Pocket

出雲大社の神在月って、いつ?
日本全国の神々が集結するってホント?

はい(´▽`*)
本当にそのとおりなんです。

私も今回行ってきたんですが、
返って来てから、
そのパワーを実感しました!!

家族の体調が良くなった。

仕事が波に乗ってきた。


これは本当にそうなんですよ(´▽`*)

日本全国の神々たちが1年に一度だけ集結する
出雲大社!

私の大好きな桜井識子さんの
アドバイスに従って、その参拝方法もご紹介しますね(´▽`*)

Sponsored Links

出雲大社の神在月は?

通常は旧暦10月を
神無月(かんなづき・かみなづき)
出雲では神在月(かみありづき)と言います。

なぜなら、

この時期だけ、
日本全国の八百万の神様が、
出雲に集まるという
伝説があり、

出雲大社だけは「神在月」という名称なんですね。

しかも、旧暦で行われるので、
毎年日程が変わるんです。

期間は、旧暦10月11日から17日まで7日間



正確には11月こそが
本当の神在月だと言えます。


2017年の日程は
11月27日19時〜12月4日16時まで。

毎年、日程は変わるので、
お間違えのないように(⌒∇⌒)


%e6%8b%9d%e6%ae%bf




発祥は古く、平安時代より以前から
ずっと長く信仰されているものなので、

それが真実か、否かより

その雰囲気を味わうのが一番ですね。
(´▽`*)



本殿の上に神様は集結する

大阪に住む私達一家は、
出雲大社にほぼ一年ぶりに参拝したのですが、

まず、「日帰りで行く」という事で、
気合いを入れていきました。(笑)

そもそも、
今年は私の実母の体調が
すぐれなかったという事もあって

今年の出雲行きは、「無理!」
と言っていたのですが、

ぎりぎりになってから、
私の従弟が、母の事を夕方まで見てくれると
申し出てくれたので、

突然、

行ける事になったんです♪♪♪(´▽`*)




これは本当にうれしい事で、
神様のお導き♪と感じました。




神様に常に感謝して、
神社に参拝していると、

本当にお導きと感じる出来事が
頻繁に起こるんです。



出雲には
片道4時間~5時間かかるし
駐車場は、この時期、
すぐに満杯になるであろう、

という主人の推測があったので、

当日は、早朝3時に車で出発。

駐車場も
なんとか無事駐車できたので、
%e9%a7%90%e8%bb%8a%e5%a0%b4

境内をゆっくり家族で
歩いて参拝することができました。



%e9%b3%a5%e5%b1%85

しかしながら、
なぜに

神在月の出雲大社へなぜ「行こう!」
と思っていたかというと

この本を読んだから♪

識子さんの本は、
全て持っていて、特にこの本はもうボロボロになるほど
読み込んでいるのですが、

神在月の出雲大社については、
識子さんが特に、
力を入れて執筆されているんです。
(´▽`*)




境内の東と西に
「東十九社」「西十九社」
と名付けられた神様の宿泊所があり、
「神議(かみはかり)」にはこの東西の十九社に、ご宿泊されます。

通常はこちらは、扉が閉じられているのですが、
神在月にはこんな風に扉は全開で、

たくさんの方が参拝されていました。

%e7%a5%9e%e3%81%ae%e5%ae%bf%e8%88%8e

神在月の出雲大社には、
本殿の上空に透明の6階建ての建物があり、

その中に
とてつもなく多くの神々が
各フロアに集まっているのだそう。
( ゚ ▽ ゚ ;



%e6%9c%ac%e6%ae%bf
実際、私はそうした能力がないので
神々のお姿を見る事は、当然できないのですが、

会議をしている神々の姿を想像しながら、


「お目にかかれて光栄でございます。
それぞれに神社に参拝した際には、

ご縁をいただけますように。。。
お願い申し上げます」



とご挨拶して、祝詞を唱えました。

実際、神在月に神様達は大切な会議を行うため
出雲に集まっているため、

願い事はできないんだそうですが、




実際この時期に参拝しておくと、
日本全国にいらっしゃる八百万の神様達は

絶対に、参拝した者を覚えているんだそうです。
(*´∇`*)

これだけでも、
ありがたいことですよね♪

日御碕神社で神様を感じました

Sponsored Links

日御碕神社(ひのみさきじんじゃ)は出雲大社から
車で海岸線を北上して20分くらいのところにある
海の神様です。

%e6%97%a5%e5%be%a1%e7%a2%95%e7%a5%9e%e7%a4%be1

前回、こちらに来た時は、
神在月じゃなかったので、

稲佐の浜と一緒にこちらにお参りしてから
出雲大社に参拝しました。


今回は当然、
出雲大社に参拝してから、
日御碕神社へ♪

なぜかというと、

こちらの神様も、
きっと神議にご出席になっているはずだから、

参拝してもきっと「お留守だわ」って思ったからです。


境内に入ると、
独特の柔らかさというか、

かなりスピリチュアルな雰囲気
満喫できる神社なんです。


「神様は出雲にいらっしゃるから、
先に、出雲でご挨拶してきたし、

本殿の参拝はいいか・・・」


と厚かましくも思った私は、
正面の「日沈の宮(ひしずみのみや)」
の前を軽く会釈して素通り。
(おいおいおいおい)



何気なく、境内を見渡すと、

一人の神主さんらしき方が、
階段の上の高台にある
「神の宮」の方へ歩いて行かれました。




それを見ながら、
真っ先に
私が向かったのは、

お稲荷さん。www


%e3%81%8a%e7%a8%b2%e8%8d%b7%e3%81%95%e3%82%932



日御碕神社にあるお稲荷さんは、
識子さんの本にも紹介してあって、

こちらで、
遠方なのでしょっちゅうは参拝できません。

と断りを入れて、
お話しをするときっちりと聞いてくださるそうなので、

1年ぶりに来た事を報告してから、

しっかり祝詞も唱えておきました。


お稲荷さんの参拝を済ませてから、
先ほどの「神の宮」に戻ると、なんと!!

先ほどの神主さんが
祝詞を唱えるところに遭遇したんです♪


これって識子さんによると、
神社の神様からの歓迎の意味になるそうで、

「うわぁ~!!!」

と感激した私は、
「神の宮」の前で手を合わせ、
祝詞が終わるまで、じっと聞いていました。
www

(´▽`v)



帰りがけに社務所によって、
こちらにしかない
御神砂守も購入。
♪♪

こちらも、

お砂守りが欲しいんですけど・・・

と告げてからじゃないと、出してもらえません。
(; ̄ー ̄A

社務所の方も、
かなりにこやかな方で

「ようこそ、お参りくださいました♪」
と素敵な言葉をかけてくださったので、
とても幸せな、ひとときを過ごせましたねwww


そのご利益??

ふっふっふ・・・・。これがスゴイ!!

私は、
長年ずっと下半身のだるさが取れず、
ずっと悩み続けていたのですが、
出雲から帰ってから、

朝のウォーキングの際、
走っても全然大丈夫になりました。

バンザーイ!!


主人もお通じが、
1日2回になった♪www

要介護2の母も、
ウォーキングができるようになりましたよーん♪




そして!!!



仕事なんですが、
仕事のスカウトメールがどんどん
入るようになって、
そのうちで、
一番、うれしい仕事が決まりました♪


やっぱり神様の御導きがあれば、
無敵ですね♪www

あなたも、機会を見つけて、
ぜひぜひ!!神在月の出雲に出かけてみてくださいね~
(´▽`v)


●出雲大社

住所:〒699-0701
    島根県出雲市大社町杵築東195
電話:0853-53-3100







●日御碕神社

住所:〒699-0763
    島根県出雲市大社町日御碕455
電話:0853-54-5261




Sponsored Links




ぽちっ!としてもらえるとうれしいデス♪