Pocket

飛瀧神社って、
熊野熊野那智大社にあるの?



駐車場はどこを使えば効率的?




飛瀧神社(ひろう)は、
熊野那智大社の隣にあります。
山岳系の神様で
おそろしいくらいのお力があり、




熊野那智大社の拝殿という形で、
那智の滝のすぐ側にお社があるんですよ♪(⌒∇⌒)



非常にお優しい神様と
さくら識日記の
桜井識子さんが紹介されていたので、

今回、無理をして
日帰りで出かけてきました(⌒∇⌒)



また

熊野那智大社には、
眷属の中でも、最強の力を持つという、

八咫烏(やたがらす)がいらっしゃるという事で、




こちらのお社も、はじめて参拝して、
お声を聴く事ができたんです!!



ただし、



こちらの神社はまたかなり険しい山道を
登っていかなければならないので、
駐車場はどこを利用すればいいかも
見てきました(^▽^)

詳細を解説しますね!

それではいってみましょう~



Sponsored Links

飛瀧神社とは?

飛瀧神社とは、
隣にある熊野那智大社の別宮となっており、
本殿はなく、
直接、那智の滝をご神体としているため、



お参りは、直接那智の瀧を参拝します。




つまり、
那智大社が拝殿
こちらが本殿のような仕組みになっているんですね。


しかも、

神様は、通常、滝の所におられるので、
神様に話しかけるには、
断然、こちらに参拝した方がいいとのこと。



遠い所から話しかけるより、
直接話した方がいいに決まってますもん♪


こちらの由来は、

那智の山で光を見つけ、
山中に巨大な那智の大滝を発見し、
そのあまりの偉大さに圧倒され大己貴命
祀られたという事です。




神武天皇は、私が参拝する神社に比較的
たくさん登場されるので、




もしかして、
神武天皇のお導きだとしたら、
ものすごくありがたいです(´;ω;`)ウゥゥ


飛瀧神社の延命御守

わざわざ
飛瀧神社に来たならば、

ぜひとも、滝の側で神様のパワーを
全身でいただきたいもの(゚ー゚)(。_。)ウンウン




という事で、
社務所で300円を払って、
那智御瀧拝所まで行きました。

拝観料を払うと
飛瀧神社延命御守
という小さな紙の御守りをいただいて、



瀧の側まで行けるんです♪

こちらで、小さなお皿を購入して、
ご神水である延命水を飲ませて
いただく事もできました。



私はご神水が大好きなので、

「ある」とわかっていたらいつも、

ペットボトルを持参するんですが、
今回はすっかり忘れていて(^^;

お皿を購入して
それに受けて飲みました♪

寿命が延びたかな?



行ってみて、本当に真底実感しましたが、
こちらの神社はオススメです!!(笑)



まず、滝の側まで行けるというところが、
神聖な気持ちになれますし、



本当に、神さまが「いらっしゃる!」と
思えますからね。


那智勝浦大社で八咫烏さまにご挨拶

実は、
飛瀧神社に参拝する前に、
主人が那智勝浦大社に近い駐車場に車を停めてくれていたので、
そこからまず、

真っ先に、那智勝浦大社の本殿に参拝していたんです。



結構な階段を登って行ったのですが、
こちらで、お参りしたかったのは、

八咫烏様のお社。




ところが、最初、
お祀りされている御縣彦社(みあがたひこしゃ)が
どこにあるかわからずに、

そのまま、素通り(^^;あちゃー!!



今回、こちらに参拝した目的は、
お力のある飛瀧神社の神様と、
眷属の中でも、最強の力を持つ八咫烏のお社に
参拝するためだったんです。



だから

飛瀧神社で参拝を終えた後、
社務所の方に

八咫烏のお社ってどこにあるんでしょう?
と若いお兄さんに聞いたところ、

八咫烏のお社は、那智大社にありますよ

と告げられ、絶句。www



飛瀧神社から那智大社までは、ずっと坂道で、
急な岩がゴロゴロの階段が続いているのです。



元気な人で徒歩15分ほど。



那智大社から、
その恐ろしい階段をフラフラになりながら
降りてきたので、




再度、その道を登ると思うと、
目の前が真っ暗になりました(´;ω;`)ウゥゥ。



あとから、娘とともにやってきた
主人にその事を告げると、



もうひとつのルートがあるから、
そちらから行けばよい

とのこと。



フラフラになりながら、
主人と子供とともに、
坂道を登りました。



駐車場の近所の階段のところで、
主人と娘は、「車で待つ」

とのことだったので、
私一人で、再び、急な階段を登り出しました。



一人になったので、
私はヒーヒーいいながら、

八咫烏さんに話しかけました。



すみません!八咫烏さま!
お社が、飛瀧神社の方にあると思って、

熊野那智大社で見逃しておりました!

今から、もう一度、那智大社に伺いますので、
よろしくお願い申し上げます~!!
(^^;」



時刻はすでに夕方過ぎ。
あまり遅くなるとよろしくないという事で、



急げないんだけど、
必死で体にムチ打って、
階段を登りました!!www



ようやく那智大社の境内に到着すると、
境内では、
笛の音色が聞こえてきました。



ちょうど、演奏会があったようで、
それに遭遇できたようです。



本殿の左側に八咫烏のお社がある、
との事だったので、左側を見ると・・・・。

ありました!!!

八咫烏さん!
到着しましたよーーーーーー!!!
(笑)


識子さんが、
那智の八咫烏のお姿を見たそうで、

その大きさは、すさまじいくらい巨大で
ヘリコプター並みだったとの事だったので、

私もそのお姿をお社の上空に想像しました。


あらためて、
手を合わせて改めて、
願い事を話し始めたのですが、




すでに、疲れきっていて、
うまく言葉がでてこない!!!(;°;ω;°;)




そこで、




予め自宅で書いてきた手紙を
リュックから取り出して、
それを
御縣彦社の前で読み始めました。



願い事をするときは、
とにかく、どんな願い事なのか、

神さまが理解できるように、
具体的にお話しする事が大事なんです。



かといって、いつも身近に感じていない神様に
突然、詳細を話せるわけもないので、



私は参拝する前、
必ず、神さまへの手紙を書いて持参するんですよ。



そうすると、落ち着いて、
きっちり願い事を伝えられますからね(⌒∇⌒)



ひととおり、手紙を読んでから、
深々とおじぎをし、
柏手を打ったのですが、
その時、


よし!わかった!!
って声が聴こえた気がしたんです。



瞬間、気のせいかな?と思ったのですが、

一度、那智大社にお参りしてから
再び、やってきて、願い事をした私に
八咫烏さんが、

おぉ~♪ようがんばってきたのぉ♪

なんて思って声かけしてくれたのかなぁ♪

なんて思いました。(笑)


飛瀧神社の駐車場

Sponsored Links

とても、気持ちのいい参拝ができた飛瀧神社なんですが、
とにかく、あるところは山なんで、

熊野那智大社までは、
飛瀧神社から約15分ほど、
山道を登らなければいけません(;°;ω;°;)



熊野那智大社から参拝するか、
飛瀧神社から参拝するかを
検討してから、

駐車場を検討するのもいいですが、

駐車場の情報をゲットしておきたいですよね(・∀・)ウン!!













↑クリックすると拡大します。




右側の大門駐車場は駐車料金は無料
ですが、
そこから飛瀧神社までは、
健康な人で、徒歩約45分~50分(^^;。



那智勝浦大社まで歩く
としたら約1時間は見ておかないといけません。


飛瀧神社神社の方が近いから、といって、
先に参拝するのも手ですが、
そうなると、
今度は、那智勝浦大社まで、
かなり急な登坂をヒーヒー行って登らないといけません。



ですから



参拝ルートを考えると、
那智勝浦大社に近い、
場所に500円~800円で駐車して

勝浦大社から参拝、
それから飛瀧神社にお参りするというのが
効率的かと思います。(^▽^)/

ただ、
この駐車料金も、閑散期であると、
無料の場合があるので、
それを狙うのも賢いかもしれませんね♪


熊野那智大社・飛瀧神社・御縣彦社の御朱印

御朱印は、
熊野那智大社と
八咫烏の御縣彦社は同じ社務所で。

飛瀧神社は、
滝の側にある社務所でもらえます。(⌒∇⌒)



あとでではなく、
もらえるものは
その場でいただいておきましょうね♪(^^;














熊野那智大社













八咫烏のお社:御縣彦社















飛瀧神社


飛瀧神社へのアクセス

飛瀧神社

住所:〒649-5301
    和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山2
電話:0735-55-0321





終わりに

今回もまた、主人に無理を言って、
片道5時間くらいはかかる
飛瀧神社まで、運転してもらいました(^^;。




主人には、毎回、毎回、
言葉では言い尽くせないくらい感謝しています。




しかも、
この日は、私の誕生日だったんです!



素晴らしい誕生日プレゼントでした。(⌒∇⌒)



こんな日に八咫烏さんにまで
お声をかけていただいたとするなら、
これほどの幸せはありません。



本当に、素晴らしい経験でした。



神様、ありがとうございます!!


Sponsored Links

ぽちっ!としてもらえるとうれしいデス♪