Pocket

ヘルマンハープのホームコンサートがあるんだけど、
どんな感じなんだろう?

ヘルマンハープって何?
どこの楽器なの?




先日、私の友達から、
自宅でヘルマンハープのホームコンサートを開催すると連絡が入り、

「きゃぁぁぁ~♪」と喜んで、

娘を連れて、いそいそと
出かけてきたんです。(^^)


                  ↑↑

上記のムービーがその様子なんですが、
なんせ、私のスマホで撮ったムービーなので、
雑音が入っておりますヾ(;´▽`A“

申し訳ございません!!!





ホームコンサートって
ものすごく贅沢なんですよね!!

クラシックとかのコンサートになると、
どうしても、そうしたホールとかに
出かけなければいけないんですが、

通常の家庭に
楽器を演奏するプレイヤーが集まって
演奏をするスタイルなので、




アットホームな雰囲気で、
かなり贅沢なひとときを満喫できるんです♪


娘は5歳なんですが、
ヘルマンハープの演奏を聴いて、
かなり影響を受けたらしく、

自宅に帰ってから、
ものすごく達者にお話をするようになりました
www

効果があったのか、どうか。
脳を活性化するというヘルマンハープ。

ぜひ、機会があったら、
聴いてみてくださいね!



Sponsored Links



ヘルマンハープとは?



ヘルマンハープは、今から20数年前、
ドイツの農場主であるヘルマン・フェーさんが、
作り上げた新しい楽器で、



そもそも、彼の息子さんが、ダウン症だったため、
彼でも演奏できる簡単な楽器という事で、

開発されたものなんです。




まず、この観点が、
素晴らしいと感じました。(^^)



今まで、



身体障害者や、高齢者が、
演奏できる楽器というと、カスタネットや打楽器が
大半だったと思うんですが、



ヘルマンハープは、
しっかり曲になって演奏できるものなんですね♪


フェーさんの息子さんに対する愛情が
そのまま、ハープの音になっていて、

親の気持ちがストレートに
伝わってくるというような、

聴いた人の心を惹きつけずにはいられない
不思議な魅力を持った楽器なんです。



フェーさんは、
「障害者・高齢者を含む、多数の人に器楽演奏への扉を開いた」
という功績により、

1995年にドイツ連邦共和国から
功労勲章功労メダルを受賞されたそう。


ヘルマンハープを演奏を聴いたら、
納得します♪(^^)



ヘルマン・フェーさんは当初、

ヘルマン・ハープを世界的に発表するつもりはないという
お考えだったそうです。

しかし、

現在、日本ヘルマンハープ振興会 会長である梶原千沙都さんの
力もあって、日本に紹介され、

いろいろな人達によって、
演奏されているんですね。



ヘルマン・フェーさん

出典:http://www.hermannharp.com/






私の大学時代の旧友も
ダウン症の娘さんが居るのですが、

彼女の母親としての愛情の注ぎ方が、
素晴らしいんですね♪


スピリチュアル的に言えば、
障害を持って生まれた人間は、

もともと、その人自身が
その障害を受け入れて
生まれる事を選択したんだそうです。



この世で、障害を持つという事は
確かに、非常に大変な事なんだけど、

その大変さをわざわざ受け追って生まれる、
という事は、

本人が、多くの学びを得る事を望んだ、という事。



だから、

それを介護できる人間は、本当に幸せで、
その人と共に、多くの学びと感動を得る事ができるんです。




その友人の家庭では、

日常の、ありふれた「当たり前」が、
感動にあふれているんだそうです。

「おはよう」と起きてから、
「おやすみなさい」と眠るまで、

愛する娘とともに、
感動の日々を送れる、と思うと、
それだけで、もう、最高の人生なんですよね(^^)




私自身も、兄の介護を続けていますが、
兄自身が、そうした学びを与えてくれていると思うと、

本当にありがたく、
兄に感謝する毎日です!






ヘルマンハープのホームコンサート

Sponsored Links





ホームコンサートの当日は、

午後2時からでした。(^^)

自宅から歩いて、20分あまりかかるので、
娘が途中で「ぶーぶー!」言いだしたら、

困るなぁ~・・・・。゚(゚´Д`゚)゚。

と思っていましたが、




文句は一切言わず、
友達宅に到着♪



私達が着くと、
すでに、10人あまりの来客があり、

わきあいあい♪とにぎわっていました(^^)


集まっている方々の年代でいえば、
40代から60代にくらいにかけて。
(かな?)


女性が多かったです(^^)

皆さん、それぞれに、
お友達同士で来られた方も居て、
楽しそうに歓談されていました。



いよいよ時間になると、

ムービーに写っている女性が、
ヘルマンハープを解説。




私達が良く知っているスタンダード・映画音楽・童謡などを
10曲あまりを演奏してくださいました。

ヘルマンハープの楽譜はこんな感じです。
              ↓
DSC_0154

見ただけだとさっぱりですが、  
( ̄- ̄;)

これがあると、
楽譜が読めなくても、演奏できるんだそうです♪

友達のグループは
「クリスタルベル」と言い、

神戸を中心に、各種イベント等にボランティアで出演する

アンサンブルグループなんだそう(^^)

演奏する曲は、童謡・クラシック・演歌(???)・・・・
なんでもアリなんだそうです。

友達はもともとピアノの先生で、
彼女が弾くピアノに合せての、

ヘルマンハープの演奏も楽しめました。




波動


ハープを演奏している台の上に、
水をはった入れ物が置いてあったのですが、

「これがあるのとないのでは、
音が全く違う




とのこと。

実際のコンサートが終わった後、

お客さんからのリクエストもあって、

これを取り除いて、演奏してもらえましたが、


音が全く違って聞こえて、本当にビックリしました。


音は、波動なので、
水に響いて、よく聴こえるものなんでしょうか?

ヘルマンハープが
脳の活性化に役立つ
という事も納得できる貴重なひとときでした。





コンサートが終わった後、
お客さんとして、来られていた女性のひとりが
紹介されたのですが、

その人が、
友達のグループ「クリスタルベル」に
ヘルマンハープをご指導なさった、

オーケストラのバイオリン奏者なんだそう!!(。☉౪ ⊙。)

「ぜひ、演奏を!」と促されましたが、
次回は、バイオリン持参で、演奏に参加されるとか♪♪

ホームコンサートは
こんな感じで、どんどん、広がっていくものなんですね。



クリスタルベルの今後の活動に期待したいです♪

今後も、また娘を連れて、演奏会に参加したいと
思いました(๑¯◡¯๑)


Sponsored Links




ぽちっ!としてもらえるとうれしいデス♪