Pocket

元伊勢って何?
元伊勢籠神社・内宮皇大神社って、
どんなところなの?
パワースポットって聞いたんだけど・・・・






そのとおり!!
元伊勢なんて、まったく知識はないし、

私も初めて行ってみて、
そのものすごいパワーに圧倒されて
帰ってきました。(´▽`v)

今回は、主人と娘、
主人のお義母さんの4人で行ったんですが、

私だけでなく、お義母さんも
本当に感激されたようで、
連れて行って良かったと心から思えました。
(^^)







興味のあるあなたには、
無理をしてでも、ぜひ訪問していただきたいと
強く思います。

詳細を紹介していきますね♪

Sponsored Links

元伊勢とは?

元伊勢神宮(もといせじんぐう)とは、
伊勢神宮が伊勢の現在地に着座するまでに遷座した時に
各地に分祀して残された元伊勢と云われいる神社群であるが、
特に丹波国(後に丹後国、現京都府福知山市大江町)に着座した
皇大神社と豊受大神社はそれぞれ元内宮と元外宮と伝わり、

これらが近接してあるので、大江町の二社を総称して元伊勢神宮ということがある。
また、同地内の岩戸山という異称を持つ日室ヶ嶽の麓には天岩戸神社があって、
これらで元伊勢三社ともいう。

引用:ウィキペディア

要するに、
今、三重県伊勢市にある伊勢神宮の神々は
大昔は、宮中に祀られていたんですが、

その後、
宮中を出られて、日本各地20か所以上も点々と
分祀(ぶんし:同じ祭神を、別に神社を設けて祀る事)されています。

日本書紀において、

丹後国の元伊勢は吉左宮と記されているんだそう。

しかし、それが果たしてどこなのかは
現在は不明

しかしながら、
ありがたいことに、

元伊勢と呼ばれる社には、
同じ神が鎮座するとされているんです。

時間の関係もあって、
今回は、元伊勢籠神社(このじんじゃ)
奥宮の真名井神社(まないじんじゃ)

そして、天岩戸神社日室ヶ嶽(ひむろがだけ)
元伊勢内宮皇大神社(もといせないくうこうたいじんじゃ)
を参拝してきました♪





元伊勢籠神社と真名井神社

自宅から、新しくできた京都縦貫自動車道を通って、
まずはじめに訪れたのは、

元伊勢籠神社と、
その奥宮である真名井神社。
(^^)

京都の北の端、
天橋立の近所にあるので、
車で行くと、大阪からだと片道約2時間はかかります。






行った第一印象としては、
「こじんまりした神社」。





とくに大きくもなく、小さくもなく、
実家の近所にある神社と同じような
感じといえば、一番近いでしょうか?

手水舎で手を洗っていると、
大騒ぎするにぎやかな

東南アジア系の観光客の方たちもいて、

「神社」という神聖さは全く感じられませんでした。
(正直、神聖な場所にいるという
自覚を持っていただきたいデス・・・)





ただ、

国宝とされている狛犬だけは、
魂が入っているとの事でしたので、

「失礼します。撮影させていただきますね・・・」と

きっちりとご挨拶はしておきました。
…(((;^^)
狛犬

狛犬2

失礼があったら、
やっぱりちょっとコワイですからね。
…(((;^^)

境内の中は「撮影禁止」と書かれており、
撮影もできなかったのがちょっと残念でした。

籠神社は期待したような造りではなかったので、
次は、籠神社の裏に回って、10分くらいあるいたところにある
真名井神社へ。



真名井神社に行く途中。

アゲハ蝶や、そのほかの小さい蝶々が、
足元に舞っていました。

アゲハ蝶などという蝶は、
霊的な存在で、神社などで遭遇した場合、

神様が歓迎してくれているという
意味になるんだそうです。
(^^)


これは、とてもうれしかったですね♪

真名井神社

※クリックすると拡大します。

入ってすぐ、左手に
真名井の湧水があるんですが、

「真名井」の意味はそもそも、
「清らかな水の湧き出る所」という事で、

神社だけにとどまらず、
「まない」と言いう地名が、日本全国に点々と存在するそうです。




私たちもさっそく柄杓にすくって、
いただきました♪

「神社」というシチュエーションが
あったからかもしれませんが、
とても、おいしかったです。
(^^)

元伊勢というは、
どうやら、こちらの真名井神社の方ということで、

こちらの神社の方に、
伊勢の神様がいらっしゃるような気がしました。




籠神社・真名井神社
住所:〒629-2242
京都府宮津市字大垣430
電話:0772-27-0006

※地図の北側に真名井神社があります。



パワースポット:天岩戸神社と日室ヶ嶽

Sponsored Links

さて、いそいそと、
籠神社と真名井神社の参拝を済ませてから、
向かったのが、天岩戸神社日室ヶ嶽です。

籠神社から、車で約1時間

結構山の中に入っていくので、
ドキドキしてきました♪



私が好きな神社は、
人があまり居ない感じがする山の中に
ある事が多いんです。



カーナビに天岩戸神社神社を入れようと
住所を入力してみようと何回か
チャレンジしてみましたが、

うまくいかなかったので
やむを得ず、

近所にある、という元伊勢内宮の皇大神社を
目標にして主人に車を運転してもらいました。
…(((;^^)



皇大神社の駐車場に到着すると、
1日500円の文字が。

主人はしかし、

「奥に車で登れそうな道があるから、
こっちに行ってみよう」

と駐車場は無視して、
そのまま、車で山を登りだしました。



道はどんどん細くなります。

見る間に、車一台がかろうじて
通れるくらいの道幅に(>人<;)

対向車が来たらどうしよう!!
と若干心配しましたが、

主人の運転の腕を信頼しているので、
黙って任せました。
(^^)
すると、道の途中に表式が・・・。






表式
「あ・・・天岩戸神社だ!!!」







大声をあげました。

主人はすぐに車を停めて、
その場に私とお義母さんを下すと、

「少し前にUターンできるところがあったから、
そこで、Uターンしてくる」

と言い残し、
娘を乗せて、車を進めていきました。






いつもなら

「ちょっと待って~!置いていかないでー」
と叫ぶのに、今回だけは、幸せすぎて、

早く行きたい!という気持ちが勝っていたため、

自分から、さっさと車を降りました。
(^^)







そして、

お義母さんと二人で、この表式のすぐ下にある
かなり急な階段を降りて行ったんです。

降りながら感じたのは、
ものすごい幸せ感です。

「あぁ~!!!こんなところ大好きぃ~♪
ありがとうございますぅ~!」

お義母さんが居るのに、
そんな事は全く気にならず、

階段を降りながら、
ずっとそんな風に言い続けていました。
(^^)

なんだか、ものすごい生命パワーが体の奥から
湧いてくる感覚に襲われていたんです。





今までいろいろな神社に行きましたが、
これは初めての経験で、

それは、一緒に降りて行ったお義母さんも
同じなようでした♪





お義母さん:
「こんな所、生まれて初めて来たわ・・・すごいねぇ~」

お義母さんはすでに70代も半ばに
差し掛かっているのに
かかわらず、

ものすごく元気な方で、

足場の悪い階段を私とともに下までおりていきました。







すると・・・。

目の前に大きな岩があって、
その上にお社があったんです・・・・・!!!

天岩戸神社

※クリックしたら拡大します♪

画像の左下に鎖があるんですが、
お社の前まで行こうと思ったら、

この鎖を持って、岩の上までよじ登らないとダメなんです。
( ゚ ▽ ゚ ;




私は、当然、登りましたよぉ~!!!
絶対にお話ししたかったからです♪

(当然、お義母さんは岩の下で心配そうに、
私を見つめていました)

※ご年配の方・子供さんは、
絶対に登らないでくださいね!!
落ちたら、本当に大変な事になります!!!



ムービーで解説されていますが、
こちらにいらっしゃる神様は、

生前は行者の方だったようで、
伊勢の神様とは違うそうです。



元は私たちと同じ「人間」だったという事で
ものすごく親近感を持って、

お話しさせていただきました。(๑¯◡¯๑)



亡くなってからもずっと
こちらで業をなされているなんて
ものすごい人・・・・・。

神様として祀られるのは
当然だなぁ~と素直に感動!!!!



「また来させていただきます」とは
言えませんでしたがwww。

また機会があれば、
お義母さん、主人、
そして娘(大きくなってからですが)

と一緒に来よう!!と強く思いました。



ムービーとは順序が逆ですが、

このあと、再び、お義母さんと共に
山道を登りました。




ここまで来たら、なんとしても
日室ヶ嶽に行きたかったからです。

案内板も何もないので
やむを得ず、

皇大神社に向かう坂道を登り始めました。

「日室ヶ嶽はこっちに間違いなくあるのかなぁ~」

「パパは皇大神社に居るのかなぁ・・・」



と若干心配しましたが、

自分の運を信じました。
www。

坂道を登り切って、
ふぅ~・・・・・と一息入れると・・・・・。

あったんです♪♪
日室ヶ嶽が・・・・!!!!

一願成就

※クリックすると拡大します♪

あぁ~・・・・素晴らしい!!!!
山自体が、霊山という事で
ものすごいパワーを欲しているんだよな・・・・。




ムービーのように
天に向かって何かが伸びているという所は
まったくわかりませんでしたが、
(当たり前www)


・天照大神が最初に降臨された山
・ピラミッド説
・夏至になると日室ヶ嶽山頂に太陽が沈む



等々・・・・。

いろいろな話があって、とにかく古来より、
多くの人々から「一願成就」説が信じられてきた山
という話もあり、

私も無我夢中で、お願いしました。
(^^)

山登りはもう何年もやっていませんが、

達成感を味わえて本当に幸せでした!!!





天岩戸神社
住所:〒620-0321
 京都府福知山市大江町佛性寺
電話:0773-56-0324



元伊勢内宮皇大神社






天岩戸神社と日室ヶ嶽を参拝して
ほっとしたあとで、

訪問したのは皇大神社

皇大神社

こちらは、優しいほわーっ・・・とした
オーラを感じる神社でした。
(*´∇`*)

「お疲れさま・・・」
神様がいってくださっているようで、

本当に柔らかい印象でした・・・・。


お義母さんと一緒に参拝したあと、
スマホに連絡が入り、

主人・子供と無事合流♪

そのあと、
福知山のイオンに寄って、
子供を遊ばせて帰宅したんです(; ̄ー ̄A

本当に今回の参拝は
素晴らしかった・・・・・。

機会を見つけてぜひ、
出かけてみてくださいね♪

あなたの願い事がかないますように・・・・!!!!



Sponsored Links




ぽちっ!としてもらえるとうれしいデス♪