Pocket

宮島:弥山のパワースポットはどこにあるの?
弥山の登山はどうすれば良い?
所要時間はどのくらい?

展望台




弥山はもうずっと行きたかったパワースポットなんです♪
(^^)

大同元年(806年)というから、
太古の昔になりますが、
唐から帰朝した空海(弘法大師)さんが

京に戻る際、
宮島に立ち寄り、島から強い霊気を感じたそうで、
弥山に御堂を建てたのが始まりと言われていますが、



実際は、それよりもっと以前から、

弥山は霊山として、
多くの人々から信仰されてきたんだそう。



信仰されてきたという事は、
それだけのパワースポットなのだ!と
理解して、「ここだ!!」というポイントを
調べてみました(b^ー゜)!!

登山するには、
いくつか方法もあるので、
ぜひ、参考にしてみてくださいね♪

それでは、
いってみましょう~(^^)




Sponsored Links



宮島 弥山へのアクセス






通常は、ロープウェイを使っていくのですが、
まずはそのルートから紹介しますね♪


    ●弥山ロープウェイ

    紅葉谷(もみじだに)駅 - 榧谷(かやたに)駅  約10分

    (乗り換え)

    榧谷駅 - 獅子岩(ししいわ)駅  約4分

    獅子岩駅から山頂まで
    徒歩30分。

    ●料金

    大人 往復:1,800円 片道1,000円
    小人     900円   500円

    営業時間:9:00~17:00 下り最終:17:30




ムービーでもあるとおり、
ロープウェイを使うと、

ロープウェイ14分
徒歩約30分で山頂に行けます。

山登りに馴れていなかったり、
時間がない・子供連れだったりすると、

やはりロープウェイを使った方が無難でしょうね♪
(゚ー゚)(。_。)

榧谷駅で乗り換えですが、
こちらから見る瀬戸内海は絶景ですよね♪

すぐ乗り換えて、山頂へ行くのもいいですが、
ここでしばらく、瀬戸内海を撮影するのもいいかも♪

ロープウェイ




さてさて・・・。


弥山の雰囲気を体感したい!

瀬戸内海の絶景を見たい!

山登りには自信がある!!

という場合は以下のコースがあります。

Sponsored Links




参考にしてみてくださいね♪

弥山(みせん)の標高は535m

低いと思って甘く見ない方が無難です。
(-_-;)

海抜0mからの登山になるので、
馴れている人じゃないと、

結構ハードな登山になります。

弥山に登る際の注意点

  • ハイヒール、サンダルは避ける
  • 登山用の本格的なシューズは必要ないとしても
    弥山は「山」です。

    できるだけ、靴底の厚いスニーカーを
    履いて登るのが無難です。

  • 山のマナーを守る事
  • タバコの吸い殻・ゴミ・ティッシュ等を捨てたり、
    植物を持ち帰ったり、
    動物にエサをやることは厳禁です!!

    当然ですよね(゚ー゚)(。_。)

  • できるだけ、午前中に登山する
  • 15時以降に登る時には、
    日没時間・ロープウェイの最終便を確認してから
    登山すること。

    夕方の谷道は、思いのほか、
    あっという間に暗くなるので、油断するとコワイです!




登山する時の当たり前の注意事項です。
弥山は特に、霊山なので、

失礼のないように、登りたいですね♪
(^^)

宮島 弥山登山コース




登山コース











クリックすると拡大します♪

出典:http://www.miyajima-wch.jp/

    大元(おおもと)コース:約2時間半 約3.2キロ


    厳島神社の摂社である
    大元神社から、出発するコースです。

    弥山原始林を歩くし、
    谷あいの山道になるので、

    足場も悪い所も多いため、
    スニーカーは絶対必要です!

    面白い所といえば、
    とにかく、不思議な形をした巨岩が点在しているところ。



    原始林石碑を過ぎたあたりから、
    勾配もきつくなり、

    一息には登れなくなるようです
    (-_-;)
    見どころは、
    岩屋大師でしょうね♪



    弘法大師(空海)が
    修行をしたと伝えられる巨岩です。

    中は空洞になっていて、
    かなり広く、
    弘法大師や不動明王などの仏様が祀られているそうです。



    大聖院(だいしょういん)コース:約1時間半~2時間 約3キロ



    その名のとおり、
    こちらは、大聖院からスタートになります。

    こちらのコースのものすごい所は、
    下から上まで、石段が2,000段あるというところ。
    (-_-;)
    大元コースと同じように、
    かなりハードなコースな気がします。

    その代わり、
    道中、古くからある町石・石仏がたくさんあり、

    昔、岩屋大師と言われていた
    賽の河原(さいのかわら)があり、
    中にはたくさんの仏様が祀られています。

    また、

    瀬戸内を見渡せる展望台もあるので
    一息入れるには、最高の場所でしょうね♪


    紅葉谷(もみじだに)コース:約1時間30分 約2.5キロ



    3コースの中で一番歩きやすく
    初心者向きなのが、このコース。
    (^^)
    ロープウェイの紅葉谷駅からが
    スタートになるので、

    スタートはかなり楽な気がします。



    名前のとおり、秋には素晴らしい紅葉を鑑賞
    しながら登山できるようです。



    道の途中にやはり、
    巨石奇岩なども見られます。
    (*^-‘)b
    後半に天然橋と言われる石段がありますが、
    ここが唯一、急こう配で、がんばらないといけません。





    博奕尾(ばくちお)コース:約2時間半~3時間

    これは、娘の保育所でよく会う、
    地元が広島というお母さんからの情報です♪






    名前がなんか、異様な感じがしますが、

    実は、博奕尾という地名は、
    毛利元就と陶晴賢が1551年に宮島で合戦をしたそうで、
    その戦いの場の名称という事なんですね。

    このコースは、起点をどこにするかで変わるようです。

    もみじ谷経由の方法と

    宮島桟橋から、直接登る方法が
    あります。






    歩きはじめは、きちんと整備されているので、
    歩きやすいようです。

    ただし、包が浦を抜けると、
    標識も少なくなり、道もけもの道のようになるので、
    初心者がトライするのは、やめた方がよさそうです。
    (゚ー゚)(。_。)。

    石段もなく、尾根になるので穏やかな道。

    馴れたら、展望も最高で、弥山に登った♪という
    満足感が味わえるようですヨ(*^-’)b







さて、弥山への登山はどうするか、
事前にしっかり検討していただけるとして、

どうせ、霊山の弥山に登るなら、

パワースポットを押さえておきたいですよね♪
(゚ー゚)(。_。)





宮島 弥山のパワースポット




弥山のパワースポットはなんといっても
山頂です♪



ロープウェイを降りてから、
徒歩約30分で山頂の展望台に行けます♪




ムービーにあるように、
山頂の看板がある大きな岩の後ろ。

裏に階段があるようで、
ここを降りるようです。



ムービーの作者:桜井識子さんは、
霊能力が強く、



ここは、
宇宙からのエネルギーが届くスポット
なんだそう・・・・。



そういわれると、
なんだか、一挙に自分が変われるような予感がします♪
(^^)
私は、数々のパワースポットを訪れていますが、
数が増えるごとに、

幸福感が増していく、という印象が強いんです。



毎日、毎日、
「ありがとうございます!」って素直に言える自分が居て、
それも、ものすごくうれしんんですよ♪




ここもきっと、
その感度が増すスポットなんでしょうね(๑¯◡¯๑)



山頂展望台から歩いて、
10数分のところには、

空海こと、弘法大師が焚いたとされる
火が1200年も消えずに燃え続けている
「消えずの霊火」があり、

この火は広島の平和記念公園の種火にも
なったそうです。

この火で沸かした白湯は、飲めます♪

(おいしいというより、『焦げ臭い・・・』と
広島の友人は申しておりました(笑))

行ったらぜひ♪
家族で味わってみようと思います!!


終りに

空海さんをはじめ、多くの人々から、
霊山として信仰され続けてきた弥山。




ものすごく惹きつけられて、
今から、ワクワクしています・・・!!

たぶん、弥山に登ったら、それだけで
時間が一杯になりそうな予感もしますが、

それだけで、
満足感・幸福感が一杯になるとしたら、
ぜひとも登って、宇宙エネルギーを体一杯に受けよう
思いますね♪



Sponsored Links




ぽちっ!としてもらえるとうれしいデス♪





宮島参拝についてのまとめ記事はこちらデス(b^ー゜)!!

神の島:宮島まとめ!弥山の登山・厳島神社は見逃せないパワースポットです!