Pocket

奈良の橿原神宮は、
昨年11月に参拝してから、

なぜか、

ずっと印象に残りつ続けていた神社だったんです
(゚ー゚)(。_。)

だから、

今年、小学校入学を控えているわが娘を連れて、
今回、半年ぶりに行ってまいりましたwww。


そしたら、ですねぇ・・・。

またしても、遭遇してしまったんです!!


橿原神宮の御祭神は、
日本の初代天皇である神武天皇

その神武天皇様が、
「おぉ!おぉ!久しぶりじゃのう~(^^)

よう来た。よう来た!!」

と歓迎してくれているような出来事が
連発して起こったんです。www。




あなたの脳が
「行ってみたい・・・!」
感じている神社があるなら、

ぜひ、すぐにでも出かけてみましょう♪

あなたに、ご縁があって、
ご利益を授けてくれる神社は、
使者を使って、
ずっとあなたに、声をかけ続けているはずです♪



今回、私が体験したラッキーな出来事は、
神武天皇を導いた、やたがらすが
導いてくださったのかなぁ・・・なんて
感じられて、本当に幸せでした(^^)




それでは、いってみましょう~



Sponsored Links

二千六百年大祭

私達が橿原神宮に行ったのは、
2016年4月2日(土)。

神武天皇が亡くなってから、
2600年が経つという事で、
神武天皇二千六百年大祭 奉納行事の
一環として、

4月11日から17日まで、
橿原神宮で、様々なイベントが企画されているんですね。



でも、私達はそんな知識は、
最初からすっかり抜けていました。
www。


昨年の11月に京都御所から移築された
御本殿の桧皮屋根を葺替えに、

これもたまたま遭遇して、
本当に感動的な時間を過ごす事ができたんですが、




今回は、その大々的なイベントの前に
横綱 鶴竜関 土俵入りが行われていたんです。



鶴竜1のコピー

私は横綱といえば、白鵬(はくほう)しか知識がなく、
(おいおいおいおい・・・)

のっしのっしとやってくる
鶴竜(かくりゅう)を見たときも、

「どっかの有名なお相撲さんかな?」程度に
思っていたんですね。www。




ところが、やってきたのは、
横綱に昇進したばかりの鶴竜

相撲は、神道に基づいた神事なので、
こういう行事に遭遇できる事自体、

ものすごく幸運な事という事で、
本当に、本当に幸せな一瞬でした(^^)



こういう行事に「導かれた」という事は、
やはり、導いてくださった使者が居るわけで、

その使者は、橿原神宮にはちゃんと居るんです。

それが・・・。

3本足の八咫烏(やたがらす)という訳なんですね♪

神武天皇と八咫烏(やたがらす)



Sponsored Links

神武天皇(じんむてんのう)といえば、
日本書紀や古事記に登場する
日本の初代天皇とされている方です。

神武天皇は、橿原神宮の御祭神。

なぜそうなのかはこちらに記載しています。



また、




橿原神宮のお守りや絵馬には、
3本足の「八咫烏(やたがらす)」
がマークとして使われているんです。


なぜ、そうなのかというと、

やたがらすは
はるか太古の昔。

神武天皇が九州から東征の途上、
天からつかわされて、神武天皇を熊野国から大和国へ道案内し、
彼らを勝利に導いたとされる伝説の使者という訳。

現在、
JFA(サッカー日本代表)のシンボルマークと
なっているのは、よく知られていますが、

この伝説が元になっているんですね♪
(´▽`v)

横浜Fマリノスの中村 俊輔選手には、
この、やたがらすが付いているそうです。




フィールドを走り回っても、
まったく疲れないそうですから、

やたがらすはものすごいパワーを持っているんですね。
(゚ー゚)(。_。)


まとめ

私は、今回どうしても行きたかった橿原神宮で、
横綱鶴竜の土俵入りと遭遇できたわけですが、

橿原神宮に限らず、
あなたにも、ずっと気になっている神社があると思うんです。

目には見えないかもしれませんが、
もしかしたら、

やたがらすのような使者が
あなたに「さぁ、こっちだよ。おいで♪」

と言い続けているとしたら、
それに素直に従うべきだと思います。
(゚ー゚)(。_。)。

私はゴールデンウィークに、
やはりまた、すごく気になっている
熊野速玉大社・熊野本宮大社・熊野那智大社
参拝してこようと思っています。

(´▽`v)

やはり、やたがらすのお導きでしょうか?www。

楽しみです!!!



Sponsored Links




ぽちっ!としてもらえるとうれしいデス♪