Pocket

仏像の種類って4種類って事が
わかったんだけど、

それぞれどんな仏様なの?
見た瞬間に「ぱっ!」
とわかる見分け方はあるのかなぁ?

さらに、深く仏像について、
勉強して、お寺を参拝したい!!



仏像好きなあなた♪

今までわからなかったものが
断片的にでも理解できると、

そんな欲がムラムラと出てきますよね♪
σ(^┰゜)




私も今ムラムラ状態でwww。
いろいろと調べだしたら、

京都の東寺に、
素晴らしい仏像様があると
友達が教えてくれました。
(^^)



さっそく、一人で、
東寺にある
金堂・講堂にいって、
そこにある仏様たちをゆっくり見に行くと、

本当に涙が出るほど、
素晴らしい仏様たちに
遭遇することができたんですよ!

(T_T)




仏様は、対面するだけで
素晴らしいエネルギーがいただけます!




今回は、仏のランキング
この4種類の仏のうち、
如来菩薩について、
見分け方も調べてみました♪



それでは
いってみましょう~(^^)



Sponsored Links

仏のランキング

仏様には
実は図のような上下関係があるんです。



仏さまの位


    ・如来はすでに悟っており、一番位も高い。
    ・菩薩は、修行中。
    ・明王は、修行する人を守る。
    ・天は仏界を守るガードマン的存在


元来の仏教には釈迦如来(しゃかにょらい)
すなわちお釈迦様しかいませんでした。

しかし、

時を経るごとに、
仏教が広まるにつれ、
釈迦如来以外にも、悟りを開いた存在が
あると考えられるようになってきたようです。


如来(にょらい)

如来はさらに

以下の4種類に分かれています。

そもそも、
仏教の世界で一番位が高いのは、
如来と名のつく仏様。



修行を完成させて、
悟りを開いた仏様の事を言います。

 4種類の如来

    大日如来(だいにちにょらい)

    阿弥陀如来(あみだにょらい)

    薬師如来(やくしにょらい)

    釈迦如来(しゃかにょらい)



aikon-2 大日如来

大日如来の「大日」は
「大いなる日輪」という意味で
太陽よりもはるかに上回る光で

全てを照らすことを意味しています。

よって、

森羅万象の祖であり
宇宙の真理を悟り、体現している
という事で、位も一番高い仏様なんです。



ややこしいんですが・・・



大日如来はさらに
2種類あるんです。(^^;)


 

    金剛界大日如来

    胎蔵界大日如来



この2つが揃ってはじめて、
大日如来を本尊とした、
密教の世界観が、出来上がるのです。

見分け方

大日如来は、
首飾り・宝冠などを身に着けています。
仏の最高の地位を象徴しているんですね。
(^^)

印相(いんそう:悟りの意志や内容を示す手指の形)
にも着目しましょう♪


金剛界大日如来

金剛とは、ダイヤモンドの事で、
絶対に壊れない宇宙の法則(システム)

悟るための、必要な知恵を象徴。


智剣印(ちけんいん)

けちんいん

金剛界の大日如来の印相は、
智剣印(ちけんいん)という形で、

一方の手で、もう一つの
指を握った形です。



左手が衆生(しゅじょう:命ある全ての生物・人間を含む)
右手は仏を表わしています。

意味するところは、



人と仏は一体になれるのだ、
というメッセージなんだそう。



胎蔵界大日如来

森羅万象が母の母体に
あたたかく包み込まれるような
宇宙エネルギー(パワー)
慈悲深さを象徴。

頭に五智の宝冠をかぶっています。

印相は、

法界定印(ほうかいじょういん) です。

法界定印

これは、
悟りの境地を象徴。

※この他の如来や菩薩にも
 定印(じょういん)を結んでいますが、

 大日如来については、
 特に法界定印と呼ばれています。



aikon-2 阿弥陀如来

極楽浄土の主。

極楽へ往生させてくれる如来です。



臨終の際にその名を唱えると、
極楽から弟子の菩薩(25人)を従えて
お迎えに来てくださるそうです。



見分け方

印相

来迎印(らいごういん)は、
胸の高さで、右手の親指と人指し指で輪を作り、
左手を下に下げます。

これは極楽浄土へ迎えに来た事を意味しています。




aikon-2 薬師如来



見分け方

左手に安楽を与えるとされる
薬壺(やっこ:薬の入った壺)を持っており、
心と体の病気を癒します。

阿弥陀如来が、「あの世」を象徴しているのに対し、
薬師如来は、「この世」を象徴してます。

つまり

薬師如来は
人の人生において救いの手を差し伸べてくれる
「現世利益」の仏様という訳ですね♪

aikon-2 釈迦如来


釈迦如来像は、悟りを導いてくれるだけでなく、
仏像の基本形です。

本名はゴータマ・シッダールダ。
インドの北部にあった釈迦国に生まれた王子です。

実在の人物で、
妻と子供もいました。



80歳で亡くなるまで
説法を続けました。

立っている姿は、
今すぐ人々を救おうとして
立ち上がった姿。

座っている姿は、
救う方法をじっと考えている姿です。

見分け方

印相

禅定印(せんじょういん)

両手をおへその前で重ねて
座禅を組む。

or

施無畏印(せむいいん)
右の手のひらをかざして説法する。



装飾品は一切ありません。

特徴は髪形で、
螺髪(らほつ)と呼ばれる小さくカールした髪の毛です。



菩薩(ぼさつ)

Sponsored Links





菩薩は「悟りをめざす人」という意味。

悟った人は仏陀:ぶっだと呼ばれます。

お釈迦様は、
悟りを求めて、修行をしていた時は菩薩でした。
悟ってから、仏様になったのです。


見分け方

半伽思惟(はんかしゅい)

弥勒菩薩(みろくぼさつ)は、

腰かけてから足を組み、
指をほおに当てて、
物思いにふけるスタイルが多いです。
 
片足はおろしているのですが、
瞑想中でも、悩める人を救いに行く、というという
居てもたってもいられない気持ちを
表しています。


まとめ

いやぁ・・・・
仏様の種類と一言でいっても、
ものすごい数いらっしゃるので、

端的に説明するのは
至難のワザです。(^▽^;)

印相もわかりやすく全て
図解してみようとチャレンジしましたが、

これがまた・・・
複雑で難しい~!!

徐々に記載していこうと思います。




Sponsored Links




ぽちっ!としてもらえるとうれしいデス♪



・仏の種類:明王と天の見分け方

・仏の種類のまとめ記事

はこちらから♪

↓ ↓ ↓