Pocket

石清水八幡宮に参拝したい!
どんな神様が御祭神で
ご利益は?



京都と言っても
八幡市。

男山(おとこやま)山頂に
石清水八幡宮はあります(*´∇`*)



その信仰は古く、
源平や足利をはじめ、

織田・豊臣等、戦国武将が
篤く信仰し、
軍神として広く世に知られていたんですね!



それもあってか、

現在は、
武将のような
強い精神を持った子供にしたい
という親御さんはもちろん、

仕事で成功したい方なども
どんどん参拝に訪れるとのこと!

そんな石清水八幡宮について
行ってきたので、
報告しますね~♪((((ノ。・ω・。)ノ♡

それではいってみましょう~

Sponsored Links

石清水八幡宮とは?

貞観元年(859年)に南都大安寺の僧行教(空海の弟子)が
豊前国、宇佐神宮にて受けた
「われ都近き男山の峯に移座して国家を鎮護せん」
との神託により、
翌貞観2年(860年)清和天皇が社殿を造営したのが創建とされる。

引用:ウィキペディア

空海さんの弟子である
行教 (ぎょうきょう )さんというお坊さんが、
豊前国(大分県)の
宇佐神宮で清和天皇の即位を祈祷したところ、
八幡大神という、武運の神様から、



私の都の近くに男山があるが、
こちらに私を祀って
国家を守りなさい



と神様のお告げを受けた。



そこで
その教えにしたがって、
清和天皇が社殿を造営したのが始まりなんだそうです。



という事で、



石清水八幡宮の神様は、
宇佐神宮の武運の神様である
八幡神が勧請されたんですね。
( 神仏の分霊を
他の神社・お寺に移して祀る事)



なので、
歴史的に見ても、

石清水八幡宮に参拝してこられた方は
圧倒的に戦国武将などの戦をされてきた
武士が多かった
んだそうです。



例えば、
あの織田信長さん。

識子さん曰く、
神様がおっしゃるには、

参拝というより、脅し・・・・∑(゚□゚;)



叶わなかったら、どうなっても知らんゾ!
とか
叶ったら、神社の世話をしてやろう!
とか、
むちゃくちゃ・・・。(笑)



当時の戦国武将は、
だいたいこのパターンだったそうで、

豊臣秀吉も
伏見稲荷大社で
どなり散らしていたんだそうですね。
(爆)



そんな武士たちでも
見守ってきた石清水八幡宮の神様。(´▽`*)



識子さん曰く、
そのうちの一人(?)は、
女性の神様で本当に大分の宇佐神宮から
来られているそう。



石清水八幡宮のご祭神は

応神天皇(おうじんてんのう)
比咩大神(ひめおおかみ) 
神功皇后(じんぐうこうごう)

女性の神様なら、
比咩大神様なのかなぁ~。(;^_^A




存在感が武将のように
どっしりと重々しい方で、



半面、

かなり細かいところまで、
きっちりと面倒を見てくださる
愛情深い方のようです。




歴史的に見ても、
多くの武将たちが厚く信仰していたので、
軍神とされていたんですが、



元は違うそうです。



現在は、いくさはないので、
願い事はなんでもOK!
とのこと(o^―^o)ニコ



親身になって願い事を
聞いてくださる神様のようなので、

どうしても叶えたい事があるなら、
ぜひ一度、
参拝してみてはいかがでしょうか?



石清水八幡宮はお宮参りに最適♪

私たちが参拝した際は、
小さなお子さんを抱えてお宮参りを
されている方がたくさんいらっしゃいましたよ。




子供の成長を願う親としては、
やはり、成長するに従って
起こってくる、様々な困難に打ち勝つ、

力強い誠心を持った子に成長してほしいもの。(゚ー゚)(。_。)



昔の武将のように
たくましい魂を持った子供に育ちますように!

と祈願すれば、
神様は本当に、そんな子供になるように
あたたかく見守ってくださるそうです。

( *´︶`*)



神様が居てくださる!と思うと
本当に心強いですよねぇ~www


ちなみに、



私の高校時代の旧友は、
幼いころ、八幡市に住んでいて、

毎週のようにお父さんと一緒に
こちらに参拝されていたんだそうです。
(*´∇`*)



おかげで、彼女は現在、
本当に肩で風を切るようなたくましい女性に
成長しました。(笑)




ボーイスカウトの班長を長年勤め、
3歳になるかならないかの息子を連れて
富士登山を決行www



エベレストまではいかないにしても(笑)
今でも日本の山々を一人で制覇するんですから、

スゴイです。(*´∇`*)



あなたもぜひ、
お子さんを連れて
参拝してみてくださいね♪



石清水八幡宮の境内&登山はケーブルで楽勝♪

さてさて♪

そんな魅力的な神様がいらっしゃる
石清水八幡宮!

私達家族も行ってきましたよ~

まずは男山のふもとの駐車場に
車を停めて、

そこから、


ずーーっと右側に歩いていくと、
ケーブルカー乗り場があります(*´∇`*)

ケーブルに乗ったら、
頂上までは、5分くらいでしょうか?

あっという間です。





降りてから、
境内まで少し山道ですが、







この日は、本当に良い天気で、
歩くのが気持ちよかったです(*´∇`*)





境内に入ると、
正面に見事なご本殿が・・・。



はっとするほど、綺麗な朱色!!




見た目もスゴイのですが、
識子さんによると、

目に見えない世界のオーラ
きらびやかで誇り高いのだそうです。







いくさに行く前の
武士たちは、

死ぬかもしれないし、
人を殺さなければいけない。



しかも



戦場は、自分が住む所よりは
はるかかなた。



当時は自動車も無ければ
電車・バスもありません。



山に登り、
峠を越え、



馬に乗った大将に
徒歩・駆け足で従わないといけない。
( ̄- ̄;)
堪忍してくれー!!

こんなしんどい目をして
死にに行くのかよーーーーーー。

助けてくれー!!!!

って感じだったんじゃないかと思うんです。



しかし、



実際は、

手柄をたててやるゾーーーーー!!!

行ったるでぇぇぇーーーーー!!!

という、
実に高揚した気分で
いくさに向かったんだそうです。(;^_^A



ほんまかいなー?
今だったら、絶対に行かへんわ~!!

と思ってしまう
小心者の私ですが、


本殿で手を合わせて
当然、私も娘の事を祈願いたしました。
(笑)





Sponsored Links


それから


パワースポットであるという
本殿裏側に回りました。


こちらには、
摂社や末社が点々とあるのですが、



それと一緒に、

ご神木もあるんです♪(o^―^o)ニコ



見てみると、
神社の関係者の方々が、
結構たくさん出てらっしゃて、
(神主さん?)

参拝者の方々に境内の説明をされていました♪



意外と、これって
ありがたいんですよね♪(笑)



本で調べてもわからないことを
教えてもらえますから。(゚ー゚)(。_。)



参拝する側からすると
ものすごく勉強になります。



解説されている後ろで、
私もちょっとだけ漏れ聞かせていただきました。
(๑¯◡¯๑)











こちらには、

楠木正成公が必勝祈願参拝の際、
奉納されたという巨大なクスノキがあります♪




こちらの葉っぱを
本殿にまくと、
虫が全く寄り付かないんだそうですヨ(๑¯◡¯๑)





本殿をぐるっと一周すると、
娘がおみくじを引くというので、

ひかせました♪
(願い事は叶うが、今は努力の時期とのこと♪(笑)


しばらく、スマホで一生懸命写真を撮影していると、
娘の姿がない!!(^^;)



あれ?

と探してみると、
彼女は、本殿の前の椅子に寝転がっておりました。www



おいおいおいおい!!!!
神様の前で失礼な!!∑(゚□゚;)



と一瞬思いましたが、


参拝している最中に突然眠気が来て、
うたた寝するのは、

よい事なんだそうです♪



神様が私達に、
魔を払ったり、パワーを与えてくれていたり、
治療してくれたりという、
メンテナンスをしてくださるとか(。☉౪ ⊙。)



その際、



私達の意識は不要のようで
神様は眠らせてくれるんですね(๑¯◡¯๑)



石清水八幡宮へのアクセス

それでは♪
石清水八幡宮へのアクセスをご案内しますね(๑¯◡¯๑)

境内のある山頂までは、
車でも行けます♪(駐車場アリ)


石清水八幡宮

〒614-8005
 京都府八幡市八幡高坊30
 075-981-3001

    電車

  • 京阪電車「八幡市駅」徒歩20分
  • 男山ケーブル「男山山上駅」徒歩約5分
  • 駐車場500円
  •   (am8時30分からpm4時)




終わりに

登りは、ケーブルカーに乗りましたが、

帰りは下りなので、
山道を下りました♪



とても気持ちいい参拝でしたよ♪

あなたも機会を見つけて
ぜひ、お子さんを連れて参拝してみてくださいね♪


ぽちっ!としてもらえるとうれしいデス♪