国造(くにのみやつこ)とはなんでしょう?












日本の大和時代、
朝廷によって命じられた地方官の一つなんです。



国造とひとことで言っても、
簡単に片づけられないくらい、複雑なんで、

概略だけ、解説してみますね。

Sponsored Links

国造(くにのみやつこ)とは?

国造は、大化の改新以前に作られた
大和朝廷が支配していた国々の長です。

大化の改新以降は、
地方における国の代表機関は国司になり、
国造は神官職になっていきました。



まず、大化の改新以前の
大和朝廷の地方支配組織について見てみましょう。


大化の改新以前の大和朝廷の支配体制

氏姓制度

稲作が始まった当時、
氏族や部族などの共同体が原始的な社会の単位となりました。



5~6世紀頃、
血縁関係で結ばれた同族共同体を基盤とした氏姓制度が、
国家の政治制度に利用されました。


同族の特定の者が、(おみ)、
(むらじ)、伴造(とものみやつこ)、
国造百八十部(ももあまりやそのとも)、
県主(あがたぬし)などの地位と地位に対応した氏姓が与えられました。


葛城氏、平群氏、巨勢氏、春日氏、蘇我氏のように、
奈良盆地周辺の地名を氏の名とし、
かつては王家と対等の力を持った豪族です。


大伴氏、物部氏、中臣氏、忌部氏、土師氏のように、
大和朝廷の職務を氏の名とし、
朝廷に従属する官人として重要な地位を占めた豪族です。


伴造(とものみやつこ)

大和朝廷の各部司を分掌した豪族で、
後で述べる部民制(べみんせい)と関連しています。

弓削氏、矢集氏(やずめ)、
服部氏、犬養氏(いぬかい)、
舂米氏(つきしね)、
倭文氏(しとり)などの氏や
秦氏、東漢氏、西文氏(かわちのふみ)などの
代表的な帰化人達に与えられた氏があります。

連、造(みやつこ)、
(あたい)、
(きみ)などの姓(かばね)の総称です。


百八十部(ももあまりやそのとも)
伴造の下位の役職で、
(べ)を直接に指揮する多くの
(とも)をのことです。

(おびと)、(ふひと)、
村主(すくり)、(すくり)などの姓の総称です。


氏姓制度は、
連、伴造、伴(百八十部)という階層を構成し、
職務を分担し世襲する「負名氏」(なおいのうじ)
を中心にして構成されました。


部民制

氏姓は、もともと大和朝廷を構成する
臣、連、伴造、国造などの支配階級を称したものですが、
6世紀には一般の民にも氏姓が与えられました。


一般の民は、
朝廷、天皇、后妃(こうひ)、
皇子らの宮、臣、連らの豪族に
領有、支配されていたため、

朝廷に出仕して、職務の名を負う品部(しなべ)、
王名、宮号を負う名代
子代、屯倉の耕作民である田部などが生まれました。



先進的な部民共同体の中で戸を単位に編成され、
6世紀には籍帳に登載されて、
正式に氏姓をもちました。
が、地方豪族の支配下にある民部(かきべ)は、

地方の族長を介し共同体のまま(べ)に編入され、
族長を介して生産物を貢納させられました。
弓を削る弓削氏、矢を集める矢集氏
服を作成する服部氏、犬を飼う犬養氏などがいました。


  • 名 代(なしろ)
  • 地方の首長の子弟たちは、
    ある期間都に出仕して、
    大王の身の回りの世話(トネリ)や
    護衛(ユゲヒ)、食膳の用意(カシワデ)を
    行いました。この役職を名代といいます。


    さらに国造の一族から舎人(とねり),
    采女(うねめ)などを
    天皇・后妃の近侍者として差し出す慣習がありました。


  • 子 代(こしろ)
  • 天皇が皇子や皇女のために設けた部民です。

  • 屯 倉(みやけ)
  • 屯倉制度は、土地支配でなく、
    地域民衆の直接支配です。稲を収納する倉の所有者に端を発し、
    田地や耕作を行うようになり、
    大和朝廷の経済基盤となりました。



    4~5世紀には、大和朝廷の根拠地に近い大和、
    河内に屯倉が置かれ、
    池溝開発や築堤など灌漑治水事業を行いました。


  • 県(こほり、こおり)
  • 6世紀後半~7世紀に、
    屯倉の大量設置があり、この屯倉がある程度発達し、
    広い地域で展開していきました。屯倉を拠点として、
    直接に地方を管轄した単位が(コホリ)です。

    律令制の郡(こほり)に発展していきました。

国造制度

大和朝廷の大王(おおきみ)は、
上記の氏姓制度で、
有力な氏族に対し、
(かばね)を与え、
王権との関係を結び、
氏族の地位を示しました。



姓には、国造、県主(あがたぬし)、
県稲置(いなぎ)があります。


大和朝廷は、支配下の各地の有力首長に対し、
物資労働力の徴発、
部民の設置などを要求する代わりに、
地域の首長を国造に任命し、
地域での支配権を保障しました。



王権によって任じられた国造は、
裁判権刑罰権
軍役を含む徴税権(ちょうぜいけん)、
農業を中心とする行政権、祭祀権(さいしけん)を持っていました。


大和朝廷が、服従させ支配した朝廷周辺の
豪族を県主に任命し、
県主が支配する地域を(アガタ)といいます。
名前の由来は、「吾が田」と推定されています。



畿内や瀬戸内海周辺など
越前・美濃・尾張以西の西日本に集中して存在しました。



倭の六県(やまとのむつのあがた)は、
大王の直轄地で、
六県は、曽布(添)(そう)、
山辺(やまのべ)、磯城(しき)、
十市(とおち)、高市(たけち)、
葛城(かつらぎ)を指します。
河内国や山背国の県もまた、大王の直轄地でした。


県稲置は、国造や県主よりも
小規模な地方豪族に与えた官職名です。
次に説明する八色では、県稲置は最下位です。


大化の改新以降の支配体制

大化の改新は、
646年孝徳天皇が発布した「改新の詔」に
基づく政治的改革で、
氏姓制度を廃止し、天皇を中心とする律令制度を志向したものです。



この段階で、国司が登場しますが、
国司にそれほど権力はなく、
国造と朝廷との連絡、調整係でした。


公地公民制
天皇の直属民であった名代子代
直轄地であった屯倉
さらに豪族の私地の田荘や部民をすべて廃止し、天皇のものとしました。

評制

645~654年頃、国造のクニを分割、再編し、
後に郡になる評という地域区分が設定されていきました。



国造、県主、部民や屯倉を管理していた地方豪族から有力者を選び、
評家(こおりのみやけ)とし、
評の官人である評造(ひょうぞう、こおりのみやつこ)、
評督(ひょうとく、こおりのかみ)、
助督(じょとく、こおりのすけ)、
評史(ひょうし、こおりのふひと)となりました。

評の下には五十戸(さと)が置かれ、
これは「里」と同じ意味です。

このように、国、評、五十戸
地方行政組織が全国に行き渡りました。

  • 評造
  • 評督、助督、評史と別におかれた役職

  • 評督
  • 評の長官

  • 助督
  • 評の次官

  • 評史
  • 評の実務官

八色の姓

646年の大化の改新以降の684年に、
天武天皇は、八色 (やくさ) の姓を制定し、
家格の尊卑を明確にし、
氏族を朝廷の統制下におこうとしました。


    1. 真人 (まひと)
    2. 真人は、継体天皇より
      数えて5世代以内の氏、公(君)(きみ)姓を称していた
      皇別氏族に与えられました。
      いわゆる皇族です。

      最初に真人の姓を授けられたのは、
      守山公、路公、高橋公、三国公、
      当麻公、茨城公、丹比公、猪名公、
      坂田公、羽田公、息長公、酒人公、山道公13氏です。

      貴族の姓(かばね)は、
      朝臣、宿禰、忌寸の三つです。


    3. 朝臣 (あそみ、あそん)
    4. 天皇家から分家し臣籍に下った氏族で、
      遠い皇親には (おみ)の姓が与えられました。
      この臣は朝臣 (あそみ) になりました。
      真人朝臣皇別と言います。

      物部氏中臣氏朝臣になります。


    5. 宿禰 (すくね)
    6. 連(むらじ)姓の神別氏族
      たとえば大伴(おおとも)、
      佐伯(さえき)などの有力豪族に与えられました。


    7. 忌寸 (いみき)
    8. 大倭(やまと)、凡川内(おおしこうち)、
      山背(やましろ)、葛城(かずらき)など
      畿内の一部の国造、
      紀酒人(きのさかひと)、大隅(おおすみ)のほか、
      難波(なにわ)、倭漢(やまとのあや)、
      河内漢(かわちのあや)、
      (はた)、(ふみ)の
      渡来系有力豪族に与えられました。

      忌寸となった氏族の旧姓は、ほとんどがでした。


    9. 道師 (みちのし)
    10. 伴造 (とものみやつこ) や、
      薬師,画師,鍛師など
      技術に通じた有力氏族に与えるためのものでしたが、
      実際には賜姓は行われませんでした。


    11. (おみ)
    12. 孝元天皇以前の皇族の子孫と称する
      皇別(こうべつ)の氏族に与えられました。


    13. (むらじ)
    14. 地方の豪族に与えられました。
      大連と呼ばれていた有力な地方豪族は、宿禰忌寸になりました。


    15. 県稲置 (いなぎ)
    16. 稲穀の収納を職務としていた屯倉の長官に与えられました。



国郡里制

701年、朝廷は大宝律令を制定し、
日本国内に国、郡、里
三段階の行政組織を置きました。

道制を採用し、
行政区画を畿内七道に分けました。


  • 畿内
  • 大和・摂津・河内・山城など天皇の権力がおよぶ範囲

  • 七道
  • 東海・東山・北陸・山陰・山陽・南海・西海。

七道の下に66国壱岐、対馬が置かれました。
国の下に評と呼ばれていた区域である郡が、
郡の下に里が設けられ、それぞれ国司・郡司・里長が置かれました。

里は、715年
郷に改められ、郷は2~3の里に分けられました。


国造と神社との関係

大化の改新と律令制度の導入によって
政教分離が進められ、
国造は世襲制の社家に、
国司は地域を治める役人
になっていきました。

現在まで続いたな国造出身の社家を示します。


  • 阿尺国造(あさかのくにのみやつこ)
  • 阿尺国造は、
    現在の福島県旧安積郡を含む
    郡山市にあった阿尺国を支配した国造でした。

    安積国造(あさかくにつこ)神社の
    社家として安積氏を名乗りました。

    現姓は、安藤と名乗っています。


  • 石背国造(いわせのくにのみやつこ)
  • 石背国造は、
    現在の福島県須賀川市岩瀬地区に
    あったとされる石背国を支配した国造でした。

    神炊館神社(おたきやじんじゃ)は、
    国造であった建弥依米命(たけみよりめのみこと)が
    自ら祭った祠が起源であり、
    先祖の建許呂命建弥依米命とを祀っています。

    石背国造神社(いわせくにつこじんじゃ) は、
    建弥依米命を祀り、
    国造の子孫が祭祀の職を世襲しました。


  • 无邪志国造(むさしのくにのみやつこ)
  • 邪志国造は、
    武蔵国東部の无邪志国を支配した国造です。

    東京都府中市にある
    大國魂神社(おおくにたまじんじゃ)は、
    出雲国造の氏族である
    出雲臣の先祖神天穂日命(アメノホヒ)の
    後裔が武蔵国造に任ぜられ、
    代々の国造が祭務を行いました。
    国造神社ともいいいます。



    埼玉県さいたま市大宮区にある氷川神社(ひかわじんじゃ)は、
    出雲の兄多毛比命(えたもひのみこと)が
    武蔵の国造となり、当社を祀りました。

    この一帯は、出雲族が開拓した地で、
    武蔵国造出雲国造と同族とされています。

    武藏国造であった武藏氏の子孫が代々この神社を祀っています。


  • 伊豆国造(いずのくにみやつこ)
  • 伊豆国造は、伊豆国を支配した国造です。
    静岡県三島市大宮町にある三嶋大社の神主職は、
    伊豆国造の後裔である矢田部氏(やたべし)が
    代々世襲しています。


  • 尾張国造(おわりのくにのみやつこ
  • 尾張国造は、尾張国を支配した国造です。
    尾張氏と朝廷との関わりは古く、

    孝昭天皇妃の世襲足媛(よそたらしひめ)、
    崇神天皇妃の大海媛(おおしあまひめ)、
    日本武尊妃の宮簀媛(みやずひめ)、
    継体天皇妃の目子媛(めのこひめ)などを
    后妃を輩出し、
    全国の国造家の中でも
    屈指の勢力を誇りました。

    愛知県一宮市の真清田神社
    名古屋市熱田区の熱田神宮
    愛知県春日井市の内々神社
    愛知県犬山市の針綱神社
    愛知県瀬戸市または名古屋市守山区の尾張戸神社
    愛知県南知多町の羽豆神社
    愛知県稲沢市の尾張大国霊神社
    愛知県小牧市の尾張神社と関わりがあります。


  • 杵築国造(きつきくにのみやつこ)
  • 出雲国は10の郡によりなっていました。
    国内の神社、神人のうち
    7郡杵築国造(現・出雲国造)に属し、
    残りの3郡佐陀神主に属していました。

    出雲国風土記等の古文書によると、
    出雲地方には熊野大社杵築大社
    2つの大社があり、
    出雲国造は両神社を司っていました。

    また、出雲国造は、
    南北朝時代に千家と北島に分裂したが、
    現在も出雲大社社家として存続しています。


  • 熊野国造(くまののくにのみやつこ)
  • 熊野国造は、
    現在の和歌山県南部と
    三重県南部の熊野国(紀伊国牟婁郡)を
    支配した国造です。

    饒速日命(にぎはやぎのみこと)の後裔で、
    子孫の一部は和田氏と名乗りました。

    熊野本宮・禰宜の職に就き、代々本宮を奉斎しました。


  • 角鹿国造(つぬがのくにのみやつこ)
  • 角鹿国造は、現在の福井県敦賀市、越前町、
    南越前町近辺を支配した国造です。

    子孫の角鹿家・島家は、
    氣比神宮の摂社である角鹿神社
    祭神建功狭日命( たけいさひのみこと )を
    氏神としています。

    明治以降、島家は官制下で神職をやめ、
    現在、島家の分家である旧萬性院家(角鹿家)が、
    角鹿国造家を継承し、
    福井県丹生郡越前町気比庄の氣比神社の社家として残っています。


  • 但島国造(たじまくにのみやつこ)
  • 兵庫県北部の但馬国東部地域を支配しました。
    後に日下部と名乗り、
    兵庫県朝来市にある粟鹿神社の社家となっています。


  • 丹波国造(たんばのくにのみやつこ)
  • 丹波国造は、
    現在の京都府中部および
    北部から兵庫県北部中部東辺に加え
    大阪府の一部に相当する地域である
    丹波国、但馬国、丹後国を支配した国造です。

    後に海部と名乗り、
    京都府宮津市大垣にある籠神社(このじんじゃ)の
    宮司を代々務めています。


  • 凡河内国造(おおしこうちのくにのみやつこ)
  • 凡河内国造は、河内国・摂津国・和泉国を支配した国造です。
    子孫の広峯氏
    兵庫県姫路市の広峰山山頂にある
    廣峯神社(ひろみねじんじゃ)の社家になっています。


  • 賀陽国造(かやくにのみやつこ)
  • 岡山県には吉備氏という豪族が居ました。
    この吉備氏の子孫に賀陽氏が居ます。

    賀陽高室賀陽国造で、
    賀陽氏は岡山県岡山市北区吉備津にある
    吉備津神社(きびつじんじゃ)の社家です。


  • 三野国造(みののくにのみやつこ)
  • 長良川の支流、
    大榑川右岸堤沿いある加毛神社は、
    一時期白髭神社に変わったが、
    明治2年加毛神社に改称し、
    明治6年福束輪中18ヶ村郷社に列し
    崇敬されています。

    開化天皇の皇子、
    鴨君彦坐王の子、
    神大根王が美濃国の国造となり、
    その子孫は西南濃地方を支配しました。

    また、この地域の開拓者たちは、
    鴨氏の祖神を奉斎でした。

  • 沼田国造(ぬたのくにのみやつこ)
  • 沼田国造は、
    現在の広島県三原市の
    沼田川(ぬたがわ)周辺地域を
    支配していました。

    沼田国造の子孫である筑紫家は、
    現在の三原市沼田東町本市にある
    沼田神社(旧渟田宮)の社家として
    存続し戦後まで続きました。


  • 億岐国造(おきしくにのみやつこ)
  • 大国主命の後裔の億岐氏(おきし)は、
    隠岐国造や隠岐国国司になり、
    島根県隠岐郡隠岐の島町下西にある
    玉若酢命神社(たまわかすみことじんじゃ)宮司を
    務めた社家のになっています。


  • 宇佐国造(うさしくにのみやつこ)
  • 宇佐氏は、
    下毛郡、宇佐郡の海人族である
    佐知彦命(さちひこのみこと)の子孫と
    推測され、宇佐八幡宮の社家となっています。


  • 阿蘇国造(あそうじくにのみやつこ)
  • 宇治氏の子孫が阿蘇氏に代わり、
    戦国時代に滅亡しましたが、
    加藤清正により復興させられ、
    現在に至るまで熊本県阿蘇市にある
    阿蘇神社の宮司家として存続しています。


  • 日向国造(ひなたくにのみやつこ)
  • 日向の熊襲は、
    景行天皇に背き貢物を出しませんでした。

    天皇は、日向に入り熊襲の国を平定し、
    御刀媛(みはかしひめ)を妃としました。

    妃は日向国造の始祖である
    豊国別(とよくにわけ)皇子を産みました。
    こうして、日向国造は、
    宮崎県東諸県郡国富町周辺の日向国を支配しました。

    日向国造は、諸県氏
    次いで宮永氏により世襲され、
    宮崎県宮崎市にある宮崎神宮を祀っていました。


  • 因幡国造(いなばくにのみやつこ)
  • 因幡氏は因幡国の古代豪族、
    古くから同国一帯に勢力を有していた
    因幡国造の子孫です。

    鳥取県鳥取市国府町宮下にある
    宇倍神社の神主だった伊福部氏は、
    因幡氏の子孫であることがわかっています。

  • 紀伊国造(きのくにのみやつこ
  • 紀伊国造は、
    現在の和歌山県である紀伊国を支配した豪族、
    紀氏の子孫で、
    代々紀伊国の国造職とともに
    日前神宮・國懸神宮の宮司をしていました。
    現在は藤原姓になっています。



国造が活躍した時代は、
たくさんの古墳が作られました。
古墳も神道に関係していますが、
また別の機会にします。
神社だけでなく古墳について調べてみるのも大切かもしれません。

Sponsored Links