Pocket

真名井神社は、
古代丹後王国の時代に神々が
最初に降り立った神聖な社

実は、昨年の9月に、
私達はこの真名井神社を参拝していたんです。

しかしながら、

この時は、
他の元伊勢と呼ばれる神社をまとめて参拝したので、
時間がほとんどなく、

一瞬で、
真名井神社と籠神社を参ってしまいました。
(^▽^;)


ところが、

この真名井神社は、
大和朝廷があった時代より、
はるか以前より、

世界の中心とされ、
各国から多くの人々が訪問されていたとの事を知り、

ぜひとも、
そのパワーを享受したいと思って、
再び、家族3人ででかけてきたんです!!
(b^ー゜)!!


ものすごく興味があるあなたに、

神の王国である
籠神社・真名井神社で、

私が感じた事をお伝えしますね!

それでは、いってみましょう(*´∇`*)



Sponsored Links



神の王国:真名井神社

前回同様、

私達家族は、主人の運転する車で
籠神社に向かったのですが、

大阪からだと
舞鶴若狭自動車道軽油で時間的に2時間弱






近畿にお住まいなら、
「ちょっと羽を伸ばしに来た」という
感覚で訪問することができます。






遠方なら、時間を取って、できれば現地に宿泊すると
いいと思います。
真名井神社のすぐそばにユースホステルもありますしね(´▽`v)

宿泊して、
ゆっくり神様と対話してみてください♪
それほど、素晴らしいところです♪






駐車場は、籠神社にあるので、
そこに駐車し、

真名井神社へは歩いて約10分あまり。

真名井神社看板1






DSC_1362

昨年の9月に来た時は、
籠神社への参拝者は結構な数居て、
中国の方々がいらっしゃったのですが、

真名井神社へ参拝される方はほとんどおられず、

ひっそりとした雰囲気が漂っていました。

でも、

今回は、そこそこの参拝者が。





これは、とある国家認定診療治療家の方が
ヤヌスホールという、目に見えない地獄へ通ずる穴を
封印したからだそうです。

これがあると、魔の霊気が漂い、
人々が寄り付けないとか。
(^▽^;)

封印したのが平成26年9月とのことなので、
私達が最初に真名井神社へ参拝したのと時期は同じ。






おそらく、私達が訪れた時期は
封印された直後だったのではないかと思います。

訪問した当時の事は、
こちらに記載していますが、

真名井神社に向かう途中、
たくさんのアゲハ蝶が舞い飛んでいたので、
歓迎していただけたんだと思います。
(´▽`*)





真名井神社の氏神は、
丹波王国の最高神である
豊受大神(とようけおおかみ)。

真名井神社は、元伊勢:籠神社の奥宮であり、
かつて「吉佐宮(よさのみや)」と呼ばれ、
古代ヘブライ語では
地上の最高神が現れたところ」という意味なんだそう。

そこへ大和から来た
天照大神と一緒に
元伊勢として、4年間祀られたようです。

最終的に伊勢に祀られる事になるわけですが、

その際、

天皇の枕元に天照大神が現れて、
自分のそばに、豊受大神を祀る事を切望された
という事で、

伊勢の外宮に招かれたという流れがあるようです。

大昔の話であるし、
かなり伝説的な部分もあるかと思うのですが、

そんな経緯を念頭において、参拝すると
また違った味わい深いものになると思います。





真名井神社のご霊水・正殿・磐座

Sponsored Links

真名井神社の鳥居をくぐって、
境内までは、一直線の坂道なのですが、

途中から、だんだん、
恐れ多いんだけど、
目に見えない力に引き寄せられるような感覚があって、

とても、心地よかったのが率直な印象です。

他のサイトを見ると、
奈良の大神神社内にある狭井神社の
登山口の雰囲気に「似ている」と書かれていましたが、

三輪山は、
この身に「迫ってくる」感覚であるのに対し、

こちらは、「惹きよせられる」感覚です。

ムービーを見ていただくとわかるんですが、
境内に入ってすぐ左手に、
真名井のご霊水が湧き出しています。

DSC_1378

「真名井」という敬称は、
清浄な水につけられる最大級のもので、

スピリチュアルカウンセラーの江原啓之さんも、
最大級のパワースポット」であると絶賛されているそうです。

私達も、当然、
こちらのご霊水をペットボトルに入れて
持ち帰りました♪(^^)






飲んでみた感想。

私は、かなり柔らかい印象があって、
ミネラルウォーターのように

使っているんですが、

関東に住む私の友達にも送って
感想を聞くと、

私とは正反対で、
「硬い」という印象を持ったそう。
(^^;)

「あれぇ~?」と思って、
彼女からの連絡を待っていると、

あとで補足してきたのが

「喉ごしがクリアというか、済んでるって感じ♪」

とメールしてくれましたwww。

しかも、

飲んだ後、体が熱くなるというのも
強調してましたね(´▽`*)

この水が届いた時は、
風邪をこじらせていたのに、

飲んだあとは
比較的スムーズに元気になって、
無事、職場にも復帰できたようです♪






私ですか?

良い事、ありましたよ~(b^ー゜)!!
今はまだ言えませんが、

仕事でちょっとした発展が見られたんで、
もしかしてこれも、
ご霊水のおかげかしら?

なんて思っております。







真名井の水は、飲む人によって、
感じる効果は効能はいろいろあって、
言い知れぬパワーを秘めているようです。






ここを過ぎると、すぐ
狛犬ならぬ、狛龍が鎮座されています。

DSC_1372

豊受大神の使いが龍だそう。

石段を登っていくと、
正殿があるのですが、
途中に「撮影禁止」の立て札があり、
DSC_1375

背後にある、磐座(いわくら)前にも柵が設けられていて、
すでにそばにはいけません(T_T)

ですから、
ムービーで雰囲気を感じていただくしかないんです。
(すみません!!m(__)m)

正殿は、
伊勢神宮と同じ神明造で、
屋根を正面から見ると、左右に
鞭懸(むちかけ)があるのですが、

通常、これは左右4本づつ計8本。

ところが、
真名井神社だけは9本なんですね。

そもそも
「9」という数は、
神の最高の能力を表しているんだそうです。

さらに、正殿の裏には、
天照大御神・豊受大御神・イザナギ・イザナミを祀る
磐座(いわくら)があり、

ここにこれらの神が最初に
降臨した、とされているのです。





境内自体は、
そんなに大きくなく、
背後にある山は、禁足地になっているので、

私達一般人は、立ち入る事ができません。
ですから、
ある意味、境内の中でゆっくり時間を過ごして、

そこで、
神様にじっくり話しかける事ができるわけです。

これはある意味、
チャンスともいえるわけで、

私は正殿の前で、

家族の事、私自身の事を
じっくりお話しさせていただきました。

私は、神様の声は全く聞こえませんが、

「うん、うん・・・そうか・・・」

ってニコニコ笑って話を聞いていただけたような
満足感を味わえました。







神様に触れ合いたい。
お声が聴きたいと思っているあなたに

オススメのパワースポットです(^^)

ぜひ、機会を見つけて

お出かけくださいね♪





真名井神社のお守

桃守り
さて、ここまで力のある神社のご利益を
家に帰ってからも、
持ち続けたい!!と強く思った私は、

帰りによった籠神社に、
「真名井神社に参拝しないといただけない」
特別授与という

桃守を購入して帰宅しました。
www。
こちらは、強力な魔除けになるとのこと。
ぜひとも、守っていただきたいものですねwww

特別という言葉に弱い私です。
(^▽^;)







眞名井神社
〒629-2244 京都府宮津市江尻





Sponsored Links




ぽちっ!としてもらえるとうれしいデス♪