スポンサーリンク

境内社(けいだいしゃ)とは?

境内社(けいだいしゃ)とはなんでしょう?


[br num=”10″]

端的にいえば、本社とは別に
神社の境内に祀られている社の事です。

伊勢神宮を例にして、
詳細を解説しますね( *´︶`*)

 

境内社(けいだいしゃ)とは?

ある神社の境内にあり、
その管理下にある他の神社のことを
境内社(けいだいしゃ)といいます。
  

伊勢神宮を例にみてみましょう。
  

伊勢神宮の境内社

伊勢神宮は、
三重県伊勢市宇治館町にある
皇大神宮(こうたいじんぐう)と
伊勢市豊川町にある豊受大神宮(とようけだいじんぐう)の
2宮が正宮(しょうぐう)です。
  
一般に、皇大神宮は宮(ないくう)、
豊受大神宮は外宮(げくう)とよばれています。
  

皇大神宮には、
10宮別宮(べつぐう)があります。
  
正宮のわけみや」という意味で、
神宮の社宮のなかでは正宮に次いで尊いとされます。
  
境内に荒祭宮(あらまつりのみや)と
風日祈宮(かざひのみのみや)の
2宮別宮があります。

境内の中にあるので境内社になります。
  
月讀宮(つきよみのみや)、
月讀荒御魂宮(つきよみあらみたまのみや)、
伊佐奈岐宮(いざなぎのみや)、
伊佐奈弥宮(いざなみのみや)、
瀧原宮(たきはらのみや)、
瀧原竝宮(たきはらならびのみや)、
伊雑宮(いざわのみや)、倭姫宮(やまとひめのみや)の
8宮は境内の外にあるので境外社(けいがいしゃ)になります。
  

豊受大神宮には、4宮別宮(べつぐう)があります。
  
境内には多賀宮(たかのみや)、
風宮(かぜのみや)、
土宮(つちのみや)の
3つ別宮があります。
  
月夜見宮(つきよみのみや)は境内の外にあります。
  

豊受大神宮の境内には、
摂社(せっしゃ)の
度会国御神社(わたらいくにみじんじゃ)、
度会大国玉比賣神社(わたらいおおくにたまひめじんじゃ)
があります。
  
また、同境内には、
末社(まっしゃ)の大津神社(おおつじんじゃ)、
伊我理神社(いがりじんじゃ)、
井中神社(いなかじんじゃ)があります。
  
摂社はその神社の祭神と
縁の深い神様を祀った神社
です。
  
末社は本宮、別宮、摂社以外の本社の管理下にある神社です。
  
度会大国玉比賣神社
伊我理神社、井中神社は、
豊受大神宮の境内にありながら、
正宮と参道でつながってなく、
一度、御木本道路(県道32号伊勢磯部線)に
出る必要があります。ややこしいですね。(^^;
  

ここでは、伊勢神宮の2つの本宮の境内だけを説明しましたが、
さらに、ややこしいことに
正宮の境内の外にある外宮にも境内社があることもあります

また、摂社の境内に末社が境内社として存在することもあります
  

伊勢神宮崇敬会が企画する
「125社まいり」を利用しないで、
伊勢神宮にある125宮をすべて参拝しようとしたら、
数宮は参拝し忘れそうですね。(笑)

 

きゅろ

このブログの管理人、きゅろです。
スピリチュアルなことが大好きで、
小学生のやんちゃな娘と
私にとってのメンターで
がんばり屋な主人と
暮らす主婦です(*^^*)

この記事を読んで「いいな♪」と思ったら、
SNSでの拡散ブックマークの登録等、よろしくお願いします。

スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
専門用語集
スポンサーリンク
スピリチュアルな習慣をフォローしよう!
スピリチュアル専門用語集

コメント