Pocket

神護寺ってどういうお寺?
空海さんとどんな関係があるの?





本当にこちらは
「清らかな空間」でした。



都会では絶対に味わえない、
清々しさと、気高い気分を
満喫できます。




私は高野山で空海さんに言葉を
いただいてから、



こちらに十数年ぶりぐらいでしょうか?
参拝させていただいたんです。



空海さんが、
こちらでどんな年数を
過ごされたのか、

じっくり考えながら
境内を散策すると、

一般の観光地とは
また違った充実感で満たされます。



空海さんとのご縁を
より深くするためにも、

ぜひとも参拝していただきたいお寺です。
(´▽`*)



今回も又、
ちょっとうれしい出来事がありましたので
報告しますね♪


それでは、いってみましょう~

Sponsored Links

京都 神護寺とは?

神護寺とは、
空海さんが建立したお寺ではないんですね。


平安遷都の造営大夫(最高責任者)として
活躍した高級官僚、

和気清麻呂(わけのきよまろ)という方
なんです。


彼は国家安泰を祈願して
河内国(かわちのくに) に
神願寺(しんがんじ)、


そして


私寺として現在の神護寺の場所に
高雄山寺(たかおさんじ)を建立しました。


現在の神護寺は、

清麻呂の2人の息子の
要請により、合併され、

空海さんが
神護国祚真言寺(じんごこくそしんごんじ)
という名称にしたのが始まりだそうです。



実は、空海さん、

神護寺になる前の高尾山寺で
14年間も、住まわれていたんですね。



というのも、



当初、空海さんは
朝廷の勅令を受けて、

20年間は唐で密教を学んで
居るはずだったんです。


ところが


習得スピードがあまりにも早く、
超人的
だったんですね!(ºωº;≡;ºωº )


だから、


一刻も早く、
密教を伝えようと、
わずか2年で帰国してしまうんです。
∑(゚□゚;)


3年目になってようやく、
入京が許されると、

空海さんは
高雄山寺に招かれました。


長年、天台宗を学ばれた最澄さんとも、

短い期間でしたが、
こちらで親交を深め、



空海さんが最澄さんに
潅頂(かんじょう:密教の儀式のひとつ)
を授けたのも、こちらだったそうです。



要するに、



高野山に入る前の空海さんにとっても、
とても、意義深いお寺だったことは
間違いなく、



今も、こちらで呼びかければ、
答えてくださるんだそうです。
(´▽`*)


京都 神護寺境内へ向かう

私達家族がこちらに訪れたのは、
土曜日の早朝。



ゴールデンウィークに入ってすぐ
だったので、

まだ人が居らず、
清滝川の水音が響いて、
野鳥もさえずり、

とても気持ちの良い空間になっていました。













神護寺には、駐車場はありません



最寄りでいえば、
ふもとに高尾観光ホテルの駐車場があって、

そこに駐車すれば
境内までは歩いて約10分くらいですね。

(注 一気に登れたらの話です(笑)
休憩を入れたら15分くらいかかるでしょう)










といっても山道。



参道を見上げると・・・。

うわぁ~・・・・・。

この階段を登るのかぁ・・・・。

と一瞬固まります。(笑)

結構、急な山道で、
私は手すりにつかまって歩きました。



一息ついたところに、
硯石(すずりいし)なる巨大な石があります。

空海さんの伝説はいろいろありますが、
これもそれの一つだと思います。

















こちらから、
またさらに、キツイ登り坂を登り切った所に
あるのが、

山門です。







境内の中は・・・。

ほんとにもう・・・・!
ここはなんて言ったらいんだろう??



本当にクリアで
悪い物は一切ありえない空間に
なっているんです。www

桜井識子さんによると
こちらは、土地に悪い物がしみ込まないように、
細工がしてあるとか。



それが空海さんによるものなのか、
他の仏様のお力なのかはわかりません。


しかし、



万が一、自分の身に何か邪悪な物が
ついていたとしたら、

一瞬で浄化されるような空間になっているんですね♪
(゚ー゚)(。_。)



何はともあれ、
私はとにかく空海さんとお話がしたかったので、



必死で大師堂を探しました♪


空海さんがお住まいになっていた大師堂

境内をまっすぐ進むと、

ありましたよ~( *´︶`*)

境内をまっすぐ進んで一番奥に♪




空海さんが住職として14年間住んでいらしたという、
大師堂です。




こちらは、空海さんがお住まいだった当時は、
もっと簡素な造りだったそうです。









当然、扉は閉じられているのですが、

板彫の弘法大師像(重要文化財)が
安置されており、
毎年11月1日から7日まで、

参拝することができるのだとか。(^^)


作られたのは鎌倉時代。

大師堂は、江戸時代に再建されたものだそう。






こちらに立ち止まって、
しばらく空海さんに話しかけました。(笑)



空海さん!

先日高野山の奥の院に参拝させていただきました
〇〇と申します(´▽`*)



今日はこちらでも、
空海さんのお声が聞きたくて、
家族で参拝しました~




こっちは必死(笑)



残念ながら、お声は聞き取れませんでしたが、
たぶん、こんな風におっしゃったんじゃないかなぁ・・・


おぉ~!
また家族で来たんか~!




山道大変だったじゃろう~。



子供は泣かなかったか?



なんちゃって♪


神護寺のご本尊 薬師如来

幸せモード全開で、
続いて向かったのが、




ご本尊のある金堂です♪







またしても、ものすごく急な階段があって、
数えたら、40段ございました(゚◇゚;)。



いやぁ~・・・ご利益を賜るためには、
なんのこれしき!
って感じで登らないとダメなんでしょうね(笑)





階段を登ってから
金堂の中を見ると、

薄暗い中に

仏像が何体かいらっしゃる・・・。



お賽銭を入れて手を合わせていると、
若いお坊さんが、側に来てくださって、


どうぞ。中へ


とのこと。



きゃぁ~♪♪
いいんですかぁ~
(。☉౪ ⊙。)



と喜んで上がらせていただき、
中央にいらっしゃるご本尊、薬師如来像の前で
ひざまづきました。




ご本尊は残念ながら撮影禁止。











引用:ウィキペディア

薄暗い中でお顔を見上げましたが、
どうしても表情までは、
読み取れませんでした。

残念デス。(TдT)


その他見ておきたい展示物といえば、

金堂に入ってすぐ右側に、
空海さん直筆の灌頂歴名(かんぢょうれきめい)が
飾られています。



空海さんが、本当にこちらにいらっしゃったんだ。
と強く感じる瞬間ですので、



展示されていれば、
ぜひ、ご覧になってみてくださいね♪


かわらけ投げができる場所は瞑想スポット♪

続いて、私達が向かったのは、
神護寺が発祥という
名物「かわらけ投げ」ができる
絶壁です。







要は厄除けで、
素焼きの小さな土器を
投げるのですが、

ここはもう、
申し分のない眺望を楽しめる所なんです♪
(。☉౪ ⊙。)












しかも!
ここは空海さんが、時間がなくて、
山に登れなかった時など、
瞑想しに来られていたそう。
( *´︶`*)


そんな時は、正面の山から
山の神様が下りてこられて、

空海さんと話をされていたとか。



「かわらけ投げ」の看板があるところから、
まっすぐ正面を見た山です♪







↑この山の神様だそう♪(´▽`v)




当時は当然、柵もなく、
そのまま崖っぷちになっていたと思うんですが、
(; ̄ー ̄A
ここに空海さんがお座りになられていたんだ!
と思うと、また感慨深いものがありました。


ちょっとしたハプニング

Sponsored Links

実はですね♪

今回こちらに伺ったのは、
ぜひとも、空海さんのお声を
できることならもう一度、聞きたかった、
という事があるのですが、



前回の高野山での出来事のように
空海さんのお声が聞けたという訳では
ありませんでした。


かわらけ投げをした後、

私が金堂に行った時、
娘も主人も金堂には上がってこなかったので



その理由を聞いたら、
なんと、ムカデが居たというのです。(; ̄ー ̄A



当然、娘は大騒ぎ。

ぎゃーぎゃー泣きわめいているので、
それをなだめながら、

境内の坂道を下っていると、

居たんですwww





ヘビだぁぁぁぁ~~~♪♪♪
(笑)



こうしたお寺や神社の境内で突然現れる

ヘビなどの動物は、
参拝者が嫌われている、という訳ではなく、




その意味は逆で、

神様・仏様が大歓迎♪してくださっている
という意味らしいのです。

私が大好きな
スピリチュアル作家 桜井識子さんが
何回も書かれていました。(。☉౪ ⊙。)



もう私は、このヘビちゃんを
必死でスマホで撮影しまくり!!www



私が神社・仏閣の境内でヘビを見たのは
初めてだったんです!!!



空海さんはもしかしたら、


ワシが必死で話しかけておるのに、
コヤツは聞こえておらんのう~・・・
(^_^;



しょうがない。
わかるサインだけ出しておくか・・・。




なんて、思われたのかもしれない!!!(。☉౪ ⊙。)

と感じて、歩きながら、
空海さんに何回も


ありがとうございました!!
空海さん!!
また、いろいろと参拝させていただきますので
よろしくお願い申し上げます~!!!




とお礼を言い続けていました。

ムカデもちょっといたずら心があったのかも
しれませんね♪



会ったことはない方なのに、
なぜか、ものすごく親近感を感じてしまった
うれしい瞬間でした。(笑)



これからも、
空海さんにお手紙を書き続けて、
ゆかりのお寺・神社に参拝していこう♪
と思います。


神護寺 アクセス

神護寺

    住所 〒616-8292
        京都市右京区梅ヶ畑高雄町5番地

    電話 075-861-1769



    京都駅 JRバス

  • 栂ノ尾(とがのお)行き
  • 周山(しゅうざん)行き
  • 往復800円パス利用

  • 京都駅 約40分


  • 駐車場

  • 高尾観光ホテル 1日500円

終わりに

私は10数年ぶりに参拝した神護寺でしたが、
当時とは全く違う印象を持てたのが不思議でした。
www


最初の参拝では、
金堂の源頼朝像の肖像画を見た印象しかなく、
空海の「く」の字も出ててこない有様(笑)



やはり、
こういう神社・仏閣に参拝する際は、
あらかじめ、勉強しておく事が
大事なんだなぁ~・・・としみじみ思いました。


ちなみに、


空海さんのいらっしゃった当時を
味わいたいなら、


ぜひとも、朝方、
あまり他の参拝者が居ない時期を
狙って行ってくださいね。www


声は聞こえなくても、
ゆっくり話しかけると、空海さんは
絶対にあなたの声を聴いてくださっていますよ(´▽`v)





ぽちっ!としてもらえるとうれしいデス♪





空海さんのお声が聞けた
高野山 奥の院の記事はこちら♪