあり、



もはや神宮を関することは
各神社の判断次第
になっています。


宮を名乗る神社は、

  • 天満宮
  • 東照宮
  • 香椎宮(かしいぐう)、
  • 城南宮
  • 聖母宮(しょうもぐう)

などがあります。



親王など皇室関連人物
人間神などを祀る神社で多く使用されます。


大社(おおやしろ)

戦前は、大社(おおやしろ)と言えば
出雲大社でした。



戦後、旧官幣大社旧国幣大社のような
大社格の神社が、
大社
を名乗りました。


  • 春日大社
  • 熊野大社
  • 気多大社

などがあります。


社(やしろ)

大きな神社から祭神を
勧請(かんじょう)した、
比較的小さな神社で用いられます。



  • 祇園社
  • 稲荷社
  • 明神社
  • 天神社
  • 八幡社

などがあります。


上記以外にも、
俗社号として
天王、権現、明神、山王などがありますが、
これらは神仏習合と深くかかわっているので、
神仏習合の説明の時に説明します。


これまでに廃止になった神宮や大社は、
朝鮮神宮、台湾神宮、満州国の関東神宮があります。



廃止になった大社や大社から
神社に降格した神社はありません。



この調子で行くと、
100年後は、すべての神社が大社になっているかもしれないですね。


Sponsored Links