スポンサーリンク

国家神道(こっかしんとう)とは?

国家神道(こっかしんとう)とはなんでしょう?


[br num=”10″]

略していえば、

戦前の神社を中心とする神道(神社神道)の事で、
国家が法令によって
他の神道と区別し、管理しようしたもののこと
です。
  

詳細を解説します。

 

国家神道(こっかしんとう)とは

徳川慶喜大政奉還をし、
江戸幕府が廃止されてから、
薩摩閥長州閥、公家の岩倉具視(ともみ)らが中心となり、
明治政府がつくられました。
  
元武士で今無職という人々や
旧幕府シンパなど反政府的人々が大量発生していたので、
明治政府は日本を一つにまとめる必要がありました。
  

また、本居宣長平田篤胤(ひらたあつたね)などの
国学者の研究成果やお伊勢参りにおける伊勢信仰により
討幕運動が勃発したこともあり、
政教(せいきょう:宗教と政治)が一致した国作りを目指しました。
  

そこで平田篤胤(ひらたあつため)の復古神道の考えに従い、
古神道への回帰をスローガンとし、
「天皇のもとで人々が助け合う」ような神道に基づく国家を志向しました。
  
古代神道の分析が未熟だったので、
古神道には全く回帰できていませんが…。
  

神仏分離令

幕末の神道は、
ほとんどが仏教と習合していました。
  
つまり、日本の八百万の神々は、
菩薩(ぼさつ)や天部(てんぶ)など
仏様が化身として日本に現れた
権現(ごんげん:仏や菩薩や仏が仮に
姿を変え、神として現れること)である
と考えていたのです。
  
詳細な神仏習合の説明は、
かなりボリュームがあるので別の機会とさせてください。
  

明治政府は、
仏様にすがる生き方を推奨できなかったので、
神仏分離令を発布し、
神と仏を分離しました。
  
もはや、神社か寺かわからないような場所もありました。
  
例えば、神奈川県藤沢市江ノ島では
市杵島姫神(いちきしまひめかみ)が弁財天と習合し、
与願寺(よがんじ)で祀られていました。
  
しかし、神仏分離令により江ノ島神社になりました。
  

国家神道体制下での宗教的政策

国家神道では、伊勢神宮本宗とし、
その下に全国の神社を階層的に組織編成し、
宮中祭祀に習って祭祀を行いました。
  
この神社の組織編成を近代社格制度と言い、
延喜式のそれとを区別しています。
  

明治政府は、国家神道を宗教ではなく
道徳の範疇(はんちゅう)であるとし、
国家神道に抵触しない範疇で神道諸教派
仏教、キリスト教などの宗教を認めました。
  
ちなみに、宗教という単語が使われ始めたのは明治からです。
  

御霊信仰に基づいた靖国神社や護国神社の設置

【国家神道の盛衰】

国家神道では、
元首である天皇が最高祭祀者として
祖神のアマテラスを祀りました。
  
そして、天皇と祖神の崇拝、国家主義が重視されました。
  
大日本帝国憲法」では天皇の神聖を明文化し、
教育勅語」で忠誠を促進させ、
国家神道による道徳は学校教育に盛り込まれました
  
しかし、第二次世界大戦終了後、
GHQにより政教分離が行われ、
国家神道は解体
されてしまいました。
  

欧州、朝鮮、ベトナム、キューバ、アフガニスタン、
イラクなど世界各地で戦争をおこなった米国の国民の中には、
現在の神道をも戦争に導く邪教と考える方もいらっしゃるようです。
  
難しいですね。
 

きゅろ

このブログの管理人、きゅろです。
スピリチュアルなことが大好きで、
小学生のやんちゃな娘と
私にとってのメンターで
がんばり屋な主人と
暮らす主婦です(*^^*)

この記事を読んで「いいな♪」と思ったら、
SNSでの拡散ブックマークの登録等、よろしくお願いします。

スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
専門用語集
スポンサーリンク
スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
スピリチュアル専門用語集

コメント