Pocket

金峯山寺の金剛蔵王権現って
いつ参拝できるんだろう?

御開帳って毎年、いつ行われるの?


「絶対会いたい!」
私は数年前、初めて存在を知った時、

ものすごく会いたくなって、
すぐ調べて、飛んでいきましたwww。

これだけだと、
蔵王権現様のパワーは感じられないかと思いますが、
まず、驚くのがその大きさ!!


    左尊:弥勒菩薩   像高約5.92m
    中尊:釈迦如来   像高7m28cm
    右尊:千手観音菩薩 像高約6.15m 




上から、ぐっとにらみつけるその表情は
私達に巣くう魔を一挙に払うようなオーラを
発していますし、

逆に、側にずっと寄り添っていたいと
思わせる優しさも漂わせていらっしゃいます。

蔵王権現は秘仏という事で、
普段は絶対にお目にかかれないんですが、



国宝である仁王門の修理勧進のため、

2012年より10年間、
1年に1回、1ヶ月程度。
ご本尊の特別ご開帳が行われているのです。

ぜひぜひ!一度、
行ってみてくださいねwww



2017年の公開予定です♪o(´∀`)o

 ●2017年4月1日(土)- 5月7日(日)

  8時30分~16時30分
 

 ●拝観料
  大人  1,000円
  中高生  800円
  小学生  600円

私達も、毎年じゃないですが、
機会があればでかけています!

本当に、本当に素晴らしかった・・・・!!!

それでは、いってみましょう~♪
(๑¯◡¯๑)



Sponsored Links

蔵王権現とは

7世紀といいますから、
飛鳥時代まで時代はさかのぼります。

役小角(えんのおづの)という
山岳修験行者がおりました。

彼が吉野にある金峯山で、修行をしている最中、
出現したのが蔵王権現なのだそうです。


通常、仏様の様相は、
インドの経典をもとに形作られています。

しかし、

金峯山寺の金剛蔵王権現は、
役小角がこれからの日本に必要な仏は、


「乱れたこの世に必要なのは、
温和で優しい
顔立ちの神様・仏様ではなく、

魔物や悪を打ちのめす力を持った
厳しい仏が必要」



金剛蔵王権現

出典:http://www.kinpusen.or.jp/

という思いをもとに、

日本人独自の思想権現が
生み出した仏様なのだそうです。


「権現(ごんげん)」とは
日本独自の神仏の称号で、

仏がこの世に生を受けた物を救うために、
神や人など仮の姿をもって
この世に現れるという意味。
(^^)


つまり、

蔵王権現は、従来の仏と違い、
その時代にふさわしい姿で現れるという、

金峯山寺の本尊という訳です。




ご利益も

悟りを開かせる釈迦如来・現世の利益を得る千手観音・
来世を助けてくれる弥勒菩薩の山尊が
合体したものと言われています。

すなわち、

三仏の徳を兼ね備える
万能の仏様という訳。
(๑¯◡¯๑)


また、私が好きなところは、
形相が不動明王によく似た
躍動感を感じさせるところなんです。


参拝するには、
順番に並んで、障子で仕切られた
参拝所に入って、一体、一体づつ、

それぞれの蔵王権現に参らなければならないのですが、

7m近い彼らを見上げると、
今にも、自分のそばに倒れ掛かってくるような
迫力を感じるんです。

だけど、

まったく恐怖は感じません。



逆に、もっとおそばに居たい!
お声が聴きたい・・・・!という気持ちが
無性に沸き起こってくる、
素晴らしい仏さまです。

この蔵王権現は、本来は秘仏という事で、
私たちがお目にかかれるものではないのですが、

2012年から10年間
毎年一定期間ですが、

国宝の仁王門修理歓進のため、
蔵王権現が特別ご公開されているんです。

(๑¯◡¯๑)


金峯山寺蔵王堂

Sponsored Links

とにかく、早く蔵王権現様を見てみたかったので、
慌てて、走りこむ感じで、

境内を蔵王堂に向かって一直線に歩いたのですがwww

蔵王堂自体、素晴らしい国宝なんです。



蔵王堂3
豊臣家の寄進で1592年(天正19年)に
建立されたもので、
幅・奥行ともに36メートル。
高さ34メートルと言いますから、

木造の建築物としては、
東大寺大仏殿に次ぐ大きさだとか!

とにかく、
これだけ大きな金剛蔵王権現3体が
収まっているお堂になるわけですから、

お堂内の柱の数も68本もあり、
屋根は檜皮葺(ひわだぶき)

檜(ひのき)の樹皮を用いて施工しており、
古来からある日本独自の屋根工法だそうです。



今回、金剛蔵王権現が、
定期公開になるという事ですが、

これだけの歴史的建造物を
修復するとしたら、

当然、そんじょそこらの費用では、
賄えないから、やむを得ないと思います。

蔵王堂2

受付で1,000円払うと、
若いお姉さんが、
「記念にどうぞ」と小さな
お守りをくださいました。

お堂内で、3体の蔵王権現に
ひとつづつ、お参りしながら、

こんな機会、そうそうないので、
しっかり私自身の言葉で、

願い事もできました♪

金峯山寺へのアクセス

さて、
こんな素晴らしい金峯山寺。

蔵王堂1

蔵王権現が参拝できないとしても、
一度、頭の中にそのイメージが焼きついてしまえば、

門が閉じられていたとしても、
蔵王堂の前に行って、
参拝することは可能です♪




私も、何回か、
閉じられた蔵王堂の前にいって、
金剛蔵王権現に話しかけてきました♪

(私のほかにも、
ずっと前にたたずんで、
手を合わせている方がいらっしゃいましたね。)




金峯山寺へのアクセスですが、
途中までロープウェイもあるにはあるんですが、

やはりを使った方が、
便利だろうな・・・という印象です。
(^^;)

ただ、

実は、駐車場も歩けば、
ちょっと離れていて、

徒歩10分以上は軽くかかると思います。
…(((;^^)

とにかく、金峯山寺の仁王門にたどりつくまでが
結構大変で、

舗装されて、店舗などが並んでいるとはいえ、
最初はなかなか大変なのは
否めません。

それでも、
金峯山寺は、素晴らしいエネルギーを
チャージできる空間ですので、

あらかじめ、
「ちょっと大変なんだ」という事を
認識できていれば、

案外、楽なのかもしれませんが・・・。

金峯山寺
住所: 奈良県吉野郡吉野町吉野山2498
電話:0746-32-8371

吉野山下千本駐車場
電話:0746-32-4034










Sponsored Links




ぽちっ!としてもらえるとうれしいデス♪