スポンサーリンク

紙垂(しで)とは?

スポンサーリンク

紙垂(しで)とはなんでしょう?
  


[br num=”10″]
読み方は特殊ですが、
神社に参拝すると必ず見かける、
特殊な織り方をされた
ヒラヒラ紙です。
  

詳細を解説しますね
 

紙垂(しで)とは?

神社にあるしめ縄玉串(たまぐし)、
神主さんがお祓いをするとき振る棒である祓串(はらえぐし)、
大麻(おおぬさ)にヒラヒラとした紙が付けられています。
  
この紙の事を紙垂(しで)と言います。
四手と書くこともあります。
  

紙垂は、古事記天の岩戸伝承に登場します。
  
これが最も古い文献で見られる
紙垂の使用例なので、
古事記が編集された
奈良時代以前から使用されていたものと推定されます。
  

ちなみに、
古事記では、アマテラスが岩戸に隠れ、
辺りが薄暗くなった時、
やおろずの神々が集まり、
どうすればよいか考えました。
  
占いをした後、岩戸の前に賢木(さかき)を立てます。
この賢木には、色々な飾りが付けられました。
以下に古事記を抜粋しますが、
このなかの下の枝にさげた白丹寸手(しらにきて)と
青丹寸手(あおにきて)が紙垂なのです。
  

原漢文
於下枝取垂白丹寸手靑丹寸手而、

訓読文
下枝(しづえ)に白丹寸手(しらにきて)、青丹寸手(あをにきて)を取り垂(し)でて、

現代語訳
下の枝には(こうぞ)の白い幣帛と麻の青い幣帛を垂らし、

  

古代から神様に献上する礼物である
幣帛(へいはく:神前に供える供物))は、
木棉(ゆふ)や麻、絹などが使用されました。
  
木棉は、楮の繊維で織った布または紙の古い名称で、
簡単に入手できたので、
幣帛として最もよく用いられました。
  
木棉を、色々な形に切って、
榊の枝(さかきえ)や
串に付けるようになりました。
これが紙垂の起源です。
  

独特の形をしていますが、
その由来には二つの説があります。
  
1つめは、白い紙を交互に切り割くと、
無限の拡がりが表われたように感じます。
  
この無限の拡がりは
神の威力を象徴したものになったという説です。
  
もう1つは、
しめ縄は雲を、
細く垂れさがっている(わら)である
〆の子は雨を、紙垂は稲妻・稲光を表わしているという説です。
  
稲が実る時期に稲妻が多いので、
稲妻が豊作をもたらすと考えられていました。
  
ちなみに稲妻は光を意味し、
その音を雷で、その語源は「神鳴り」と言われています。
  

紙の切り方や折り方には、
形式や流派があり、吉田家流、白川家流、伊勢流が代表的です。

[br num=”12″]

垂の数も、二枚、三枚、四枚、七枚、八枚などなど、
大きさも多様です。神道の流派は、別の機会に説明します。

紙垂は、お正月の鏡餅や神社の神木
御神体の岩に巻かれていたり、
森の入り口に下げられていたりします。
  
これは、紙垂がかけられた場所は
神聖な場所であることを示す境界線の役割をしています。
触らぬ神に祟りなしと言われるので、
紙垂がかけられた場所には、入らない方が賢明でしょう。
  
 

コメント